セールスマン : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/zulyynxue
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:セールスマン
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(11)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
セールスマン
Excerpt(概要):★★★★ イランって国の現状やお国柄がわからないとなかなか分かりにく映画だったな。この映画って戯曲「セールスマンの死」と今のイランの現状を重ねているだと思うけど、やっぱりわからない人間にとっては難しいな〜って思う。でも、モラルとは何か、法って弱い見方をしてくれているものなのか!って思ってしまう映画だったな〜なかなか奥の深い映画だった。
Weblog(サイト)名 : C’est joli ここちいい... / Tracked : 2017年11月3日
「セールスマン」:人間の謎と複雑さ
Excerpt(概要):イラン社会を想像しながら観るべき部分もないではないですが、全体的にはむしろ普遍的な問題を描く作品となっています。現代を映し出すテーマは、「復讐は互いを傷つけ、何もよい物を生み出さない」ということ。終幕で示される復讐の無意味さは、観る者の深い所にまとわりつきます。それは「目には目を」の社会への訴えかけとなっています。それを示した所に、ファルハディの姿勢を感じ取ることが出来る作品だと思います。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年7月20日
映画『セールスマン』☆タイトルが『セールスマンの死』でないのがミソかと
Excerpt(概要):“結末”への運び方がスゴイ!女性が、男性に襲われた“事件“の犯人捜しをサスペンスの様相で、引き込みながら襲われた“恨み“の行く先をドラマチックに、そう見せるか!という展開が、とても面白かった!
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2017年7月11日
セールスマン
Excerpt(概要):★★★★ 感情表現にひきつけられる映画です。みんなの言い分がわかるし、それほど悪い人がいるわけでもないのに、ふとしたきっかけで、日常が変わってきてしまうことを思い知らされました。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2017年7月9日
セールスマン
Excerpt(概要):★★★★ 本作の特色といえるのは、全体が、戯曲『セールスマンの死』の上演と関連付けながら描き出されている点であり、大層考えられた構成になっています。『彼女が消えた浜辺』でその美しさに圧倒されたタラネ・アリドゥスティの、ほぼ10年後の相変わらずきれいな姿を見ることが出来たのは、願ってもないことでした。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年6月30日
『セールスマン』 増幅される不安
Excerpt(概要):日本社会にいると気がつかないけど、性的な問題に厳しい戒律のあるイスラム社会では挑戦的な映画づくりだと思う。わかりやすい起承転結でなく、これからエマッド、ラナはどうなるのかと観客も不安させて終わる。
Weblog(サイト)名 : Days of Books, Films  / Tracked : 2017年6月26日
セールスマン
Excerpt(概要):静謐で重厚な人間ドラマといったところで、期待を裏切らない作品だった。夫も当初は犯人に償わせるために犯人捜しをはじめるも、何時しか事件の恐怖心を克服できずがゆえに、夫婦関係、仕事、所属する劇団の芝居と、すべてのことに支障をきたすように妻に対する憤り、意固地さへと変っていき、内に怒りを燃やして静かに暴走し始めていく様と、後味の悪さを覚えずにはいられないラストがスリリングさにさらに拍素をかけていて素晴らしかった。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2017年6月24日
セールスマン〜過去の妻を襲う?
Excerpt(概要):★★★★ アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」を重ねた米アカデミー外国映画賞受賞作。暴行魔とされるマジッド、実はエマッドの実体ではないかと思えてしまう。「セールスマンの死」のローマンは63歳。そうすると、崩壊したアパートはローマン=マジッドの世界であり、引っ越したアパートはエマッド夫婦のものだ。マジッド=ローマンは過去の自分エマッドの妻ラナを襲いに行ったのだろう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年6月20日
セールスマン・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ さすがの面白さだ。主演のシャハブ・ホセイニとタネラ・アリシュステイが素晴らしく、二人の噛み合わない想いがぶつかり合うことで、強烈にキャラクターが立つ。夫婦というミニマルなコミュニティから、分断された世界が見える問題作だ。現実の世界で夫婦が直面する分断が、作中の重要なモチーフとなる劇中劇「セールスマンの死」と重なる仕掛け。もちろん単体で観ても十分に面白いのだけど、これも物語作りの難しいところだ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年6月18日
『セールスマン』 もやもや感がクセになる?
Excerpt(概要):作品内で同時進行する演劇『セールスマンの死』では、裸の女性を実際に裸では登場させることができない滑稽さが描かれている。アスガー・ファルハディの作品は謎によって観客の興味を惹きつける。この作品で浮き彫りとなってくるのはイラン社会の矛盾のようなものなのだろうと思う。何とも説明が難しいのだけれど、あれかこれかという葛藤へと登場人物を導く脚本がいつもながらうまいし、やはり見応えがある作品となっていたと思う。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年6月18日
セールスマン
Excerpt(概要):劇中劇はアーサー・ミラーによる戯曲「セールスマンの死」。劇中劇の登場人物と、映画の中の登場人物がリンクする作りになっているのだそうだ。アーサー・ミラーくらい読まないといけないのだろう。映画観ただけだとよくわからん。エマッドは警察に届けることなく犯人捜しに奔走するが、その過程における彼の変化が見どころ。結末にすすむに連れて彼がだんだんと小人物に見えてくる。いったいそれはなぜか?なんてところに注目して観ると楽しめると思う。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2017年6月8日
参照ページ:セールスマン

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.