モリのいる場所 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/zacdcbxvw
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:モリのいる場所
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(2)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「モリのいる場所」:観察の人を観察する映画
Excerpt(概要):画家の熊谷守一(モリ)の晩年の様子をフィクションとして描いています。画家の映画だというのに、絵は冒頭の餅の絵1点しか出て来ないってのも、面白いところ。沖田監督ってどの作品でも「そこそこ」の線で止まってしまって、完全な満足、満腹感にまでは至らないんです。本作もまさにそう。悪くないんだけど、軽いスケッチで終わってしまって、その先には突き抜けて行かないのです。まあそれが沖田監督の持ち味なんで、しょうがないのでしょうけどね。池谷のぶえが非常に良い芝居をしていたことも、付け加えておきましょう。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年6月5日
モリのいる場所
Excerpt(概要):★★★ 本作では文化勲章を断った1967年のエピソードと94歳になった頃(1974年)のエピソードの合わせ技ぽい。ラストは庭が俯瞰されるのだけれど、一人の人間が生きるには十分な面積と思えなくもない。そんなところに大勢を集めてすき焼きか何だかを振舞っている風景は、ある意味この世とのお別れパーティーぽくも見える。みんな守一に一筆書を書いてもらうために集まっているのだが、守一にとって人間の騒ぎも虫たちのすだきも同じことなのかもしれない。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年5月19日





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.