Fukushima 50 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/hdoshmoqs
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:Fukushima 50
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(7)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『Fukushima50』をニッショーホールで観て、
Excerpt(概要):★★★官邸と東電は目の敵にされているが、官邸あんなにただ無条件に怒っていた訳じゃなく、彼等がいたからこそ、最終的に事故原発が無人になる事が避けられたのであって、もうちょっと評価してあげたい。全体の中ではダンカンの「これからいったいどうなるんでしゅか」ってセリフが白眉。あの時、みんな思った事を思った通りの不安で自然に出た感じで、凄く心に残った。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2020年3月29日
Fukushima 50
Excerpt(概要):★★★★ あの時、何が起きたのか。そして、今この瞬間も、事故によって引き起こされた事態を収拾するために働いている人たち、それに強制的に生活を変えられて痛みを抱えている人たちが、たくさんいることを改めて心に刻みたい。原子力発電所のある地域・双葉郡富岡町、他にも帰宅困難区域が、事故から9年過ぎようとしている今でもある。放射能で汚染された土地だから。それでも、その町の桜並木は残り、桜が満開で登場する。「絶対に忘れてはいけないこと」と言うメッセージとして伝わっていると、感じました。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2020年3月15日
「フクシマフィフティ」
Excerpt(概要):とにかく凄い作品であった。現場の描写の緊迫感が凄い。それを表現する役者の熱量が凄い。何度も息が詰まり、何度も胸が苦しくなる。そして日本人の勤勉さに頭が下がる。勤勉さ、という表現は相応しくないのかもしれない。仕事に対する真摯な姿勢、と言うべきか。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2020年3月13日
『Fukushima 50』「実話」を疑え
Excerpt(概要):★★★ こういう作品の場合、どうしても記憶の中の現実と同化して見がちなので、泣きながら「今見るべき」とか思ってしまうのだけれど、一本の作品としては思う所もある。大きく見れば、国を救うために戦った素晴らしい人たちの物語で迫力もある良い映画だった。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2020年3月8日
Fukushima 50
Excerpt(概要):★★★★ 一般人の知らない事故の裏側を丁寧に描かれ、作業員の方々によって原発をそして日本を守ってくださったことに胸が熱くなりました。映像も津波が建屋に流れ込むシーンや水素爆発するシーンなどかなりリアル。制御室のセットなどもぼ忠実に再現されているとのこと。そういったリアリティにこだわったからこその緊張感がありました。あれから9年が経とうとしてますが忘れることがないように映画として描いてくれたのは良かったと思いますし、年齢問わず一度は観てほしい作品だと思います。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2020年3月7日
Fukushima 50(フクシマフィフティ)
Excerpt(概要): 同じ若松節朗監督、渡辺謙主演で1985年の日航ジャンボ事故墜落事故を扱った約10年前の「沈まぬ太陽」を連想してしまう。どちらも多数の人たちへの取材に基づいた再構成というのもよく似ている。女優陣に限らず男優陣もよく分からない。泉谷しげるは個性強過ぎて分かったが、斎藤工って出ていたことは分かったが、存在感希薄過ぎ。オールスターキャストストも考え物だ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2020年3月6日
映画「Fukushima 50」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★★ 過剰や奇を衒った演出を排除し、俳優の演技と刻々と変わる事態を描写で、現場作業員たちの情熱を丁寧に描いた作品です。ちょっと怖くなる人もいるかも知れませんが、忘れてはいけない人々の存在を目に焼き付け、心に刻むべきと思いました。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2020年2月7日
参照ページ:Fukushima 50

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.