屍人荘の殺人 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/leusktcjfl
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:屍人荘の殺人
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(7)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
屍人荘の殺人
Excerpt(概要):★★★物凄くライトノベル臭のする作品設定なんだけど、原作は普通の小説のようですね。というか、そもそもウイルス・ゾンビ設定自体がミステリーでは「いや待てそれはない」要素なので、明智とか、バスのお婆さんとか、名探偵を意識した作品設定に、合わない人は合わないでしょう。私も横溝正史の金田一シリーズが大好きな方だから、前半の学園ミステリと、中盤からのゾンビミステリ&殺人ミステリに、正直、この原作小説の趣向が違うと言われればそれまでなんだけど、心から面白かった!とは、到底言えないモヤモヤがありますね。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2020年6月19日
屍人荘の殺人
Excerpt(概要): 不気味なペンション【紫湛荘】で起こる殺人事件に、重苦しい空気はつきものだが、カラッとした笑いや、小ネタが散りばめられていて楽しい。それに、極限状態でもお人よしの葉村こと神木さんが、名推理で解決する。そして、上から目線が可愛いすぎる剣崎こと浜辺美波の、事件のインパクトに負けないくらいチャーミングな、キャラからも目が離せませんでした。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2019年12月26日
屍人荘の殺人
Excerpt(概要):★★★ 物語は面白いんだけどなんかいまひとつ。テンポが悪いのかな。神木くんはいつも見る安定キャラだけど、そこに浜辺美波ちゃんがいることで面白くなりましたね。キャラもちょっと変わってて面白かった。ツッコミを入れられてぐぅ〜ってなるの可愛い。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2019年12月21日
屍人荘の殺人
Excerpt(概要): ホラーでもシリアスなドラマでもなく、あえて言えばお笑いホラーなのか。豪壮な別荘の中での対決なのだけれど、何かどこかで見たようなパターン。メンツから見ても最初から怖くないのは分かり切っている。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2019年12月19日
映画『屍人荘の殺人』キャスティングが魅力の犯人さがし
Excerpt(概要):犯人捜しのミステリーをソコソコ楽しみながらもキャスティングが妙で、見入った印象です。犯人さがしは、すごく気になってましたのでとりあえず、観てよかったです。キャスティングで、魅力度が、アップしていると思います。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2019年12月18日
『屍人荘の殺人』閉!へーーい!!
Excerpt(概要):★★★ トリックよりも映像を見る作品。個人的には、あまり緊迫感は無かったけれども、現実にこんな事になったらイヤだなぁという妄想は働く。そして、とにかくキャストを見る作品。個人的には中村倫也を見に行ったのだけれど(あ、神木隆之介くんも)、浜辺美波にやられて帰ってきた。めっちゃ魅力的。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2019年12月17日
屍人荘の殺人
Excerpt(概要):★★★ コメディとしてみると、実によく出来ている。まじめになって見る映画ではない。どこか抜けている葉村が面白いし、剣崎も普通の女子という感じだ。難事件を次々と解決しているふうには思えないけど、なんとかなるので安心である。可もなく不可もなくという出来だ。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2019年12月14日
参照ページ:屍人荘の殺人

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.