アリータ:バトル・エンジェル : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/lgrrwplui
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:アリータ:バトル・エンジェル
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(15)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
アリータ:バトル・エンジェル
Excerpt(概要):★★★ なかなか面白かったですよ。アリータの正体がわかるところのカタルシスも良いし、アリータも魅力的なので、楽しめました。とにかく特撮映画のお好きな方は文句なく楽しめると思いますよ。
Weblog(サイト)名 : ごみつ通信  / Tracked : 2019年3月14日
「アリータ バトル・エンジェル」:いきいきCG少女 #アリータ #バトル・エンジェル
Excerpt(概要):猛スピードとド迫力のバトルが見どころになっています。後半、ボディを取り替えて大人になったアリータ。その顔がきちんと(そして微妙に)成長しているという芸の細かさには、拍手です。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2019年3月6日
アリータ:バトル・エンジェル〜SF版蜘蛛の糸?
Excerpt(概要): アリータ役のローサ・サラザール、実物人間なのかアニメなのかよう分からん。本人も目が大きいのだけれど、いくら何でも目がでかすぎるだろう。実写とアニメの境界線がよう分からん。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2019年3月5日
アリータ:バトル・エンジェル
Excerpt(概要):アリータのアイデンティティの模索というか描写が少し足りなかったような点もありますが、それを補うパワーというか、機甲術(パンツァークンスト)のハイスピードアクションもカッコ良かったですし、クズ鉄町のビジュアルなんて特に壮観だったのでとても見応えがあった次第です。
Weblog(サイト)名 : シネマをぶった斬りっ!!  / Tracked : 2019年3月5日
『アリータ:バトル・エンジェル』('19初鑑賞15・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ 映像が非常にきれいです。物語展開は非常にスピーディーで、飽きる暇はない。個人的には、冒頭はもうちょっと展開ゆっくりでも良かったんちゃうかなとは思います。クリストフ・ヴァルツの父性を感じさせる芝居は良いですねぇ。正直、無難な出来。印象に残るのは、アリータの造形美。これは!と言った驚きみたいなものは感じられなかったですね。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2019年2月27日
「アリータ:バトル・エンジェル」
Excerpt(概要):★★★ 映画自体も好きなほうではある。観ている間は、おもしろかったです。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2019年2月26日
映画「アリータ:バトル・エンジェル[IMAX3D・字幕]」感想
Excerpt(概要):大まかなストーリーは原作通り。それを映画という見せ方に合わせるように再構成している。細かい設定が異なるのも、漫画と実写との作り方の差を思えば許容範囲。何よりも原作へのリスペクトがあるのがいい。観ているといたる所にそれが感じられる。「銃夢」の世界を如何にしてスクリーンに再現するか、ただ再現するのではなく如何に魅力的な映画にするか、実に良く考えられている。いやあ、実に満足度の高い映画。
Weblog(サイト)名 : 帰ってきた二次元に愛をこめて☆  / Tracked : 2019年2月26日
アリータ:バトル・エンジェル
Excerpt(概要):★★★★ サイボーグ少女のアリータと、彼女の命を狙う敵の息もつかせぬ大乱闘が繰り広げられる。目視できないほどのスピーディかつド派手なアクションと、360度カメラが回転する驚異の映像は異次元レベル。そして、愛からの嫉妬とエゴ、アリータとともにこの世界を体験するうちに、鮮やかに感情を映し出す彼女の大きな瞳に、すっかりと魅了されてしまった。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2019年2月26日
『アリータ:バトル・エンジェル』 「上の世界」に行かないの?
Excerpt(概要):パンツァークンスト〈機甲術〉と呼ばれる古武術を使うアリータのアクションが見どころ。ハンター・ウォーリアーたちのたまり場での乱闘とか、モーターボールでのローラースケートを履いた闘いはなかなか楽しめる。この作品自体は序章的な扱いで、「上の世界」と「下の世界」というディストピアものなのにも関わらず、「上の世界」にたどり着く前に終わってしまうのが拍子抜けだった。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2019年2月24日
アリータ:バトル・エンジェル
Excerpt(概要):★★★★ 物語や設定を全く知らないまま進んでいくんだけど置いてかれることもなく楽しめる。アリータが可愛くて強くてカッコ良くてどんどんこの世界に引き込まれていきました。顔はCGアニメのようでもあるんだけど生身のようでありCG処理の境目がわからないのもすごい。映像は本当にきれいだし2Dでも立体感がある。これまでのキャメロン監督作品での最新技術の集大成的な映像技術ですね。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2019年2月23日
劇場鑑賞「アリータ バトル・エンジェル」
Excerpt(概要):漫画の実写化というのはこういう風にやるんだというお手本を見せてくれる作品でした。邦画は見習ってくれないと!!いろいろと謎だらけで終わっているので、是非とも続編を作って欲しいところ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2019年2月23日
アリータ:バトル・エンジェル
Excerpt(概要):新しいタイプのSFアクション大作の誕生である。「アバター」ほどの衝撃ではないけど、最初から強い少女は、徐々に人間的な感情を身に着けていく。それは悲劇を生むけど、続編が期待できる終わり方だったのがいい。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2019年2月23日
アリータ:バトル・エンジェル・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ 映像の出来は文句無しの仕上がりで、なんでもアリのバトルゲーム、モーターボールのシークエンスの迫力は漫画を超えているし、アリータが使う火星の格闘技「機甲術」も説得力十分のカッコよさ。クリストフ・ヴァルツはじめ、人間が演じているキャラクターの再現度も高い。不満の残る部分もあるが、てんこ盛りのエンターテイメントとして、満足できる作品になっている。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2019年2月22日
「アリータ:バトル・エンジェル」やっぱり見たこと無い映像だったわ!
Excerpt(概要):まあ予想の遥か斜め上を行くようなトンデモ映像と誰も見たことが無いような世界観に、先ず圧倒されます。そして、ストーリーもとても魅力的。アクション、親子愛、男女の駆け引き、ラブロマンス、悲劇、そして覚醒…。ヒロイン“アリータ”をはじめ、登場するキャラクターそれぞれが抱える内面も、キチンと描かれていて、ただのアクションSF映画で終わらない仕上がりになっています。
Weblog(サイト)名 : シネマ親父の“日々是妄言”  / Tracked : 2019年2月22日
映画「アリータ:バトル・エンジェル(3D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★★ 主人公・アリータの造形が素晴らしい。SFアクション映画で泣いたのは『ターミネーター2』以来…アリータ最大のピンチが訪れるが、その時のアリータの大きな瞳の中に見える闘志に、恥ずかしながらオジサンは泣いてしまった。今作の異次元未来空間の意匠の素晴らしさは、過去最高と言っても良いと思う。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2019年2月13日
参照ページ:アリータ:バトル・エンジェル

Google Web 象ロケ内




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2019 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.