ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/gjpohgzsm
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(7)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ストーリー・オブ・マイ・ライフ/私の若草物語 Little Women
Excerpt(概要):★★★★★ キャスティングは文句なし。結婚に女性の幸福を求める長女のエマ・ワトソン、姉妹の手本であり、旧タイプの女性としての存在の母親ローラ・ダーン、など出演者はどれをとってもハズレ無し。メリル・ストリープの存在も大きい。この映画は女性を描いたものといえるのだが、メリルの表情による感情の演技はちょっと真似が出来ない高等さがある。全体に薄暗い画面が続くがこれは1860年代の時代の雰囲気の演出だったのだろう。またキャメラワークも登場人物の豊かな表情を良いアングルで捉えていたと思う。
Weblog(サイト)名 : 映画!That' s Entertainment  / Tracked : 2020年10月24日
映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』彼女たちの生き様にくぎ付け!
Excerpt(概要):おとぎ話に夢見るのも、楽しいですが生活感のある話も、共感や教訓があって、面白いです。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2020年9月6日
「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」
Excerpt(概要):「若草物語」は嫌いなのである。本作を観る事に大層逡巡し、きっといい作品だということは想像はついていたけれど、なかなか観に行くことができなかった。結局鑑賞時には、ボロボロ泣いたし、ロマンチックな気持ちにもなった。だが、恐れていた通り心が切り刻まれた気分にもなった。だから、観るのが辛い作品であったが、そうであったとしても素晴らしい作品であったことは間違いない。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2020年7月28日
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』をトーホーシネマズ日本橋1で観て、
Excerpt(概要):★★★★ 前後ひっきりなしに行ったり来たりする構成が分かりづらく煩わしい。それはつまり、これが『若草物語』という基本設定を知った上で見る構成になってしまっているという事であろう。話を知ってて二巡目の人は楽しみが強い。一巡目の人はちょっと話に翻弄されてしまう。この辺はちょっと悩ましいところ。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2020年7月15日
ストーリー・オブ・マイ・ライフわたしの若草物語
Excerpt(概要):★★★★ 四人四様のキャラクターがそれぞれに引き立っているのは、脚色も自ら手掛けたグレタ・ガーウィグが映画化。大人へと成長する少女たちの軌跡を振り返り、その心模様を丁寧に描いている。運命を自分で切り開く女性像を見つめたドラマは、現代の女性にもしっかりと響いている。グレタ・ガーウィグ監督の繊細な演出はもちろんのこと、若き実力派女優陣のはつらつとした演技も見ものです。
Weblog(サイト)名 : パピとママ映画のブログ  / Tracked : 2020年7月7日
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
Excerpt(概要):★★★ 困ったことに猩紅熱が流行っていて、どうしても今の新型コロナウィルス禍と重なってしまう。予防法も、患者との濃厚接触をさける。うがい、手洗いなどの励行だそうで、重なり過ぎだろう。大体、本作の雰囲気、「高慢と偏見とゾンビ」によく似てるなあと思った。同じ19世紀、美人がたくさん出て来るし。本作はアメリカ映画なのにイギリス映画風なのも19世紀だからだろう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2020年6月23日
ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★★ 今よりもはるかに、女性が自由に生きることが難しかった時代。四姉妹それぞれが、思い通りにならない人生の現実に翻弄される第二部を物語のベースとし、ジョーを語り部に記憶としての第一部を描く構造とすることで、オルコットが本当に描きたかった物語が見えてくると言うわけ。面白いのは“現在=現実”は冬の季節で寒色基調、戦時下でも家族皆が幸せだった“少女時代=フィクション”は暖色基調で描かれていること。現在の基準に当てはめて単純に否定して蓋をするより、作品が作られた時代背景や問題点を知らせつつ、アクセシビリティは確保される方が文化として健全だと思う。めちゃめちゃ面白い映画であることは確かだ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2020年6月14日
参照ページ:ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2020 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.