ファースト・マン : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/oakhnnzxug
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ファースト・マン
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(13)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ファースト・マン
Excerpt(概要):他の作品ならば人類初の月面着陸までの経緯を政治的&機器トラブルを織り交ぜてもっとドラマチックに描くところを本作はアームストロング船長の人となりと成功までの経緯を淡々と語り、結果も「おかえり、はやぶさ」同様に既に誰しもが知るところだからそれほどに緊迫させられることもなく、8ミリぽい映像とあわせてドキュメトを観ているようなつくり。普通に伝記を読んでるといった感じだったんだけれどもプロジェクトの壮大さ、監督の手腕と確かにいろいろとスゴさが解り、思いのほか前のめりでの鑑賞となった。  
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2019年2月17日
「ファースト・マン」:ガタガタとボカン!ボカン!#ファースト・マン#デイミアン・チャゼル
Excerpt(概要):主演はニール・アームストロングに全然似ていないライアン・ゴズリング。この作品に限らず、ほとんど憂い顔のライアンが、本作でも苦悩して憂いております。 いずれにせよ、アメリカ万歳的な映画にはなっておりません。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2019年2月16日
『ファースト・マン』止まないラ・ラ・ランド
Excerpt(概要):★★★★ 劇伴からは全く壮大な宇宙の神秘も男の汗臭い戦いも感じられない。そこにあるのは、ただただ「愛」である。人類の歴史に名を遺す偉業を、それを成し遂げた男の愛の昇華として描く。その儚さに泣いた。これは、まがうことなき、最高の恋愛映画だ。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2019年2月16日
映画『ファースト・マン』☆船長の視点で体感with月でしたこと
Excerpt(概要):月面に着くまでの苦労話は、もちろんですが二―ルの境遇や胸中が、主体となって彼の視点での体験を感じながら、進むので、特に、終盤には、グッとくるものがありました。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2019年2月13日
『ファースト・マン』('19初鑑賞12・劇場)
Excerpt(概要):★★★ ジェミニ計画からアポロ計画へとドキュメント・タッチで思った以上に真面目に描いていました。映像もリアル志向で悪く言えば地味。ストーリー自体も正直あまり魅力的ではなかった。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2019年2月13日
ファースト・マン
Excerpt(概要):★★★ ソ連のアレクセイ・レオーノフに宇宙遊泳で先を越されたことも、アポロ1号で宇宙飛行士3人が予行演習で火災で犠牲になったことも公平に描かれている。できればソ連の宇宙飛行士ウラジーミル・コマロフの悲劇もどこかに入れてほしかった。進化したジェミニ計画の時代を描く。日本では坂本九の「上を向いて歩こう」が世界的ヒットした時代、みんな文字通り上を向いて歩いていたのだ。上の向こうに宇宙があり、月があった。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2019年2月13日
劇場鑑賞「ファースト・マン」
Excerpt(概要):アメリカ万歳作品ではなく、あくまでニール・アームストロングの視点で“宇宙”を描き切っていたと思います。そのニールを演じたライアン・ゴズリングがとても良かった。表情の演技が素晴らしいのひと言!かなり地味な作りではあるものの、それを“魅せる”作品として昇華しているのはチャゼル監督だからこそ出来たのでしょうね。ドキュメンタリーっぽくもあるので、あまりジェミニ計画やアポロ計画の知識が無くとも劇中できちんと説明してくれているので助かると思います。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2019年2月12日
「ファースト・マン」
Excerpt(概要):宇宙にチャレンジすることのリスクがあまりにも前面に出過ぎていて、もう初めて月面着陸するのが楽しみで楽しみで仕方がない、というようには描かれていない。だからどちらかというと、まだ行くか行かないのかもわからない、訓練時期の描写の方が楽しかったりする。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2019年2月11日
ファースト・マン・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要): アメリカの世紀の栄光の神話に、「英雄」として閉じ込められていたアームストロングを、心に深い悲しみを抱えた一人の父親、一人の夫、一人の人間として解き放った作品かもしれない。アメリカ宇宙開発史をモチーフとした、新たな傑作である。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2019年2月11日
映画「ファースト・マン」
Excerpt(概要):メインとも言える月面着陸のシーン。史実通り、月面着陸に成功するのですが、その初めて月面に降り立ったニールの視点を体感できるカメラワークに息をのみ、月面の風景に心を奪われてしまいました。月って、こういう感じに見えるのかと。
Weblog(サイト)名 : FREE TIME  / Tracked : 2019年2月11日
ファースト・マン
Excerpt(概要):★★★ 宇宙より人間ドラマのほうが多いので少しうとうとする所もありましたが、訓練シーンや、いざ宇宙というシーンはテンション上がりましたね。映像が素晴らしく、リアル感臨場感は半端なかったです。思ったよりもアメリカを前面に出してない所が良かったし、音楽も控えめで特に宇宙での無音のシーンなど映像と音に凝った演出が良かったです。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2019年2月9日
映画『ファースト・マン』
Excerpt(概要):ヒリヒリする場面がいくつもあってセリフが少ないニールがどんな風に思っていたのか想像するしかないんですが雰囲気とか表情とか読めるように演じてて、やっぱライアン・ゴズリング上手い!!全体通して冷静で穏やかな雰囲気なんだけど悲しみとか、緊張とか、感情の振れ幅が大きいところでグッと胸に迫るものがあるのでついほろほろと涙出ます。
Weblog(サイト)名 : よくばりアンテナ  / Tracked : 2019年2月19日
ファースト・マン
Excerpt(概要): 【監督】デイミアん・チャゼル 【出演】ライアん・ゴズリング/クレァ、フォイ/ジェイソン・クラーク/カイル・チャンドラー/コリー・ストール 【公開日】2019年2月8日 【製作】アめリカ 【ストーリー】 幼い娘を亡くした空軍テストパイロットのニール・ァコムストロングは、NASAの宇宙飛行士に応募し選抜される。彼は家族と一緒にヒューストンに移り住み、有人宇宙センターで訓練を...
Weblog(サイト)名 : シネマをぶった斬りっ!!  / Tracked : 2019年2月20日
参照ページ:ファースト・マン

Google Web 象ロケ内




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.