いつまた、君と 何日君再来 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/zvlxwycdtw
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:いつまた、君と 何日君再来
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(4)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
いつまた、君と 何日君再来
Excerpt(概要):★★★ 衣食住もままならない戦後の動乱期を生きた一組の夫婦、家族を養い、苦労を重ねながらも、夫婦で協力して力強く生きる姿が描かれています。苦しい生活の中でも楽しい思い出がいっぱいあったことがうかがえます。6月13日に81歳で死去した野際陽子さんの遺作となります。病床の祖母を演じているので、現実が重なっているような感じがしました。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2017年7月10日
いつまた、君と
Excerpt(概要):★★★ 物語全体に起伏が乏しく、NHKの朝の連続TV小説のような雰囲気の作品です。映画に大きな盛り上がりが見られないのが残念な気がしました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年7月3日
ショートレビュー「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)
Excerpt(概要):★★★ 「人に歴史あり」という言葉を具現化した様な作品で、企画性自体が非常に面白い。手記の構成ゆえにドラマ的な軸が弱く抑揚に欠け、「こういうことがありました」は描かれるが、それが具体的にどんな影響を及ぼしたかは具体性に乏しい。昭和の時代に想いを馳せる114分だ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年6月29日
いつまた、君と〜何日君再来〜 〜覆い続ける南京の影
Excerpt(概要):★★★★★ 全編を通じ、吾郎にはいつも「俺はこんなところで何してるんだろう」感がこびりついている。輝いていたのは最初のデートシーンのみだ。公式サイトで俳優の佐藤二朗の「こんなにも運に見放され、こんなにも何も成し得ず、こんなにも全てうまくいかず、こんなにも素晴らしい人生を、僕は初めて知った」というコメントが本作の全てを現わしているように思える。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年6月27日
参照ページ:いつまた、君と 何日君再来

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.