虹色ほたる 永遠の夏休み : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/zlbwxilvnj
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:虹色ほたる 永遠の夏休み
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(6)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「虹色ほたる〜永遠の夏休み〜」感想
Excerpt(概要):村で過ごす最後の夏を懸命に遊ぶ子供達を通じ、成長していく少年の姿を、鮮やかな色彩と独特のタッチで描いた本作。時とともに失われていく様々な感情や思い出への寂寥と哀愁が、極めてシンプルな物語の中にぎっしりと詰め込まれている。本作の良さは十二分に発揮できなかったと断じておきたい。王道にして野心的、しかし子供のために作られた高純度児童アニメ。
Weblog(サイト)名 : 流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜  / Tracked : 2012年6月14日
虹色ほたる 永遠の夏休み(’12)
Excerpt(概要):CGを一切使わず手描きを重ねた映像で、人肌感ある、というか丁寧な田舎の背景描写、人物は輪郭が途切れてるラフなタッチ、折に劇画風になったり、ジブリや細田守作品などとも一風違うテイスト。暑い夏の日の、濃い緑が道路に落とす影の感じ、とか、体感的にどこか懐かしさもあったり、冒頭から、ユウタ少年(声:武井証)がタイムスリップしていくダムに沈んだはずの幻の村へと、割と画面の中の世界に引き入れらていった感じ。やはりこれは、劇場スクリーンで見応えあった、という実感もあって、思ったより色々味わいで満足でした。
Weblog(サイト)名 : Something Impressive(KYOKOV)  / Tracked : 2012年6月12日
「虹色ほたる〜永遠の夏休み〜」
Excerpt(概要):ひと夏ものに加えて、ダムに沈んだ村で過ごす少し昔の物語と、郷愁てんこ盛りのハズレな訳がない最強の設定。単なるノスタルジーだけではない、設定を活かした見事な作品に仕上がっていた。登場するキャラクターたちがラフなスケッチのごとく、描き込まれていないポヤッとした雰囲気なので、どこかマイナー感があると同時に違和感を覚える。が、やがて時間が経ち絵に慣れてくると、そんな違和感は薄れてきて物語が素直に受け入れられてくる。同時に自分の体験も物語に混じっていくような気がしてきてキャラクターたちを身近に感じられるようになる。広い年齢層に耐え得る日本アニメの良心作。お薦め。
Weblog(サイト)名 : 古今東西座  / Tracked : 2012年6月11日
虹色ほたる〜永遠の夏休み〜・・・・・評価額1650円
Excerpt(概要):★★★★ 物語や構成要素自体は、決して冒険的という訳ではない。ところが、映像が動き出すと驚かされる。まるでラフ画の様に荒々しい主線に、木炭やパステルで描いた様な影や光の表現、更にはオーバーアクトを感じさせる程に、演技し続けるキャラクター。よくぞこのビジュアル表現でGOサインが出たものだ。シャープな線とペタッとした彩色、あまり動かないキャラクターに慣れた目には、最初少しだけ違和感を感じるが、物語が進むにつれて、この手作り感溢れる手法が内容のピュアさにマッチして来るのである。忘れられない作品となったのは間違いない。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2012年5月26日
虹色ほたる〜永遠の夏休み〜
Excerpt(概要):★★★★ 夢幻能のような世界 アニメは現代風のタッチと絵巻物のような大和絵タッチが使い分けられている。大和絵の顔の表情は幽玄さを感じさせる。実際、本作は生者と死者が入り混じる夢幻能のような趣がある。ダムに沈んだ筈の村の女の子さえ子は最初から存在感が薄い。まるで別世界から現れた、というより鼻から別世界にいる気配。恋人同士の化身のようなキャラクターも出て来るのでかなり複雑だ。色々な解釈の余地を残している作品だ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2012年5月23日
虹色ほたる 永遠の夏休み
Excerpt(概要):★★★★ 運命的な出会いをした主人公の少年と少女の淡い恋愛物語の行く末にも注目だ。予想外に良い作品だった。作品を観て一番最初に誰もが感じるのはその人物作画だろう。ただこの作品に関してはこの画が良く合っている様に感じた。
Weblog(サイト)名 : LOVE Cinemas 調布  / Tracked : 2012年5月21日
参照ページ:虹色ほたる 永遠の夏休み

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2021 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.