アイダよ、何処へ?


Google Web 象ロケ内
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット
≪便利な情報≫   とにかく、人気の高い作品が観たい! どの作品?
今月の超人気作品のコーナーをご覧ください。 毎月、皆様からの高評価ベスト5作品を掲載しています。 携帯電話向け象ロケ携帯版でも表示しています。
白・金銀印刷ができる!
フィギュアの瞳・文字印刷
3Dプリンタ造形物の色付け
クリアデカール販売中!

原題:QUO VADIS, AIDA? ぴったり 公開新作 超人気 項目別 トップ
アイダよ、何処へ?/観た感想トラックバック:trackback (1)
観たい作品リストへ 追加

9月17日より渋谷Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開中
アイダよ、何処へ?
(C)2020 Deblokada / coop99 filmproduktion / Digital Cube / N279 / Razor Film /Extreme Emotions / Indie Prod / Tordenfilm / TRT / ZDF arte
配給:アルバトロス・フィルム

アイダよ、何処へ?/オフィシャルサイト

2020年製作 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ・オーストリア・ルーマニア・オランダ・独・ポーランド・仏・ノルウェー・トルコ  (101 min)

監督:ヤスミラ・ジュバニッチ  サラエボ、希望の街角
出演者:
ヤスナ・ジュリチッチ  鉄道運転士の花束
イズディン・バイロヴィッチ  サラエヴォの銃声  サラエボ、希望の街角
ボリス・レアー

ディノ・バイロヴィッチヨハン・ヘルデンベルグレイモント・ティリボリス・イサコヴィッチ
あらすじ:ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争末期の1995年7月11日、東部の街スレブレニツァ。 元教師のボシュニャク人女性アイダは、オランダ部隊が管理する国連保護軍施設で通訳をしている。 セルビア人勢力の侵攻で街が陥落し、2万人もの避難民が殺到した国連施設はすし詰め状態。 アイダは夫と2人の息子を、強引に施設内に招き入れる…。 ≪そこに、神はいなかった―≫ 社会派ドラマ。

アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート、インディペンデント・スピリット賞外国語映画賞、他多数受賞
恐怖-2021年 ストーリー展開のおもしろさ-2021年 感動-2021年 マークをクリック!
頼りにしていた国連からの援軍は得られず孤立無援状態の国連施設を、セルビア人兵士が取り囲みます。 国連職員の立場を利用して家族を守ろうとするアイダを、簡単に非難することはできないでしょう。 「ナチスのホロコースト」「ルワンダの虐殺」同様、後に国際司法裁判所でジェノサイド(国民的、人種的、民族的、宗教的な殲滅を目的とした集団殺害)と認定された「スレブレニツァの虐殺」の悲劇を描きます。

【ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(1992〜1995年)について】
1992年3月に、ボスニア・ヘルツェゴビナはユーゴスラビアからの独立を宣言。 約430万人の国民のうち、44%がボシュニャク人(主にムスリムと呼ばれるイスラム教徒:大統領を選出したボスニア・ヘルツェゴビナ中央政府側)、33%がセルビア人(主にキリスト教正教会教徒:スルプスカ共和国として分離宣言)、17%がクロアチア人(主にキリスト教カトリック教徒:ヘルツェグ=ボスナ・クロアチア人共和国として分離宣言)であった。 独立当初より、異なる民族が3派に別れ内戦を繰り広げた。

【スレブレニツァの虐殺(スレブレニツァ・ジェノサイド)】
1995年7月に発生した大量虐殺事件。 ボスニア・ヘルツェゴビナ東部に位置するボシュニャク人が多く居住する街スレブレニツァは、国際連合によって攻撃してはならない“安全地帯”に指定され、国連保護軍も派遣されていた。 しかし、セルビア人のラトコ・ムラディッチ将軍率いるスルプスカ共和国軍は、国連軍との合意を一方的に破ってスレブレニツァへの侵攻を開始し街は陥落。 ムスリム武装勢力によってセルビア人が約1200人殺害されたことへの報復だとして、推計8000人のボシュニャク人が殺害された。
  ≪資料提供:アルバトロス・フィルム≫
<作品評価システム>と<高度マッチングシステム> アイダよ、何処へ?/観た感想トラックバック:trackback (1)
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍



ならばこの新作:アイダよ、何処へ?
トゥルーノース
空白
生きろ 島田叡(あきら)―戦中最後の沖縄県知事
夢のアンデス
コレクティブ 国家の嘘
モーリタニアン 黒塗りの記録
香港画
SKIN<短編>
レッド・スネイク
私は確信する
ラフィキ ふたりの夢
異端の鳥

ならばこの作品:アイダよ、何処へ?
タクシー運転手 約束は海を越えて
ラッカは静かに虐殺されている
判決、ふたつの希望
THE NET 網に囚われた男
マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白
英国総督 最後の家
希望のかなた
:劇場公開中または近日公開
:近日リリース
ならばこの作品:アイダよ、何処へ?
とうもろこしの島
オマールの壁
ディーパンの闘い
それでも夜は明ける
みかんの丘
アクト・オブ・キリング
消えた画(え) クメール・ルージュの真実
アイダよ、何処へ?
ブルー・ゴールド 狙われた水の真実
ハート・ロッカー
マイ・ブラザー('09年製作・アメリカ)
サラエボ、希望の街角
チェンジリング
クロッシング(2008年製作・韓国)
カウントダウンZERO(ゼロ)
アイダよ、何処へ?
ホテル・ルワンダ
イノセント・ボイス 12歳の戦場
ミュンヘン
トレーニングデイ
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
ヴェロニカ・ゲリン
シティ・オブ・ゴッド


象のロケットってなに? - よくある質問
会社概要 - リンクについて - スタッフの思い&私のお薦め作品
Copyright (C)2001-2021 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.