ビブリア古書堂の事件手帖 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/vtnldkfair
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ビブリア古書堂の事件手帖
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「ビブリア古書堂の事件手帖」:ライト級で食い足りない #ビブリア古書堂の事件手帖
Excerpt(概要):ツッコミ所も色々あるんですけど、まあそういう作品なんでしょう。ライト級ですし。さほどたっぷりとは拝めないけれど、鎌倉の町の景色や建物がこの作品のムードに合っておりました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年11月21日
『ビブリア古書堂の事件手帳』をユナイテッドシネマ豊洲2で観て、
Excerpt(概要):★★★現代パートと過去パートに分かれていて、過去パートの出来が良い。こっちがメインかと思うくらい魅力的に膨らんでいる。東出昌大と夏帆の出会いから最後の表情までとても文学的である。特に夏帆の出演シーンは全て素晴らしい。現代パートが良く見えないのはやはりキャスティング。黒木華は物凄い演技巧者だが、この映画のキャラクターとは合っていない。とても珍しい黒木華の負け戦である。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2018年11月21日
映画「ビブリア古書堂の事件手帖」
Excerpt(概要):過去のシーンに比べると現代のシーンがグダグダになってしまったのが残念でしたね。中でも大庭葉蔵こと稲垣(成田凌)と本を巡って争うシーン。防波堤の広くない足場で落ちないように殴り合うシーンは何やってんだろうと首を捻りたくなったし。栞子が本を海に投げ捨てたら、大輔がいきなり海に飛び込むし。一体、3人とも何がしたかったのだろうかと演出に疑問でした。
Weblog(サイト)名 : FREE TIME  / Tracked : 2018年11月18日
ビブリア古書堂の事件手帖
Excerpt(概要):★★★ 原作は未読ですが、どこがいいのか見当がつかない。ミステリーとして凄いわけでもなく、太宰治「晩年」の希少本を狙う男が誰かというのは、すぐに察しがつくのだから、謎解きにドキドキするというわけではありません。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年11月13日
ビブリア古書堂の事件手帖
Excerpt(概要):★★ サスペンスもあるのだけれど、必要かなあと思う。そもそも堂々と犯罪が行われるのに警察はまるで存在しないかのようだ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年11月7日
映画『ビブリア古書堂の事件手帖』☆サスペンスありセピア色の切ない風情もあり
Excerpt(概要): 黒木さんの、文学少女っぽさも良い。古書をめぐって、命の危険ありのサスペンスもあれば古書が秘めた、過去の出来事が、切なくも素晴らしく、セピア色の風情が、ピッタリなムードに酔う。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2018年11月5日
ビブリア古書堂の事件手帖
Excerpt(概要):★★★ 推理っぽいのは少なかったのが残念です。稀覯本「晩年」を狙うストーカーのような執着のはげしい人に、つけ狙われるというのも原作にはあったけど、そこが中心になっていました。出演者は悪くないとは思うのですが、私が勝手に期待していた内容とはちょっと違っていました。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2018年11月5日
ビブリア古書堂の事件手帖
Excerpt(概要):50年前の恋物語に力を入れ過ぎたのか? 太宰の「晩年」を巡るエピの雑さと妙なダラダラ感、終盤での原付での追走劇の緊張感のなさと違和感というか何と言うか…で中盤以降の現代のエピの失速感たるや。そんなワケでやりようによってはもっとオモシロく出来たであろうと思えなくもだけど、原作自体からして雰囲気先行で際立ってオモシロいとはでもあるんでこの程度かなぁと。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2018年11月3日
劇場鑑賞「ビブリア古書堂の事件手帖」
Excerpt(概要):ちょいちょい気になる点はあるものの、ま、大目に見ることにしますというか、“その後”どうなったのか…というエピソードをもっと入れて欲しかったな。全体を通して、夏目漱石や太宰治のことを良く知ることの出来る作品になっていたと思います。本の謎を解いていくという展開も珍しいし、ストーリーに緩急もあるので、最後まで飽きませんでした。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年11月1日
参照ページ:ビブリア古書堂の事件手帖

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.