マティアス&マキシム : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
https://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/cksuxvunlk
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:マティアス&マキシム
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。→トラックバック依頼
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(1)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「マティアス&マキシム」
Excerpt(概要):マキシムの描き方もとても丁寧である。自己のアイデンティティ、母親の世話をすることによって生じる家族との…つまりは自己との…軋轢。家族に翻弄されるということは、つまりは自己の出自も含めた自分自身との軋轢となる訳だ。こういう事が、非常にそつなく描かれている。流れに任せて生きてはいるけれど、その流れがある日逆流したり、自ら棹さしてしまったりして同じ場所をぐるぐる回ってしまったりすることはよくあることである。その痛みや戸惑いが、後から振り返ると確かに青春であったと気付くそういう感じだ。だから私は、この作品をマティアスとマキシムの恋愛模様などではなくて、彼らの青春譚であると認識した。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2020年10月26日

トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。

こちらのコーナーで皆さんのページをご紹介いたします。

「本格的な映画論評」から「気ら〜くなちょっとした感想」まで皆さんのトラックバックにお応えいたします。

ブログに限定せず、全てのサイトに対応しています。







象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2021 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.