1917 命をかけた伝令 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/snxuvpstto
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:1917 命をかけた伝令
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画『1917 命をかけた伝令』彼らと一体化したような現実味で“実感”する戦争
Excerpt(概要):味方の兵の命を守るため、必死に向かった、伝令。途中の銃撃に、一緒に?ハラハラしながら彼らの“感情”も、共有・実感できた印象です。コレは言葉ではうまく説明できません。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2020年3月24日
「1917 命をかけた伝令」@新宿ピカデリー
Excerpt(概要):全編ワンカット&ワンシチュエーションで描いた戦争映画だ。そのために途切れることのない緊張感と没入感が物語が展開するが、ほぼ一直線で物語が突き進むので物語の広がりは乏しい。映画自体は素晴らしい。本作は映画館の大画面と大音響で栄える作品だ。
Weblog(サイト)名 : 辛口映画館NEXT  / Tracked : 2020年3月4日
1917 命をかけた伝令
Excerpt(概要):★★★★★ 観る者に究極の没入感を与えるべく生み出された映像は、どこかシューティングゲームを連想させ、テンポよくステージが変わっていく構成もゲーム的である。まずは未曽有の映像アトラクションとして楽しむべきだろう。爆撃の中で走るシーンは、とにかくクレイジーだった、そのシーンを振り返って観ても臨場感たっぷりで興奮覚めやらずです。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2020年2月25日
映画「1917 命をかけた伝令(Dolby-ATMOS・TCX・日本語字幕版)」 感想と採点
Excerpt(概要):★★★★ 映像そのものは、とても美しい。人間の目だけでなく、様々な視点を上手く利用して、戦場の広さと、戦地そのものの狭さ、人間と人間の距離感を丁寧に描写した上で、「全編ワンカット風」の映像が創り出す “自然な時の流れ” の美しさは、本作ならではの醍醐味だと思う。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2020年2月23日
1917 命をかけた伝令
Excerpt(概要):★★★★★ ワンカットでの撮影は、観客をその場にいるような錯覚を呼び起こす。これは、戦場臨場体験映画だと言える。主人公が塹壕から飛び出して平地を走り、砲撃の中を進むシーンが迫力満点だった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2020年2月20日
「1917 命をかけた伝令」
Excerpt(概要):★★★★ 上映時間の2時間で終わる物語ではなさそうなことからも、それは明らかだができる限り場面を切らないで見せることの緊迫感、彼らをすぐそばで見つづけているような没入感などは本作の醍醐味だ。人の命を簡単に奪う「戦争」は、なんと虚しいものなのか、観ながら、ずっと思わされる。その意味でも、いい映画だ。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2020年2月19日
1917 命をかけた伝令・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★★ 人生は苦難の中を彷徨うようなものだが最後には父と母が神と共に天国で待っている、というこの場の兵士たちの想いのような歌詞が印象的だ。第一次世界大戦の全てのステージを駆け抜ける旅は、まるでビデオゲームの様な構造を持つ。英軍の物よりずっと立派なドイツ軍の迷宮のような塹壕、誰と誰が戦っているのか分からないカオスの市街戦といった、クリアしなければいけないステージは極めて劇的に作り込まれている。炎上する街から激流の水への転換、死と再生をイメージさせるチェリーの花吹雪、冒頭の茶色の塹壕からクライマックスの白日夢の様な白い塹壕といった伏線と回収を繰り返すテリングの象徴性は、観る者の映画的記憶を刺激する。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2020年2月16日
1917 命をかけた伝令
Excerpt(概要):★★★★ 主人公目線で展開されるので、最後まで緊張感緊迫感ありで観ることができました。映像は美しいのに映し出される景色は悲惨な情景で、戦争の生々しさを感じさせられました。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2020年2月15日
参照ページ:1917 命をかけた伝令

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.