オッペンハイマー


Google Web 象ロケ内
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット
≪便利な機能≫     象のロケットが携帯電話でも使えます!
象のロケットが携帯電話でも使えます! 劇場の前で、レンタルショップで、大活躍! → 詳細
白・金銀印刷ができる!
自転車やバイクを自分流に
デザインされる方に大好評!
ヘルメット装飾
クリアデカール販売中!

原題:OPPENHEIMER ぴったり 公開新作 超人気 項目別 トップ
オッペンハイマー/観た感想トラックバック:trackback (1)
観たい作品リストへ 追加

3月29日より全国公開中
オッペンハイマー
(C)Universal Pictures.
配給:ビターズ・エンド

オッペンハイマー/オフィシャルサイト

2023年製作 米  (180 min)

監督:クリストファー・ノーラン  メメント  ダークナイト ライジング  ダークナイト  インターステラー
出演者:
キリアン・マーフィー  麦の穂をゆらす風  ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦  28日後...  ダブリン上等!
エミリー・ブラント  ヴィクトリア女王 世紀の愛  ボーダーライン  クワイエット・プレイス 破られた沈黙  オール・ユー・ニード・イズ・キル
マット・デイモン  ボーン・アルティメイタム  オデッセイ  ボーン・スプレマシー  フォードvsフェラーリ

ロバート・ダウニー・Jr.フローレンス・ピュージョシュ・ハートネットケイシー・アフレック
あらすじ:第二次世界大戦下、アメリカで立ち上げられた極秘プロジェクト「マンハッタン計画」。 これに参加した科学者J・ロバート・オッペンハイマーは、優秀な科学者たちを率いて世界で初となる原子爆弾の開発に成功する。 しかし原爆が実戦で投下されると、その惨状を聞いたオッペンハイマーは深く苦悩するように…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。 ≪この男が、世界を変えてしまった≫

アカデミー賞作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞・撮影賞・作曲賞・編集賞、他多数受賞 原作:カイ・バード、マーティン・J・シャーウィン
ストーリー展開のおもしろさ-2024年 アクション-2024年 感動-2024年 恐怖-2024年 特撮・SFX・VFX-2024年 マークをクリック!
戦争がなければ、偉大な物理学者としての名声のみで人生を全うしたはずのJ・ロバート・オッペンハイマー(1904〜1967:アメリカ)。 彼が「原爆の父」となっていく過程と、戦後の冷戦・赤狩り時代に冷遇された晩年を中心にしています。 アメリカ国内での核実験のシーンもあります。 
<スタッフ厳選 超お薦め映画作品!>
★★★★

 
本作の主人公は、原爆を開発した中心人物で「原爆の父」と呼ばれるアメリカの理論物理学者J・ロバート・オッペンハイマー(キリアン・マーフィー)[1904〜1967年]。第二次世界大戦中の1942年、彼は「マンハッタン計画(原子爆弾製造計画)」の最高責任者である米軍人レズリー・グローヴス(マット・デイモン)の依頼によって、ニューメキシコ州に建設されたロスアラモス研究所の初代所長となり、優秀な科学者を招聘し原子爆弾の開発に着手する。

ナチスが原子爆弾を研究中であることを知った連合国(アメリカ、イギリス、フランス、カナダ等)は、ナチスより先に原爆を完成させねばならないと焦っていた。オッペンハイマーの両親はユダヤ人でドイツからの移民なので、もちろん彼もユダヤ人をヨーロッパ各地で迫害していたヒトラー率いるナチスドイツを敵視していた。

1945年7月16日に人類初の核実験「トリニティ実験」が行われる。砂漠地帯に強力な光線と爆風が飛び交い、実験は大成功だと関係者の誰もが歓喜する。ところが、ヒトラーは1945年4月30日に自殺し、既にナチスもナチスの原爆開発も脅威ではなくなっていた。なので、まだ降伏せず戦っている日本をターゲットにした(結果として、核兵器の途方もない殺傷能力を知る実験となってしまった)。1945年8月6日に広島にウラン原爆投下(現在までに14万人以上が死亡)、同年8月9日に長崎にプルトニウム原爆投下(現在までに7万人以上が死亡)。日本はポツダム宣言を受け入れ無条件降伏し、翌日1945年8月15日に終戦の日を迎えた。

戦争を終わらせ、敵味方双方の多くの命を救ったのは原子爆弾だというのが、アメリカ側の見解であろう。しかし、当のオッペンハイマーは人類を滅亡させる殺傷能力を持つ核兵器が戦争に使われる未来を悲観し、原爆の100〜1000倍の威力を持つという水素爆弾の開発に反対する立場を取った。時はアメリカとソ連の冷戦時代。オッペンハイマーは英雄から一転、アカ(共産党員)やスパイ(ソ連側)の疑いをかけられてしまう。

恋人ジーン・タトロック(フローレンス・ピュー)、妻キティ(エミリー・ブラント)、弟の素粒子物理学者フランク(ディラン・アーノルド)、科学者アルベルト・アインシュタイン(トム・コンティ)、水爆の父エドワード・テラー(ベニー・サフディ)、友人の物理学者アーネスト・ローレンス(ジョシュ・ハートネット)、元銀行家で水爆推進派のルイス・ストローズ(ロバート・ダウニー・Jr)との人間関係や、政治家、軍人、科学者の立場の違いを絡め、原爆の父となった天才物理学者の思想と苦悩が描かれる。

被爆国である日本人としては、広島・長崎への原爆投下や被害の映像は入れて欲しかったと思う(触れられていないが、トリニティ実験の被爆者も存在するし、その後1954年のビキニ環礁での水爆実験ではマーシャル諸島の住民や日本の第五福竜丸等の漁船が被曝した)。とはいえ、本作は原爆・水爆についてのドキュメンタリー映画ではなく、あくまでもオッペンハイマーの伝記映画(原作はピュリッツァー賞を受賞)。本作はアカデミー賞で7部門受賞し、世界の注目を集めている。オッペンハイマー博士の孫や一部のハリウッドスターが、連名で核兵器廃絶を訴えたとの報道もあった。現在、世界各国で1万以上の核兵器が保有されているという。本作の鑑賞を機に、核兵器の脅威や戦争に関心を持つ人が少しでも増えれば良いと思う。お薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)
<作品評価システム>と<高度マッチングシステム> オッペンハイマー/観た感想トラックバック:trackback (1)
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍



ならばこの新作:オッペンハイマー
DOGMAN ドッグマン
アイアンクロー
ネクスト・ゴール・ウィンズ
猿の惑星/キングダム
リバウンド
無名
モガディシュ 脱出までの14日間
ランガスタラム
AIR/エア
エンパイア・オブ・ライト
トップガン マーヴェリック
ウーマン・トーキング 私たちの選択

ならばこの作品:オッペンハイマー
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
ハリエット
ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
ジョジョ・ラビット
1917 命をかけた伝令
ONODA 一万夜を越えて
パーフェクト・ケア
:劇場公開中または近日公開
ならばこの作品:オッペンハイマー
オンリー・ザ・ブレイブ
ドリーム
スリー・ビルボード
アメリカン・スナイパー
ROMA/ローマ
サウルの息子
ザ・コンサルタント
オッペンハイマー
インビクタス/負けざる者たち
パイレーツ・ロック
ゼロ・ダーク・サーティ
ハート・ロッカー
悪いやつら
第9地区
マイウェイ 12,000キロの真実
オッペンハイマー
ディファイアンス
エビータ
波止場(はとば)
ミッドナイト・エクスプレス
オーストラリア
アビエイター
真夜中のカーボーイ


象のロケットってなに? - よくある質問
会社概要 - リンクについて - スタッフの思い&私のお薦め作品
Copyright (C)2001-2024 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.