アキラとあきら : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/eecxdleufu
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:アキラとあきら
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(3)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画『アキラとあきら』銀行員の“やりくり”に熱いモノが残る!(^^)/
Excerpt(概要):イケメン2人がメインを張りますが恋愛要素ないのが、良き。お仕事に特化し現実味を帯びて、身につまされもしますが熱いモノが残りつつなんか、がんばれそうな元気をもらいました。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2023年1月25日
『アキラとあきら』をユナイテッドシネマ豊洲2で見て、
Excerpt(概要):★★★★役者がいっぱい出てきて、それぞれの出番をちゃんとこなすような、こういう映画は好き。竹内涼真のアキラはビジネス寅さん。でも、この映画で一番感心したのがユースケ・サンタマリアと児嶋一哉。堂々と情けない男を演じ切る。こんな魅力的にダメな男、生粋の役者でいないんじゃなかろうか。もう腐りきって感情まで抜け落ちたようなユースケ・サンタマリアと、常に被害妄想的な児嶋一哉が最後には生き残るために、今まで敵対していた甥の横浜流星・あきらの手を取る所は中々感動した。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2022年12月30日
「アキラとあきら」
Excerpt(概要):全体的にのっぺりとした感じ。若き2人のエースのお話なのに、高揚感に欠ける。この手の話に高揚感を期待する方がおかしいのかもしれないが、池井戸潤の他の作品にはもう少しあったはずだ。印象に残らなかったと言ったはずだがあまり大したことないという印象は残っていた。そしてそれ以上でもそれ以下でもなかった。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2022年12月23日
参照ページ:アキラとあきら

Google Web 象ロケ内




象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2023 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.