家族を想うとき : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/rwqlhprhv
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:家族を想うとき
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(3)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『家族を想うとき』をギンレイホールで観て、
Excerpt(概要):★★★ 父ちゃんも母ちゃんも一服する間もなく、奴隷のように働かなくてはいけないのである。きっちり貧乏人を追い込むシステムが出来上がっていて、一度入ったら足抜けできなそうである。そんなん、こえーよ。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2020年7月25日
「家族を想うとき」
Excerpt(概要):労働というものは喜びに繋がるものでありその喜びとは達成感然り、稼いだ対価でより良い暮らしをすること然り、なのであるが恐らく日本よりもずっと労働者の権利などに対する歴史が古いはずのイギリスであってさえ、その喜びが奪われ、何のために働くのか本末転倒な事態になっているという点、家族というものは、慈しみ合い、助け合い、を行う最小単位であるはずなのに、それが日々の家族の生活の中でどこかに失われてしまうという点、これら非常に大きな問題点が描き出されているのだ。この2つの問題を気負うことなく上手く描き出している、流石ケン・ローチ監督、と言っていい作品だと思った。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2019年12月27日
ショートレビュー「家族を想うとき・・・・・評価額1700円」
Excerpt(概要):★★★★ 映画の中で起こっていることは、全てが普通で恐ろしくリアル。どのエピソードも宅配や介護の仕事あるあるだし、親子関係の諸々の話も誰もがどこかで経験してきている様なものばかりだ。遠い英国を舞台とした物語ではあるのだが、このプロットをそのまま日本に置き換えても全く自然に成立してしまうのだ。この物語が圧倒的な普遍性を持つということは、私たちの社会は無責任資本主義とでも言うべき、おかしな方向へ向かっている様に思えてならない。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2019年12月19日
参照ページ:家族を想うとき

Google Web 象ロケ内




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.