追憶 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/zityrkmqll
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍

参照ページ:追憶
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(12)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
追憶
Excerpt(概要):★★★★ 古き良き日本映画の重厚さを感じさせる映画で、懐かしくもあり、新鮮でもありました。日本らしい風景や、オープニングやエンディングにもこだわりがあります。心の奥深くに封印してきた過去と対峙していきます。見る側にはミステリアスだった過去や、その後の真相が解き明かされていき、気持ち良く見る事ができました。感涙でした。岡田准一くんは、刑事役が似合っていてかっこ良かったです。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2017年7月10日
追憶
Excerpt(概要):美しい音楽と共に映し出される夕日の映像が心に穏やかな余韻を残すような作品でした。未来を感じられる展開とラストの美しい映像にほっとしました。観終った時、厳しい人生を生きてきた主人公たちの物語でしたけど、何故か穏やかな気持ちになった1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2017年6月28日
追憶
Excerpt(概要):不孝な少年期を経た3人の、秘めた絆の物語でした。舞台となる、冬の富山の美しさ、荘厳で神秘的な日本海の映像もまた見所!登場人物たちの心情に寄り添いながらも美しい風景が、一層ドラマを盛り上げていました。女優陣はともかく、3少年の25年後を演じる岡田・小栗・柄本クンが嵌ってる。シンプルなストーリーと美しい色彩の映像。その映像美に優しい千住さんの音楽がプラスで、文字通り、目と心と耳で味わえた満足の1本でした。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2017年5月20日
映画『追憶』☆かさぶたのような運命を愛が凌駕したような
Excerpt(概要):私は、胸がいっぱいになってしまった。明日への希望が、沈む夕日に込められるのが美しい。人生のかさぶたがある人に、おススメです。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2017年5月20日
【映画】追憶
Excerpt(概要):★★★★ 昔懐かしい作風に、やっぱりこう言う邦画も時々は見たいなと思わされた99分間でした。日本の伝統芸能的なこう言った映画も、今後何とか残していってもらえたらなと、劇中の夕陽を見ながらふとそんなことを考えてしまった作品でした。もっと掘り下げてほしい事象が多々見受けられたので、そこはもう少しじっくり描いても良かったような、でも何でもかんでも丁寧に描けば良いってものでもないですから、これはこれでって感じもしないではなかったですけど。豪華キャストの演技も見応えがありました。
Weblog(サイト)名 : ただただ映画を楽しんでる人のブログ  / Tracked : 2017年5月19日
「追憶」
Excerpt(概要):オープニング、海の荒波の風景が映し出され、「ザ・日本映画」の様相を呈している。富山を舞台とした作品である。富山と輪島と珠洲。北陸の美しい街を舞台にしているが、撮影監督が「劔岳」の木村大作であることで納得がいく。本当に素晴らしい。オーソドックスな作りで、コンパクトな尺の中必要以上の飾り気を排した手堅い演技陣が光る。「ザ・日本映画」として確かな手応えで存在する作品。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年5月17日
追憶
Excerpt(概要):★★★★ 北陸の厳しい冬の海のように過酷な環境に置かれた子供たちが大人になっても、厳しい現実と向き合うドラマだ。原案と脚本の優秀さが光っていると思った。捜査本部がしっかりと組織されて、だんだんと真実に迫っていく。でも、観客は篤の立場で物語を見ていくのでハラハラドキドキが止まらない。ほとんど無駄なシーンはないし、子役の演技まで伏線になっている展開は見事だった。古い喫茶店をで啓太がショベルカーで屋根を壊すシーンは、印象に残る。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2017年5月13日
追憶
Excerpt(概要):★★ 設定はまずまずであり、舞台も、昨年クマネズミが車で行った輪島が中心でもあって、興味が湧いてきます。ですが、映像が古色蒼然としていて驚きました。あまりにもキチンきちんと律儀に撮られすぎていて、こうしたものを作るくらいなら、昔の映画をそのまま上映すれば済むのではと思ってしまいました。全体として、大袈裟に作られすぎているのでは、という印象を持ちました。ラストの光景は、岡田准一が主演した『海賊とよばれた男』のラストを彷彿とさせ、なかなか感動的なシーンとなっています。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年5月13日
「追憶」:オーソドックスな小品の味わい
Excerpt(概要):なんで『追憶』なのかタイトルがピンと来ませんねえ。99分だし、なんか「小体(こてい)」なのです。思ったほど悪くありませんでしたよ。むしろ小品の良さを持った作品になっていました。途中まではどっちに転ぶか?って感じでしたが、終盤の良さでちょっといい佳品としてまとまりました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年5月11日
追憶
Excerpt(概要):★★★★ 四方、川端、田所の3人の過去の出来事とその苦悩、そして愛する人を守りたいと思う気持と思いやりがとても伝わってくる作品でした。舞台となった富山のロケーションが素敵でした。漁港や情緒ある町並み、喫茶店だった場所からの眺めがきれいでした。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年5月8日
追憶(2017)〜予め外されていた梯子
Excerpt(概要): 実は本作の底流にあるのはコミュニケーション障害なのではと思えてしまう。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年5月6日
岡田准一主演、映画「追憶」
Excerpt(概要):主人公たち3人の幼なじみの哀しい運命の要となる女性を演じた安藤サクラの痛切な演技が強い印象を残す。サスペンスからヒューマンドラマへとなだれ込む物語を、じっくりとオーソドックスな語り口で描く。大自然の風景を生かした、木村大作カメラマンによる映像美も見もの。
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2017年5月6日
参照ページ:追憶

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.