アクアマン : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/loukjjmrf
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:アクアマン
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(19)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
アクアマン
Excerpt(概要):★★★本作は海の中の映像(CG)は良く出来てて、そこは良いですよね、キスしながら360度とか。水の中というより宇宙みたいな風に感じたりもしたけど。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2019年7月3日
『アクアマン』を109シネマズ木場8で観て、
Excerpt(概要):★★ウィレム・デフォーは燻し銀的な立ち位置だが、もっとガンガン行ってもらいたい。良かれ悪しかれ世界を変える男の方が似合うと思うのだ。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2019年5月15日
「アクアマン」:ベルマーレのキングベルでは? #アクアマン #キングベルT世
Excerpt(概要):暗さが身上のDC作品にしては、やけに陽性で豪放磊落な作品でした。全篇にわたってアクションに次ぐアクションの143分なので、疲れてしまいます。でもバカバカしさに突っ込む楽しさはありますね。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2019年3月5日
モモアと伝説の海 ジェームズ・ワン 『アクアマン』
Excerpt(概要):ディズニーっぽいアメコミ映画だと感じました。きらびやかな背景に神話っぽい設定、王家のいざこざに快活な主人公、狡猾な悪役、多くの試練に胸躍る冒険… そういったあたりが。怪獣や様々な海の生き物、スタイリッシュなガジェットなどもいちいち心つかまれましたが、実は自分が一番心惹かれたのはアクアマン父の純情だったりします。消えた妻を思って毎日桟橋に出てるとか、そういう話に弱いんです。「こ、こんなバカ映画で…!」と思いつつたらたらと鼻水が流れてしまいました。
Weblog(サイト)名 : SGA屋物語紹介所  / Tracked : 2019年3月4日
アクアマン
Excerpt(概要):★★★★ この映画の良いところは、面倒くさい人間ドラマが皆無なところ。前編、水中アクション、バトル、そして観客が飽きない様に地上戦も加えて、アクアマンの名前がアーサーだけに、「王様の剣」のシーンを恥ずかしがる事もなく(笑)加え、私の大好きなクリーチャー系もたくさん登場!水中を描いたCGも見事です。タツノオトシゴやシャークでの騎馬戦とか、蟹王国軍団とか、何だかめちゃくちゃ楽しいんですけど〜〜!な気分で鑑賞出来ました。
Weblog(サイト)名 : ごみつ通信  / Tracked : 2019年2月24日
「アクアマン」
Excerpt(概要):★★★★ これは楽しい!いまどきはSFX(特殊撮影)慣れしてしまって、特撮映画であんまり驚かないが、もっと素直に「すごい!」と言っていい作品だよなあ、と思う。水中での、これほどのアクションを、それほど見たことがないせいもあろうけれど、海の中ではこんな世界がありましたとさ、みたいな、おとぎ話を楽しむようでもあり、おもしろい。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2019年2月19日
アクアマン
Excerpt(概要):★★★★ 圧倒的な怪力を誇るアクアマンの獅子奮迅の戦いぶりや、巨大モンスターが入り乱れる大バトルがダイナミックに描かれていた。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2019年2月18日
『アクアマン』 見た目はヒールなヒーロー
Excerpt(概要):物語は海のなかの七つの国を巡ったり、なぜか空を飛んでみたり、シチリアで大暴れしてみたりとあちこちへと飛ぶ。それぞれ独特の世界観を持つ七つの国の造形はそれなりに見せるし、謎解きもあって盛りだくさんな内容だった。さすがに140分は長すぎだけれど、楽しめる作品になっている。  
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2019年2月17日
「アクアマン」☆王道ヒーローはツッコめてなんぼ
Excerpt(概要):映画を観るのも結構体力を使うものなのだと気付いた作品。王道すぎるヒーローアクションを楽しくツッコむのも、実は余裕がないと出来ない事。3分の1は寝てしまったからね…海の中の描写は最初から最後まで感心しきり身体がふわりと泳いでいるかんじは吊るしても出来そうだけど、髪の毛の水中のかんじが本当に見事!!泳いでいる様子も本当にうまくて、CGも素晴らしい〜。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2019年2月17日
『アクアマン』 世界は英雄を待っている
Excerpt(概要):『アクアマン』は面白い物語のお手本だ。もちろん、現実にはどこからともなく英雄が現れて世界を平和にしてくれるなんてことはない。だからこそ、この映画が必要だ。私たち一人ひとりの心の中の英雄を育むために。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2019年2月17日
映画「アクアマン[IMAX3D・字幕]」感想
Excerpt(概要):単なるヒーローものではなく、アーサー王子(!)の王位継承争いに伝説の武器を探すファンタジー要素あり、怪獣映画の要素もありのお楽しみ仕様。それに加えてIMAX3Dは初めて「アバター」を観た時を思い出させる圧巻の海底世界を満喫出来る。アクアマン演じるジェイソン・モモアの存在感。脳筋の多いマーベルの中でもど真ん中の一直線、何でもパワーでぶち抜いていくタイプ。あのひ弱な美少年がどうしてこうなった!的な自虐的なギャグまで盛り込んで楽し過ぎる。
Weblog(サイト)名 : 帰ってきた二次元に愛をこめて☆  / Tracked : 2019年2月15日
『アクアマン』('19初鑑賞11・劇場)
Excerpt(概要):★★★★★ スピード感ある展開、アトランティス海底都市や海の種族たちの独特なビジュアルにわくわくしっぱなしの2時間20分の長尺な上映時間が全く苦にならない作品でありました。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2019年2月13日
アクアマン
Excerpt(概要): 何だか訳わからん。いくら何でもあまりに現実離れし過ぎていてついて行けないのだ。アクション映画としても物足りない。キッドマンのみならず、各国の錚々たる俳優が出ているのだけれどもったいない。特にアクアマンがサメに乗馬するような格好で出て来るのはいくら何でも格好良いものではないというか、陸上じゃないんだから水の抵抗で無理だろうというか。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2019年2月11日
映画『アクアマン』☆水陸両用の海の覇者!カッコイイ(^^)/
Excerpt(概要):海中の王国同士のゴタゴタあり陸に上がっての丁々発止ありバトルも、水陸両用☆特にゴボゴボブクブク&ゆらゆらした青い海中でのアレコレは目新しい別世界を、楽しめます!。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2019年2月11日
アクアマン
Excerpt(概要):★★★★ DC作品はマーベル作品に比べると地味なイメージなんですが、アクアマンはなかなかの派手さがあってよろしかったかと。海底のシーンが多く、海の中で髪がなびいてる感じが本当に海の中で撮影してるんかと思えるほどリアル、しかも海中が美しい。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2019年2月10日
劇場鑑賞「アクアマン」
Excerpt(概要):エンタメ要素全部盛りで、非常に面白かった!!海底の映像は細部まで描き込まれていて、とてもとても綺麗で…もうね、こんな映像を観たことがないです。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2019年2月10日
アクアマン・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★★ 面白いのは、古典的な構造を使いながら、テーマ的なモダナイズはあえて行わず、なんでもアリのファンタジー映画としてそのまま昇華していることだ。エンターテイメントとしての割り切りがものすごく潔い。海の神話の再構築である本作は、まさに鉄板の安定感で調理され、刺激的なスパイスで味付けされた豪華フルコース。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2019年2月9日
映画「アクアマン(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★ 海中の戦闘シーンの迫力、美しい水中映像は2Dでも堪能出来る!地上と海底の世界を描き、まるで数本のSF大作をくっつけたような壮大な設定なのだが、全体が1つの流れになっていると言うよりも、幾つかの「章」が組み合わされて構成されている印象が強かった。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2019年2月8日
「アクアマン」@109シネマズ川崎
Excerpt(概要): まるでアクション映画を2〜3本分を1本の映画に詰め込んだ様な豪華な映像作品であるが、アクションシーンばかりが際立ちドラマが薄い。やはり映画というものは、ドラマがあってアクションが盛り上がるのだが、本作はアクションのつなぎにドラマがある様な構成なので、何か映画としてのカタルシスを感じられなかった。
Weblog(サイト)名 : 新・辛口映画館  / Tracked : 2019年2月3日
参照ページ:アクアマン

Google Web 象ロケ内





象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.