ハンターキラー 潜航せよ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ynevuxlsj
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ハンターキラー 潜航せよ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(10)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『ハンターキラー 潜航せよ』をトーホーシネマズ日比谷13で観て、
Excerpt(概要):★★★★ジェラルド・バトラーの映画って「ジェラルド・バトラーが俺らにつまらん物を見せる筈がない」という安定感があるわ。偉いわ、ジェラルド・バトラー。色々都合のいい展開はあるけど、そういうのが気にならない。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2019年8月2日
「ハンターキラー 潜航せよ」
Excerpt(概要):作品の舞台はエキサイティングで、設定は興味深く、本当に面白かった。艦長ジョー・グラスの俺様的なリーダーシップも良かったけれど、それは全て技能と経験値に裏付けされた確固たるものであり、だからこそ部下がついていき生死を共にすることに躊躇わない。とにかく緊張感あり、見応えあり。観ないと損!という位お勧めである。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2019年5月7日
『ハンターキラー 潜航せよ』は面白い上に面白い
Excerpt(概要):なんて面白い映画なんだ。よくもまぁこんなに面白く作れるものだと感心した。不可能な任務に挑む特殊部隊モノの面白さと、潜水艦の隠密行動を描く海洋サスペンスの面白さを兼ね備え、さらには潜水艦同士や潜水艦対駆逐艦の戦いも挿入されて、面白い上に面白い。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2019年5月6日
『ハンターキラー 潜航せよ』('19初鑑賞27・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ 潜水艦ものにハズレなし!といいますが、これも面白かったです。本物の潜水艦を使った潜航シーンや潜水艦アクション満載で、最終的には軍律や規律よりも人間同士の繋がり・絆で動く展開に非常に熱いものを感じました。こういう展開は日本人好みだと思います。潜入部隊の隊長も男気あふれ、こういう上司やったら、命かけても惜しくないと思わせる人間をアクションでしっかり描いているので、見応えありました。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2019年4月21日
映画『ハンターキラー 潜航せよ』☆ロシア大統領を米兵が救出に行くのは大変!
Excerpt(概要):潜水艦だけでなく、陸の上の緊迫ひやひやシーンもハラハラして、見入りました☆面白かった。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2019年4月18日
映画「ハンターキラー潜航せよ(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★★ 好意的な脳内補完でリアリティ不足を補強する必要はありますが、それが出来れば、潜水艦ならではの作戦行動をハラハラドキドキをふんだんに交えて描いて行くため、骨太アクション映画として十分に楽しめる仕上がりですし、平和を願う気持ちは戦争を非難する人間だけでない事を強く訴えかけ、見応え十分なスリラー映画にもなっています。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2019年4月13日
ハンターキラー 潜航せよ
Excerpt(概要):★★★★ 潜水艦は深海という不自由な場所で聴覚だけを頼りに闘わなければならない。しかも、つねに浸水の危機に直面しているから。存在自体が緊張感の塊みたいなものでしょう。だから、暗い海の中で完全なる密室状態の中で、見えない敵が相手なので、当然、乗組員の予想もつかない事態が起きるし、それをどう乗り越えていくのかのサスペンス。ハラハラ、ドキドキものでしたね。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2019年4月12日
「ハンターキラー 潜航せよ」@ニッショーホール
Excerpt(概要):海中と陸が同時進行なので全く飽きない。作品は潜水艦がメインなのだが、何気に地上部隊のネイビーシールズの物語が上手く出来ていて、見せ場も満載で主役を上回る活躍をした。
Weblog(サイト)名 : 新・辛口映画館  / Tracked : 2019年4月12日
劇場鑑賞「ハンターキラー 潜航せよ」
Excerpt(概要):やはり…潜水艦映画にハズレ無し!潜水艦映画好きだったら観て損はないと思います。政治絡みのストーリーはちょっとリアリティに欠けるものの、それを補うだけのエンタメ要素がありますよ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2019年4月12日
「ハンターキラー 潜航せよ」やっぱり面白いわ!
Excerpt(概要):あ、やっぱり面白いですわ“潜水艦モノ”。ジェラルド・バトラー、いいですね〜。こういう“チョイ悪親父、世界を救う”みたいな役やらせたら天下一品ですね。対するゲイリー・オールドマンは、少々勿体無い使われ方だったような気がします。作品に於いてそういう役柄でしたから、しょうがないかとは思われますが、そんなに目立っておりませんでした。
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2019年4月11日
参照ページ:ハンターキラー 潜航せよ

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.