エセルとアーネスト ふたりの物語


Google Web 象ロケ内
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット
≪便利な機能≫   劇場公開中に観たかったあの作品! DVDは、いつリリース?
『観たい作品リスト』にその作品を登録しておいてください。 リリース日が確定すると、自動的に日にちが表示されます。 もちろん、携帯でも同じ『観たい作品リスト』が表示されます。
音楽がバックアップ!
舞台に音楽を!

原題:ETHEL & ERNEST ぴったり 公開新作 超人気 項目別 トップ
エセルとアーネスト  ふたりの物語/観た感想トラックバック:trackback (1)
観たい作品リストへ 追加

9月28日より全国順次公開中
エセルとアーネスト  ふたりの物語
(C)Ethel & Ernest Productions Limited, Melusine Productions S.A., The British Film Institute and Ffilm Cymru Wales CBC 2016
配給:チャイルド・フィルム/ムヴィオラ

エセルとアーネスト  ふたりの物語/オフィシャルサイト

2016年製作 英・ルクセンブルク  (94 min)

監督:ロジャー・メインウッド
出演者:
(声)ブレンダ・ブレッシン、ジム・ブロードベント、ルーク・トレッダウェイ
あらすじ:1928年、イギリス・ロンドン。 貴婦人の屋敷でメイドとして働くエセルは、牛乳配達をしている青年アーネストと出会い結婚。 25年ローンで購入した小さな家に中古品の家財道具を集め、新婚生活が始まった。 高齢出産でようやく息子レイモンドが誕生し一家は幸せに包まれるが、やがて戦争が始まり、レイモンドは疎開することに…。 アニメーション。

原作:レイモンド・ブリッグズ エンディング曲:ポール・マッカートニー『In The Blink Of An Eye』
ほのぼの-2019年 感動-2019年 笑いたい-2019年 ストーリー展開のおもしろさ-2019年 音楽・ダンス-2019年 マークをクリック!
原作は作家でイラストレーターのレイモンド・ブリッグズが、両親の生涯を綴った絵本。 原作のスケッチを生かした温かみのある手描き風アニメーションで、戦前・戦中・戦後のロンドンの世相と一般庶民の日常生活を詳細に再現しています。 家族の小さな幸せと愛が伝わって来る、懐かしくて微笑ましいヒューマンドラマです。
<スタッフ厳選 超お薦め映画作品!>
★★★★★
本作の原作者は、「スノーマン」「風が吹くとき」等の絵本で知られるイギリスの作家・イラストレーターのレイモンド・ブリッグズ(1934〜)。彼が自分の両親の人生を描いた作品をアニメーション化したのが本作「エセルとアーネスト ふたりの物語」で、両親が出会った1928年から1971年までのイギリス・ロンドンが舞台となっている。妻エセルと夫アーネストは交際2年後に結婚。エセルは、当時としては高齢の40歳手前で息子レイモンド(原作者)を出産した。穏やかな結婚生活に影を落とすのは戦争だ。
 
原作のスケッチを生かした絵には、温かみがあって心が和む。第二次世界大戦前・中・後のイギリス庶民の暮らしぶりの詳細が、美しい絵で再現されている。25年ローンで買った郊外の小さな家の台所や調理器具、中古の家具、庭やご近所さんとの距離、牛乳配達の様子など、当時を知る世代はもちろん子・孫・ひ孫世代だって、懐かしさを感じることが出来るだろう。私は特に美しい街並みに心惹かれた。
 
結婚前は貴婦人宅のメイドだった妻エセルには、なぜか自分は「労働者階級ではない」という意識があるようで、口癖は「そんな労働者階級みたいなことしないでちょーだい」というもの。ちょっと澄ましたその言い方には嫌味がなく、すっごく可愛い! きっと息子は「ああ、ママまた上品ぶっちゃって」と、軽く聞き流していたことだろう。公立の進学校に入学した自慢の一人息子がろくでなし養成所みたいな美術学校に進学してしまったことを、エセルが嘆く様子もまた可笑しい。

一方の夫アーネストは、自転車や専用配達車で顧客宅へ牛乳を届ける仕事を長年続けてきた。新聞もよく読むし、外回りなので世の中の動きには敏感。バリバリの労働者階級であることを自覚しているが、少し姉さん女房で上品ぶりっ子のエセルには特に文句を言わない。妻をうまく操縦する出来た夫でもある。

エセルとアーネストの人生は、波乱万丈とはほど遠いごくごく平凡なもの。だが平凡な人生が送れるのは素晴らしいことだし、どんな人生にも大きな喜びや悲しみがギッシリと詰まっているのである。当時の庶民の気持ちを、日常生活を通して見せる手腕も素晴らしい。ささやかな幸せと愛、両親への感謝の気持ちが伝わってきて、心打たれる大人のアニメーション。お薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)
<作品評価システム>と<高度マッチングシステム> エセルとアーネスト  ふたりの物語/観た感想トラックバック:trackback (1)
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍



ならばこの新作:エセルとアーネスト ふたりの物語
幸福路(こうふくろ)のチー
ヒンディー・ミディアム
鉄道運転士の花束
この世界の(さらにいくつもの)片隅に
家族を想うとき
シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢
デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり
タリーと私の秘密の時間
ガンジスに還る
あいあい傘
初恋 〜 お父さん、チビがいなくなりました
北の桜守(さくらもり)

ならばこの作品:エセルとアーネスト ふたりの物語
この世界の片隅に
幼な子われらに生まれ
パターソン
孤独のススメ
いつまた、君と 何日君再来
最高の花婿
湯を沸かすほどの熱い愛
:劇場公開中または近日公開
ならばこの作品:エセルとアーネスト ふたりの物語
やさしい嘘と贈り物
メイジーの瞳
ぼくたちの家族
めぐり逢わせのお弁当
わが母の記
渾身 KON−SHIN
東京家族
エセルとアーネスト ふたりの物語
HACHI 約束の犬
ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
さくらんぼ 母ときた道
アウェイ・フロム・ハー 君を想う
なくもんか
おくりびと
陰日向に咲く
エセルとアーネスト ふたりの物語
アメリカン・ビューティー
クレイマー、クレイマー
阿弥陀堂だより
シャイン
再見<ツァイツェン> また逢う日まで
北京ヴァイオリン
オールド・ルーキー


象のロケットってなに? - よくある質問
会社概要 - リンクについて - スタッフの思い&私のお薦め作品
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.