orange オレンジ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ztewndgbyh
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:orange オレンジ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
orange−オレンジ−
Excerpt(概要):主演は、朝ドラ「まれ」のコンビだったのですが、なまじ、先に若夫婦役を演じてた分、ちょっと損しちゃったかなぁ?と感じました。個人的に、こういう「ありえないほどに青春、友情!」がキモチよくて、キャスティング的にも目に麗しく、ゆるく楽しめました。オハナシ自体は、ややヘビィなのですが、それを補う映画ファンタジーというか、物語の美があったかな?土屋太鳳ちゃんのファンだけに、こういう青春ピュアピュア物語に主演できてヨカッタね、と感じたのでした。
Weblog(サイト)名 : のほほん便り  / Tracked : 2016年10月4日
15-256「orange オレンジ」(日本)
Excerpt(概要):★★★ 展開は悩み苦しむ翔が、立ち直ったかと思うと、またつまずき、菜穂も悩み苦しむの繰り返しなので、大きな展開があるわけではないが、翔の苦しみ、菜穂の切ない気持ち、そして仲間たちの想いなど、その都度ちょっとホロリとさせられるエピソードの連なりになっている。何か話としては、もっと簡潔に出来そうなものであったが、未来への挑戦が切なさを交えて描かれ、そしてオーソドックスに青春ストーリーも楽しめる作品であった。
Weblog(サイト)名 : CINECHANが観た映画について  / Tracked : 2016年8月7日
ORANGE
Excerpt(概要):菜穂と翔を含めた友人グループがいるのですが、その友人4人の存在がすばらしい。舞台が長野県松本市というほどよい都会と豊かな自然に囲まれた高校生というのも、物語をひきたてます。また、翔の母親役の森口瑤子のシビアな演技が物語りを引き締めており、青春映画における大人の重要性というのを改めて考えさせられました。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年8月6日
orange-オレンジ-
Excerpt(概要):土屋さんは清楚ですが地味ともとれて、内気な女子高生を好演。どっちかというと恋愛よりも友情メインでした。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2016年8月1日
Orange オレンジ
Excerpt(概要):友を救おうとする真っ直ぐな友情が胸に沁みるような作品でした。翔の心を蝕んだ出来事はとても辛い出来事でしたけど、彼らの繰り広げる友情はとてもキラキラしていました。観終った時、こんな友情に出会えたら、きっと誰もがその時の幸せな気持ちを忘れないだろうなあとしみじみ感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年1月6日
『orange』をトーホーシネマズ新宿7で観て
Excerpt(概要):★★★ 普通におもろいけど見る前に時間聞いてちょっとゲンナリした。役者は主役二人か精彩を欠き、仲間になる他の4人はとても良い。ラスト近く運命を変えないように吹き荒れるダメ押しの一打はかなりよく考えられている。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2015年12月22日
映画 『ORANGE ―オレンジ−』
Excerpt(概要):高宮菜穂役の土屋太鳳は、見事に演じていますね。目が様々な方向に動き、動揺している演技は素晴らしいです。茅野貴子役の山崎紘菜は、映画の中では誰が演じているのか判らないくらい、変化しています。エンディングで見て驚きました。
Weblog(サイト)名 : こみち  / Tracked : 2015年12月20日
orange-オレンジ-
Excerpt(概要):★★★ 主演の土屋太鳳は15年前くらい前の竹内結子を思わせるような大らかな美しさ。東宝系映画館でお馴染みの山崎紘菜は「どっかで見た顔だな」と思っていたら、エンドクレジットを見て上映前に既に登場していたことが分かった(笑)。10年間の落差を一番際立たせているのは村坂あずさ役の清水くるみだろう。10年前は一番幼そうで10年後は一番大人になっている。萩田朔(桜田通)の名はどう見ても詩人の萩原朔太郎からの借用だろう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2015年12月13日
参照ページ:orange オレンジ

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.