ラプラスの魔女 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/zetlxdkidt
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ラプラスの魔女
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(8)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『ラプラスの魔女』('18初鑑賞39・劇場)
Excerpt(概要):★★ ひさびさに、ホンマにつまらない映画を観たなぁ。脚本も酷いが演出も酷い。中途半端なやる気のないCG映像、演者の良いとこ一切なし。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2018年5月20日
ラプラスの魔女
Excerpt(概要):硫化水素や自然現象など理科の授業みたいで興味深い作品でした。設定にツッコミどころはあるものの普通に楽しめました。謎解きものとしてみればへぇ〜って感じで観られました。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2018年5月13日
ラプラスの魔女
Excerpt(概要):★★★ 本作は、ミステリーであると同時に、人知を超えた能力を持ってしまった者たちと、それを取り巻く人間たちによる、切なくも新淵な人間ドラマであります。視覚的な派手なシーンもあり、リアル感があって良かった。それと、満月にかかる虹の輪が綺麗でしたね。映画的に面白かったのは、広瀬すずが予測した光の反射を目つぶしに使った脱走シーン。未来を感じことができる人間と偶然に出会うところの面白さ、自然現象を完全犯罪に結びつけるという発想と、それこそ予知不能の展開に、そして奥深い人間模様は、映画を観てから判断下さい。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年5月8日
「ラプラスの魔女」
Excerpt(概要):★★★ 盛り上がりに欠けるわー。すずちゃんがいなかったら、眠くなったかも。すずちゃんの、ここぞというときに見せる「まなざし」、魔女っぽい(?)目ヂカラが魅力的。美人は見せどころが決まるから得だ!原作を読むほうが面白そう。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2018年5月6日
ラプラスの魔女
Excerpt(概要):★★ 誰が主役だったりして、と途中で迷ってしまう。意外と脇役陣が頑張っている風にも見える。「魔女」だから女性になり、羽原円華(広瀬すず)がその魔女となる訳だが、可愛らしく過ぎてあまり魔女らしくない。魔女と呼ぶには貫禄不足。実際、志田、いい演技してたなあ。目力で櫻井を圧倒している。しばらく見ないうちに随分成長したというか。一方で、甘粕才生役の豊川悦司、必要以上に老けてないか。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年5月5日
劇場鑑賞「ラプラスの魔女」
Excerpt(概要):ちょっと微妙かもしれない。地球化学の青江教授を演じた櫻井さんは大した活躍もせず、さらに円華を演じた広瀬さん、謙人を演じた福士さんもいまいちキャラに成り切れていない感じがした。全体を通して、犯人の独白シーンの異様な長さとか、邦画の悪い癖が出てしまっている作品でした。そんなにハードルを上げて観なければ、そこそこ楽しめるとは思います♪
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年5月4日
ラプラスの魔女
Excerpt(概要):桜井翔が演じる青江修介が2件の硫化水素による死亡事件の謎を解明するミステリーだと思って普通の観客は観ると思う。ところがそんな話では全くないのである。謎解きなし、犯人も犯行方法もうやむやなまま。だいたい設定自体がありえず、それは措くとしてもその設定範囲での論理性も破綻している。ちょっとそれ以上語りようがない愚作だった。推理作家晩年の愚作なんか映画化するものではない。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2018年5月2日
櫻井翔主演、映画「ラプラスの魔女」 “未来予知”をめぐる奇妙なサスペンス
Excerpt(概要):「ラプラスの悪魔」とは、19世紀の数学者・ラプラスが提唱した「計算によって、未来を予見できる知性」だとのこと。ジャンル分けしにくい奇妙な物語。豊川悦司の怪演が印象的。
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2018年4月23日
参照ページ:ラプラスの魔女

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.