ぼくのエリ 200歳の少女


Google Web 象ロケ内
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット
≪断然お得!≫   映画DVDや、サウンドトラックCDを安く購入したい!
各作品ページの下段に、物販最大手のアマゾンで購入可能な格安DVDやCDの廉価情報の最新版を自動更新表示しています。 その中でも、一番安い商品を選んでください。 お得です!

原題:LET THE RIGHT ONE IN ぴったり 公開新作 超人気 項目別 トップ
ぼくのエリ 200歳の少女/観た感想トラックバック:trackback (26)
観たい作品リストへ 追加

ぼくのエリ 200歳の少女
(C)EFTI_Hoyte van Hoytema (c)EFTY MNVIII
DVD \3,800(税抜)2011/2/4発売:ショウゲート/販売:アミューズソフト
2008年製作 スウェーデン  (115 min)

監督:トーマス・アルフレッドソン  裏切りのサーカス
出演者:
カーレ・ヘーデブラント
リーナ・レアンデション
ペール・ラグナル

ヘンリック・ダールカーリン・ベリィクイストペーテル・カールベリイーカ・ノード
あらすじ:スウェーデン、ストックホルム郊外の集合住宅。 金髪の少年オスカーは毎日のように同級生の3人組にいじめられていた。 ある日、隣にエリという少女が引っ越してくる。 ボサボサの黒髪で青白い顔をしたエリは夜にしか姿を現さない不思議な女の子。 その頃、町では血を抜き取られるおぞましい殺人事件が起こっていた…。 ダーク・ファンタジー。 ≪恐ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋≫

原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『モールス』 スウェーデン・アカデミー賞最優秀監督賞・最優秀撮影賞・最優秀脚本賞・最優秀美術賞・最優秀音楽賞、他多数受賞
ストーリー展開のおもしろさ-2008年 感動-2008年 ほのぼの-2008年 恐怖-2008年 音楽・ダンス-2008年 マークをクリック!
エリは人間の血を吸って生きるヴァンパイア。 思春期前の少年少女の幼くも危うい目覚めが抒情的に描かれます。 ホラーと呼びたくないほど美しいメルヘンの世界に心を奪われます。
<スタッフ厳選 超お薦め映画作品!>
★★★★★
ヴァンパイア物は、おぞましい作品が多いホラーの中では大変ロマンティックで、美しい物語になりやすい。吸血鬼はたいてい年を取らず魅力的で、彼らが人間の血を吸う行為は、セックスを連想させる官能的なシーンとして描かれる。
 
主人公の少年少女は12歳。今のところただ一緒にいたい、好き、守ってあげたいという感情しかないのだが、思春期前の幼くも危うい目覚めが抒情的に描かれ、セクシュアルな雰囲気がところどころに暗示されている。そのさじ加減が絶妙で心をかき立てられる。いやらしさは全くなく、何も深読みしなければ、淡い初恋のままで物語は進む。
 
北欧スウェーデン、ストックホルム郊外。凍てつくような夜、集合住宅の庭にいた金髪の少年オスカーの前に現れた、そっけない黒髪の少女エリ。
「年はいくつ?」
「だいたい12歳」
同じ子どもでも、エリの方がずっと大人びている。いじめられっ子のオスカーを励まし勇気を持つよう諭す、姉のような存在だ。
 
彼女は夜にしか姿を現さず、学校へも通っていない。2階にあるオスカーの部屋に窓から簡単に入ってきて、時には彼のベッドに潜り込む。エリは裸で、その身体は氷のように冷たい。ひとりぼっちだった少年に初めて出来た、何でも話せる味方、友だち。うれしくて、ずっとずっと友だちでいたい。オスカーはそう願う。

やがてオスカーは、エリが年を取らない「ずっと12歳のまま」のヴァンパイアであることに気づく。だからと言って、エリに対する気持ちは少しも変わらない。ヴァンパイアであることが世間にバレて、彼女が町を去っていく方が怖いのだ。

エリには周りから父親だと思われている同居の男がいる。彼はヴァンパイアではないが、エリの手を汚さぬよう自分が代わりに殺人を犯し、彼女の元へ生き血を運ぶ。ずっと昔にエリと出会い恋に落ちたのだろうが、もう若くはなく、殺人の手口も鮮やかとは言えない。エリをひたすら守り抜く男に比べ、エリの彼への感情はあまり見えてこない。

撮影当時、オスカー役の美少年カーレ・ヘーデブラントは11歳。あどけなさの中に、母子家庭の少年が持つ父親への思慕の念、いじめられっ子としての内弁慶な顔、そして少女を守っていく男としての逞しさも感じさせる。

エリ役の美少女リーナ・レアンデションは当時12歳。おませな少女の顔から、残虐なヴァンパイアとして生きていく諦め、女性としての色気まで表現する。どちらも驚くべき名演技で、子どもが主人公の映画としては心に残る名作となるだろう。

本作はハリウッドでリメイクされる予定(2010年公開『モールス』)だが、このみずみずしさ、北欧の美しき陰鬱さを、どう表現するのであろうか。まずは本作でオリジナルの雰囲気を味わって頂きたい。いくら血まみれの殺人シーンがあっても、ホラーとは呼びたくないメルヘンの世界に心を奪われる。お薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)
<作品評価システム>と<高度マッチングシステム> ぼくのエリ 200歳の少女/観た感想トラックバック:trackback (26)
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。



ならばこの新作:ぼくのエリ 200歳の少女
ペイン・アンド・グローリー
マティアス&マキシム
LETO -レト-
みをつくし料理帖
異端の鳥
おもかげ
ハッピー・デス・デイ
ミッドサマー
アマンダと僕
恐竜が教えてくれたこと
ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
ゾンビランド:ダブルタップ

ならばこの作品:ぼくのエリ 200歳の少女
すれ違いのダイアリーズ
私の少女時代 OUR TIMES
ラ・ラ・ランド
彼の見つめる先に
幸せなひとりぼっち
マンチェスター・バイ・ザ・シー
ボーダレス ぼくの船の国境線
:劇場公開中または近日公開
:近日リリース
ならばこの作品:ぼくのエリ 200歳の少女
モールス
画皮(がひ) あやかしの恋
ビザンチウム
愛しのゴースト
メアリー&マックス
ダーク・シャドウ
魔女と呼ばれた少女
ぼくのエリ 200歳の少女
渇き(2009年製作)
ウルフマン
スラムドッグ$ミリオネア
エスター
あの日の指輪を待つきみへ
縞模様のパジャマの少年
ゾンビランド
ぼくのエリ 200歳の少女
Shall we Dance? (シャル・ウィ・ダンス?)
メイド・イン・マンハッタン
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
理想の女
星に願いを。
いま、会いにゆきます
メラニーは行く!


象のロケットってなに? - よくある質問
会社概要 - リンクについて - スタッフの思い&私のお薦め作品
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.