その手に触れるまで


Google Web 象ロケ内
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット
≪便利な情報≫   『ALWAYS 三丁目の夕日』、感動した! 他に感動できる作品は?
『ALWAYS 三丁目の夕日』の感動マークをクリックしてください。 同一公開年(製作年)の感動作品が感動指数の高い順番に表示されます。 携帯版では“≪感動≫”または“感動”をクリック。

原題:LE JEUNE AHMED/YOUNG AHMED ぴったり 公開新作 超人気 項目別 トップ
その手に触れるまで/観た感想トラックバック:trackback (1)
観たい作品リストへ 追加

6月12日よりヒューマントラストシネマ有楽町他全国公開中
その手に触れるまで
(C)Les Films Du Fleuve - Archipel 35 - France 2 Cinema - Proximus - RTBF
配給:ビターズ・エンド

その手に触れるまで/オフィシャルサイト

2019年製作 ベルギー・仏  (84 min)

監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ  サンドラの週末  午後8時の訪問者
出演者:
イディル・ベン・アディ
オリヴィエ・ボノー  午後8時の訪問者
ミリエム・アケディウ  サンドラの週末

ヴィクトリア・ブルッククレール・ボドソンオスマン・ムーメン
あらすじ:ベルギーの首都ブリュッセル。 13歳のアメッドは、ごく普通のゲーム好きな少年だった。 ところが、尊敬するムスリム(イスラム教)の指導者に感化され、過激な思想にのめり込んでゆく。 放課後クラスの女性教師イネスと“さよならの握手”もしなくなったアメッドは、「歌の授業」を提案する彼女を「イスラムの敵」と見なし、密かに“排除”の準備を始める…。 ヒューマンドラマ。

カンヌ国際映画祭監督賞、バリャドリッド国際映画祭脚本賞・編集賞、他受賞
ストーリー展開のおもしろさ-2020年 感動-2020年 ほのぼの-2020年 恐怖-2020年 マークをクリック!
世界中を脅かす過激派テロにおいては、時に少年少女までもがその重要な役割を担っています。 何も知らず大人に命令されるまま実行する者もいれば、テロを正当化する思想が知らないうちに刷り込まれている者もいるでしょう。 「聖戦を行う過激派戦士」として動き始めた少年を、穏健派ムスリムの親や教師は引き戻すことができるのでしょうか? ベルギーで暮らすムスリムの事情が伝わって来る、社会派ドラマです。

【ベルギーのムスリムについて】
首都ブリュッセルの住民のうち、ベルギー国籍を取得していない移住者および最近ベルギー国籍を取得した移住者を含め、広い意味での「外国人」は75%。 ムスリム(イスラム教徒)の割合は首都圏平均で23%、首都の中心部サンホセ地区では47%。 ムスリムの一部が過激派となり、ベルギーはヨーロッパにおけるテロリズムの交差点とも呼ばれている。

【ムスリムと教育】
「放課後クラス」とはベルギーの教育補助システムで、放課後6〜18歳を対象にそれぞれの子どもに必要な勉学・文化・社会的教育を無償で与える場で、女性教師イネスはムスリムの子どもたちに民族文化的教育を行っているものと思われる。

【本作で現れるイスラムの教え】
(1)厳格なイスラム教では歌は禁止。
(2)犬や動物は不浄。 そのつばは汚い。
(3)家族以外の女性に触れることは禁止。
(4)1日5回礼拝
          ≪資料提供:ビターズ・エンド≫
<スタッフ厳選 超お薦め映画作品!>
★★★★

 
2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件は世界中に衝撃を与え、その後もヨーロッパ各地でもテロが頻発したため、特に欧米では、アラブ系やイスラム教=テロリストという先入観を持つ人が増え、空港等でも特に警戒されるようになった。テロとは何の関係もない一般的なイスラム教徒やアラブ系の人にとっては、甚だ不本意なこと。しばらく欧米ではアジア人=コロナ感染者だと警戒されていたが、よく分からないことは何にせよ「一括り」にされがちである。中東とは何の関係もないテロも多いし、これからはウイルスによるテロも警戒されることだろう。
 
本作の主人公は家族とベルギーで暮らす13歳のアラブ系少年アメッド(イディル・ベン・アディ)。ムスリム(イスラム教徒)の彼は、狂信的なイスラム教の導師=イマーム(オスマン・ムーメン)の影響を強く受け、「聖戦(ジハード)を行う過激派戦士」になったつもりでいる。

ムスリム向けの課外クラスを受け持つ女性教師イネス(ミリエム・アケディウ)は割と開放的なムスリムで、教義に反しない範囲で子供たちをベルギーの一般社会に溶け込ませようと努力していた。厳格なイスラム教では禁じられている「歌の授業」を取り入れることについては保護者会まで開かれる。もちろん保護者はテロリストとは無関係の良識あるムスリムばかりだが、小さなクラスの中でさえ信仰の捉え方も異国で暮らすことへの考え方も各家庭でかなり違うことが窺える。

感心するのは、様々な文化的背景を持つ外国人を考慮したベルギーの教育システムである。どう気を遣っても不満を持つ保護者はいるから、どこの国の先生も大変だなと思う。少年院ですら各々の信仰を尊重しており、教育官(オリヴィエ・ボノー)らの配慮にも驚くばかり。ちょっと優しすぎるようにも思えるが、トラブルを起こさぬよう最大限の注意を払っているようだ。

厳格なムスリム男性は家族以外の女性に触れてはならないと教わったアメッドは、大好きだったイネス先生と握手をしなくなるばかりか、彼女を「排除」しようという計画まで練る。その後、白人の少女ルイーズ(ヴィクトリア・ブルック)と親しくなるが、積極的な彼女に迫られても及び腰で罪悪感まで持つ始末。「教義」に忠実にと思うあまり自分をがんじがらめにし、温かく接してくれる人までをもことごとく拒否してしまう。

世界各地で少年少女までもが自爆テロなどの役割を担っている。何も知らず大人に命令されるまま実行する者もいれば、テロを正当化する思想が知らないうちに刷り込まれている者もいて、彼らに罪の意識などないのかもしれない。また、中東とは縁もゆかりもない国の若者たちがいわゆる「イスラム国」に共鳴してしまうのも、扇動的な情報に惑わされ信じ込んでしまっているからだ。デマや誘導的な宣伝があふれる今、どれが正しい情報なのかを判断するのは大人でさえ難しい。子どもなら、なおさらである。父親不在のアメッドが頼りにした大人が導師ではなく教育官のような男性だったら、事情は違っていただろう。

13歳とは思えないほど鋭い目つきになってしまったアメッドは、恐ろしいテロリストへと成長してゆくのか、元のゲーム好きの少年に戻ることができるのか、それとも…? ラストシーンに胸を締め付けられる、教育現場を舞台にした波乱の社会派ドラマ。お薦め作品だ。
(象のロケット 映画・ビデオ部 並木)
<作品評価システム>と<高度マッチングシステム> その手に触れるまで/観た感想トラックバック:trackback (1)
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍



ならばこの新作:その手に触れるまで
ルース・エドガー
グッド・ワイフ
LETO -レト-
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
ペトルーニャに祝福を
ファヒム パリが見た奇跡
12か月の未来図
シークレット・スーパースター
バッド・ジーニアス 危険な天才たち
僕たちは希望という名の列車に乗った
風をつかまえた少年
少女は夜明けに夢をみる

ならばこの作品:その手に触れるまで
オンリー・ザ・ブレイブ
太陽のめざめ
ソニータ
祝福 オラとニコデムの家
僕と世界の方程式
ストリート・オーケストラ
サーミの血
:劇場公開中または近日公開
ならばこの作品:その手に触れるまで
アメリカン・スナイパー
それでも夜は明ける
17歳
映画 ビリギャル
サンドラの週末
トガニ 幼き瞳の告発
ぼくたちのムッシュ・ラザール
その手に触れるまで
プレシャス
私の中のあなた
ハート・ロッカー
ROOKIES ルーキーズ -卒業-
12人の怒れる男
縞模様のパジャマの少年
バーダー・マインホフ 理想の果てに
その手に触れるまで
裸足の1500マイル
スイート・シクスティーン
イン・ディス・ワールド
16歳の合衆国
タイタンズを忘れない
青い春
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男


象のロケットってなに? - よくある質問
会社概要 - リンクについて - スタッフの思い&私のお薦め作品
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.