運び屋 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/nutufzked
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:運び屋
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(17)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「運び屋」
Excerpt(概要):単純な展開の中にも見所は沢山あり、面白い作品に仕上がっていると思う。特別捜査官側の捜査のやり取りも人間味が溢れていて面白い。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2019年4月15日
『運び屋』 90歳は運び屋ではない
Excerpt(概要):孤独な老人の深刻な物語でありながら、本作は意外にも明るく楽しい印象だ。主人公がドライブ中に歌う陽気なカントリー・ミュージックやバックに流れるラテン系の音楽がとても効果を上げている。イーストウッドを主人公にイメージして脚本が執筆されたという本作は、ひょうひょうとした主人公の人間性と相まって、一貫してすがすがしさが漂う心地好い映画になっている。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2019年4月15日
運び屋
Excerpt(概要):★★★★ 人生は一度切り、まわりに迷惑をかけようが、自分の好きな様に生きていくと決めていた男が、最晩年に家族の大切さをしみじみと感じる様になるお話で、ホント、都合良い爺さんなんですが、これはね、もう全く憎めません。とにかくね、センスが良いんですよ、センスが!イーストウッド映画の不思議な魅力っていうのは、これからもっともっと研究されていくんじゃないかな。
Weblog(サイト)名 : ごみつ通信  / Tracked : 2019年3月30日
『運び屋』予測不能
Excerpt(概要):★★★★ 老いも若きも元気になる映画。ブラッドリー・クーパーのカッコ良さもハンパ無かった。お年寄りが元気な映画を観ると、頑張らなくちゃって思えるよね。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2019年3月25日
映画「運び屋」
Excerpt(概要):改めて麻薬を売りさばこうとする人間にロクなのがいないという事が、この映画を観ても、よくわかります。その誘惑に乗ってしまったアールというのは、きっと欲望に正直な人間なのだと思います。これまで頑張ってきた仕事で成果を得る事が出来なかった彼にとって、荷物を運ぶだけで高額な報酬を得る事が出来た分、中身が何なのかなど、どうでもよかったのでしょうね。
Weblog(サイト)名 : FREE TIME  / Tracked : 2019年3月17日
「運び屋」
Excerpt(概要):★★★★★ 観終わって感じるのは、ここ数十年のイーストウッド作品にしばしば登場する、“贖罪”というテーマがこの作品でもきちんと描かれていた点である。それ以外にも、随所に過去のイーストウッド作品を思わせるシーンがあるのも見逃してはいけないだろう。そういう点でもこの作品は、クリント・イーストウッド監督の、「グラン・トリノ」に匹敵する集大成的作品だと言えるだろう。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2019年3月17日
「運び屋」☆伊達男の欲しかったもの
Excerpt(概要):お話はシンプルなのに、様々なシーンでクスクスと笑えたり、ひやひやしたりとのんびりした中にも緩急が付けられている。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2019年3月14日
『運び屋 THE MULE』('19初鑑賞20・劇場)
Excerpt(概要):★★★★★ 重い実録サスペンスかなと思いきや、ユーモアもあり、非常に楽しめた作品でした。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2019年3月13日
運び屋・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ 現実にはこんな甘くないよと思いつつ、キャラクターの説得力で成立させてしまうのがイーストウッドの凄さ。本作は彼の俳優人生の集大成であり、アールのキャラクターには過去に演じてきた様々な役が重なって見えるがゆえ、幸せに終わって欲しくなる。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2019年3月12日
『運び屋』 男が惚れる男
Excerpt(概要):おもしろいのは麻薬組織の人間のほうがアールのペースに巻き込まれていくところ。麻薬組織の体制は少しずつ変わっていき、友好的な関係からギスギスしたものとなっていくが、アールはほとんど態度を変えることはない。老いてもなお男が惚れるような男がアール=イーストウッドなのかもしれない。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2019年3月12日
映画「運び屋(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★★ 拒んでも老いはやって来る。だから、自然に老いを楽しみながら、最期まで自分の生き様を全うしようとする老人のユーモラスでカッコ良い姿を見せ付けられた本作。主人公にとって、マフィアにとって、警察官にとっての “家族の在り方” の対比も面白い。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2019年3月12日
運び屋
Excerpt(概要):★★★★ イーストウッドが演じている役なので、もっと重厚な役かと思ったら、意外に軽くて明るい人。他人にいいところを見せつけたくて、見栄を張っちゃたりするところは笑えるし。それでいて、家族との絆というもう一つのテーマは、しっかりと描かれていた。説明的なセリフなしに、ちょっとした仕草や表情で、主人公が過ごして来た歳月を感じさせるのは、まさに円熟の演技としか言いようがない。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2019年3月10日
劇場鑑賞「運び屋」
Excerpt(概要):自分の中ではやはり…イーストウッド監督作品にハズレ無しかな〜今作もめちゃくちゃ良かった!家族の大切さを訴える、心に沁みる素晴らしい作品だったと思います。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2019年3月10日
映画『運び屋』☆家族のことは“オフロード”のお爺さんの着いた先(^^)/
Excerpt(概要):ショボクレそうな事情があっても頑固な強さが、頼もしくもあってただ運ぶ=運転するだけのシーンであっても飽きさせない魅力は、素晴らしい!引退?したと思っていたイーストウッドが高齢だからこそ演じられる役で、魅せてくれてよかった。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2019年3月10日
運び屋
Excerpt(概要):★★★★★ 奇想天外な物語なのだけど、これが実話だから驚いてしまう。もう格好良すぎるじゃないか。90歳にして仕事も女も現役とはすごいもんだ。肝が座っていて、悪者よりも落ち着いている。こんな老人になりたいもんだ。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2019年3月8日
#運び屋
Excerpt(概要):麻薬取締局の大々的な包囲網にとうとう捕捉されてしまう。つかまったクリントは裁判にかけられそこで、クリントの実の娘であるアリソン・イーストウッドが演じていたアイリスのひとこと。これが爆笑ポイントでこの映画の白眉と言えるセリフだった。面白い。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと / Tracked : 2019年3月6日
『運び屋』:ベテランによる手慣れた話芸 @試写会
Excerpt(概要):★★★★ 自分勝手なハートウォーミング話みたいな感じがして、お尻がむずがゆくなっちゃう。ということで、ベテランによる手慣れた話芸だけれど、それ以上の面白さがないともいえる。
Weblog(サイト)名 : キネマのマ〜りゃんひさ映画レビュ... / Tracked : 2019年3月5日
参照ページ:運び屋

Google Web 象ロケ内





象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.