皮膚を売った男


Google Web 象ロケ内
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット
≪断然お得!≫   映画DVDや、サウンドトラックCDを安く購入したい!
各作品ページの下段に、物販最大手のアマゾンで購入可能な格安DVDやCDの廉価情報の最新版を自動更新表示しています。 その中でも、一番安い商品を選んでください。 お得です!
白・金銀印刷ができる!
ネイルアートに1台
アルプス電気製プリンタ
MD-1300販売中!

原題:THE MAN WHO SOLD HIS SKIN ぴったり 公開新作 超人気 項目別 トップ
皮膚を売った男/観た感想トラックバック:trackback (1)
観たい作品リストへ 追加

新作 近日リリース 6/3リリース
皮膚を売った男
(C)2020 - TANIT FILMS - CINETELEFILMS - TWENTY TWENTY VISION - KWASSA FILMS - LAIKA FILM & TELEVISION - METAFORA PRODUCTIONS - FILM I VAST - ISTIQLAL FILMS - A.R.T - VOO & BE TV
DVD \4,800(税抜)2022/6/3・ブルーレイ発売:クロックワークス/販売:ハピネットメディアマーケティング

皮膚を売った男/オフィシャルサイト

2020年製作 チュニジア・仏・ベルギー・スウェーデン・独・カタール・サウジアラビア  (104 min)

監督:カウテール・ベン・ハニア
出演者:
ヤヤ・マヘイニ
ディア・リアン
ケーン・デ・ボーウ  ロフト.

モニカ・ベルッチヴィム・デルボア
あらすじ:2011年、恋人アビールへの求婚が反逆罪だと誤解され、シリアからレバノンへ亡命し難民生活を送っていた青年サムは、偶然出会った有名な芸術家ジェフリーから、ある提案を持ちかけられる。 それは大金とシェンゲン査証(ヨーロッパの多くの国を自由に渡航できるビザ)を手に入れる代わりに、背中にタトゥーを施し彼自身が“アート作品”になることだった…。 社会派ドラマ。

アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート、ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門男優賞
感動-2021年 ストーリー展開のおもしろさ-2021年 音楽・ダンス-2021年 マークをクリック!
愛するアビールに会いたい一心で、芸術家のキャンバスとなったサム。 果たして彼の望みは叶うのでしょうか? シリア内戦を背景に、愛と自由とアートの行方を描きます。 本作はベルギーの芸術家ヴィム・デルボアが2006年に発表したタトゥー作品「TIM」に影響を受けて製作されました。 
<スタッフ厳選 超お薦め映画作品!>
★★★★
本作は豚にタトゥーを入れた「Art Farm」、排泄装置「Cloaca」、など、物議を醸す作品を発表している芸術家ヴィム・デルボア(1965年生・ベルギー出身/本編に保険業者役で出演)が2006 年に発表した作品「TIM(スイス人男性ティムの背中に彫られたタトゥー作品)」に影響を受けて製作された。「TIM」は2008 年に第三者が購入し、ティムの死後もアート作品となる契約を結んでいるのだという。つまり、ご遺体から背中の皮膚を剥がして薬品処理を施し展示されることになるのだろう。公共や私有地の壁面に描いた落書きが億単位の高値で取引され盗難が相次いでいる匿名アーティスト「バンクシー」の作品と違って、所有権や著作権で揉めないよう事細かに契約が結ばれているらしい。
 
さて、舞台は内戦が続く2011年、シリアの都市ラッカ(2014年から一時期ラッカは内戦に乗じたイスラム過激派組織ISIL=通称イスラム国に支配され首都とされた)。主人公の青年サム・アリ(ヤヤ・マヘイニ)は庶民で、令嬢アビール(ディア・リアン)へのプロポーズが国家反逆罪だとして拘束されるが、何とかレバノンへ亡命し、いわゆる「難民」となった。貧しい生活を送る中、有名な芸術家ジェフリー(ケーン・デ・ボーウ)と出会い、ある提案を持ちかけられる。 それは大金とシェンゲン査証(ヨーロッパの多くの国を自由に渡航できるビザ)を手に入れる代わりに、背中にタトゥーを施し彼自身が“アート作品”になることだった。エージェントの女性ソラヤ(モニカ・ベルッチ)が世話係となり、まずはベルギーの美術館で「展示」されることが決まる。
 
一方、アビールはサムの亡命には付いて行かず、親が決めたエリート外交官ジアッド(サード・ロスタン)と結婚した。シリアの内戦は激化する一方だが外国暮らしなら安全だし、国に万が一のことがあっても当面は食いっぱぐれない。親に反抗できなかったお嬢様は夫にも従順だが、時折サムとは電話やスカイプで連絡を取り合っている。意外なことに、夫はそれを知っても全く動じない。イスラム教の国で不倫は大罪だし、難民のサムと富裕層の自分では比較にならないと自信満々なのだ。確かにサムの押しも今ひとつで、あんまりサムとアビールが愛し合っているようには見えないのだが…???
 
見どころの1つ目は美術館の展示物となった「アート」としてのサムの心境。2つ目は「恥さらし!」「難民搾取だ!」と怒るシリア同胞の反響、3つ目はサムとアビールの愛の行方、4つ目は「背中タトゥー」のその後、5つ目はタトゥーの作者ジェフリーの「製作意図」。あなたが一番気になるのはどれだろうか? 私は4つ目で、余計なお世話だがタトゥーの絵画としての保存状態が気になった。
 
世界中に存在する難民8200万人以上の中で、シリア難民は断トツ1位の約670万人。出国する手立てのない国内難民も相当数いるらしい。難民の生活レベルも、亡命先に求めるものも様々。背中の皮膚を売って「自由のビザ」を手にした男は、果たして本当に自由を手に入れられたのだろうか…? 難民、結婚、ビザ、芸術、オークション等への問題提起と皮肉が入り交じったユニークな社会派ドラマ。お薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)
<作品評価システム>と<高度マッチングシステム> 皮膚を売った男/観た感想トラックバック:trackback (1)
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。



ならばこの新作:皮膚を売った男
流浪の月
THE RESCUE 奇跡を起こした者たち
前科者
息子の面影
FLEE フリー
東京2020オリンピック SIDE:B
プロミシング・ヤング・ウーマン
ホモ・サピエンスの涙
プラド美術館 驚異のコレクション
ルーブル美術館の夜 ダ・ヴィンチ没後500年展
燃ゆる女の肖像
LETO -レト-

ならばこの作品:皮膚を売った男
ミケランジェロ:愛と死 アート・オン・スクリーン
ROMA/ローマ
希望の灯り
種をまく人
パラサイト 半地下の家族
しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
女は二度決断する
:劇場公開中または近日公開
ならばこの作品:皮膚を売った男
あの日のように抱きしめて
それでも夜は明ける
オマールの壁
パリ3区の遺産相続人
エヴァの告白
マルティニークからの祈り
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
皮膚を売った男
イースタン・プロミス
クロッシング(2008年製作・韓国)
ハート・ロッカー
マイレージ・マイライフ
ニューヨーク,アイラブユー
インビクタス/負けざる者たち
ウォール・ストリート
皮膚を売った男
善き人のためのソナタ
タイフーン TYPHOON
ナイロビの蜂
オアシス
ブロンド・ライフ
ディボース・ショウ
少女の髪どめ


象のロケットってなに? - よくある質問
会社概要 - リンクについて - スタッフの思い&私のお薦め作品
Copyright (C)2001-2022 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.