アンダー・ザ・シルバーレイク : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/wdbiaysrch
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:アンダー・ザ・シルバーレイク
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(10)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
アンダー・ザ・シルバーレイク
Excerpt(概要):音楽と映像は結構好みでした。
Weblog(サイト)名 : rambling rose  / Tracked : 2018年12月11日
アンダー・ザ・シルバーレイク
Excerpt(概要):★★★ 最も明確に映し出されているのが、名匠アルフレッド・ヒッチコック作品へのオマージュ。ニルヴァーナなどの音楽シーンのスターたち、ヒッチコック映画のポスター、映画ファンにはお馴染みのロケーション等々。画面を隙間なく埋め尽くすそれから多くの作品や、人物が思い浮かび、謎解きと一緒に楽しめる反面、過食症気味にもなる。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年12月4日
『アンダー・ザ・シルバーレイク』
Excerpt(概要):楽しみにしていた作品なんだけど、これもまた期待外れだった。しかしとりあえず、散りばめられたアイコンを楽しんでいれば退屈はしない。
Weblog(サイト)名 : Days of Books, Films  / Tracked : 2018年11月2日
映画「アンダー・ザ・シルバーレイク」と〈陰謀論〉について。
Excerpt(概要):映画全体を〈腐乱死体が見た夢〉だと解釈すれば、周囲の人々が主人公に対して「臭い!」と嫌な顔をするのも頷ける。まるで迷宮(Labyrinth)を彷徨うような映画である。
Weblog(サイト)名 : エンターテイメント日誌   / Tracked : 2018年10月30日
「アンダー・ザ・シルバーレイク」:サンプリング的カルト作#アンダー・ザ・シルバーレイク
Excerpt(概要):物語の根幹はフィリップ・マーロウ的に謎を追うハードボイルドの世界なんですけど、リンチ色が強いもんだから悪夢巡りの様相を呈していきます。本当にどこまでが現実でどこからが夢かわからないようにもなっていきます。古くからのハードボイルド小説同様、結局は「描写命」で、どういう物語なのかはよくわからないと言えばよくわからないんですねー。それにしても長い! 2時間20分なのですが、3時間半ぐらいあるような体感でした。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年10月28日
アンダー・ザ・シルバーレイク・・・評価額1650円
Excerpt(概要):★★★★ もの凄く雑多なジャンルからの引用を、紐解いてゆくだけでも嬉しくなっちゃうのだが、ぶっちゃけこれは作者の超マニアックなオタク脳を垣間見る様な悪夢的な作品で、個人的には大好きで満足度も高かったものの、間違っても万人向けの映画ではない。アングラなミニシアターで、ほくそ笑みながら一人で作品世界に浸るのが相応しい作品だ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年10月22日
『アンダー・ザ・シルバーレイク』 青春のあとにたどり着いたところ
Excerpt(概要):ホラー映画ではなく、生と死とセックスに関する洞察を感じさせる作品だった。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年10月14日
アンダー・ザ・シルバーレイク
Excerpt(概要):★★★ ホラーのような恋愛映画。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年10月14日
アンダー・ザ・シルバーレイク
Excerpt(概要):解読と月刊ムーが好みそうな陰謀説や都市伝説といったところも大好物なだけにオモシロかったのだけれども…。中盤以降はポップカルチャーの実状というか表と裏というかのエピをはじめ、カルト教団やらなんやらと次から次へと話が飛び、次第にワケが解らなくなってくる。そんなワケで世間の高評価とは裏腹に見事に玉砕といったところ。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2018年10月14日
アンダー・ザ・シルバーレイク
Excerpt(概要):すっきりした答えはなく混沌としたままのエンディング。すべては観客の解釈次第。というわけで日本の観客には絶対うけそうにないのである。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2018年10月12日
参照ページ:アンダー・ザ・シルバーレイク

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.