パラサイト 半地下の家族 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/gnepducoi
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:パラサイト 半地下の家族
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画『パラサイト 半地下の家族』“臭い“〜インパクトがこびりつく
Excerpt(概要):思わぬ展開に、ドキドキしながら目が離せなくなってきた。邸宅に入り込んだ家族に降ってわいた出来事のてんやわんや。以前、韓国映画で感じた“エぐみ”は、覚悟していたけれど本作のキモは、“臭い“かも。インパクトが、こびりついてくる。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2020年3月10日
パラサイト 半地下の家族
Excerpt(概要):★★★★★ 裕福な家族と貧乏な家族の争いという感じもあるけど、裕福な家族に寄生してなんとかのし上がろうとする争いだ。血みどろのやり合いはやりすぎな感じもするけど、この監督ならありえる内容だった。韓国社会の格差社会の実態を浮き彫りにしているようで、映画としては完成度が高い。でも、どこか現実離れしていてファンタジーみたいな雰囲気もある。どんなに貧しくても心はきれいでいたいなあと思った。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2020年2月4日
「パラサイト 半地下の家族」
Excerpt(概要):面白かった。見応えあり。積み木を積むような階層的パラサイト。そこにはジェンガのように、どの木を抜いたら崩れるのかのドキドキがある。このいくつかの種類のハラハラドキドキと、クライマックスの高揚感とは、ベタだけれどとても良い。そしてこれは、地上の豪邸と半地下と本当の地下、という階層が、人間の考え方や生き方にまで影響を及ぼす構造なのだと断じている。これはよくよく考えてみたら、恐ろしいことなのかもしれない。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2020年1月24日
パラサイト 半地下の家族
Excerpt(概要):★★★★★ 物語のテーマをセリフやストーリーで説明するのではなく、視覚的に語ってしまう新しい映画的な表現が素晴らしい。それに、貧困家族の環境からなる体に染みついた匂いである。匂いが階級と結びついていることが、とてもユニークで鋭い洞察でもあります。この映画の中では、さまざまな角度から我々に、階級社会に対するメッセージを理解させてくれる。ポン・ジュノ監督は、彼ならではの、とても奇妙で、ナンセンスなドラマとして、我々に見せつけ考えさせる。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2020年1月20日
パラサイト 半地下の家族 Parasite(Gisaengchung)
Excerpt(概要):★★★★★ 映画の随所に使われている「下り階段」が大変印象的で、ある種のメタファーの機能を映像面でうまく表現出来ていた。よく出来た脚本、ナイスなキャステイング、凝った映像表現、これはパルムドールも獲るわという出来だった。配役ではやはりソン・ガンホが素晴らしい。表情の演技がいい。また富豪の奥さんを演じたチョ・ヨジョンの出来が良かったと感じた。
Weblog(サイト)名 : 映画!That' s Entertainment  / Tracked : 2020年1月20日
パラサイト 半地下の家族
Excerpt(概要):★★★★ ビンボー家族の住み家は半分地下で、しかもトイレの便器の床よりもさらに段下。格差社会というよりも段差社会な感じだ。社長夫婦はお金持ちというだけで、偉ぶってもいず、品があって、どうしても惨たらしい目に遭う必然性がない。なのになぜあんな目に遭わなきゃいかんのか。確かに豪邸の広い芝生に子供がテントを張るのは名状しがたい孤独感を描いているようで、ある意味子供は家庭の中にある“嫌な臭い”を感じているようなのだ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2020年1月16日
「パラサイト 半地下の家族」
Excerpt(概要):★★★★ パラサイトの複層構成といい、高台と半地下、そして…の対照といい、お話的には、だいたい、お見事としかいえず。笑いも入れてくるのがいい。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2020年1月16日
映画「パラサイト 半地下の家族(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★ 全体の構造は『8時だョ!全員集合』みたいな中身が見えるように建てられた巨大な家で起こる日常を描いたドタバタコメディを客席から覗き見るようなカタチです。今の韓国の若者たちが次々と諦めざるを得ない「N放世代」である厳しさや、格差の拡大が止まらない韓国社会の切実さは、えげつない程です。ニュートラルに韓国の格差社会を “覗き見る” くらいが丁度良いと思います。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2020年1月12日
パラサイト 半地下の家族・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★★ この映画が描き出す現代社会のダークサイドは、こちらの想像の斜め上を軽々と超え、遥かにディープ。本作のパク家の人々がアメリカかぶれなのも、資本主義の格差社会の象徴としてのイメージなのだろう。この深刻かつ身近なイシューを、驚くべき未見性を秘めた極上のエンターテイメントに仕上げてしまうのが、流石のポン・ジュノ。ぶっ飛んだ映画ではあるが、決して絵空事と言い切れないのが恐ろしい。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2020年1月9日
参照ページ:パラサイト 半地下の家族

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.