マンチェスター・バイ・ザ・シー : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/xwefivvji
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍

参照ページ:マンチェスター・バイ・ザ・シー
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(10)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」:心に染み入る傑作
Excerpt(概要):1970〜80年代前半の映画のような雰囲気を湛えた作品。地味でありながら、ある意味衝撃的でもあり、心に染み入る傑作です。少しずつ見えて来た本作の全体像が理解できるようになる&各キャラクターの言動についても理解できるようになるのです。その映画作りの、脚本の巧さが抜群です。ケイシー・アフレックも確かに只ならぬ説得力だと思いますが、短い出演時間ながら小生が感銘を受けたのは、主人公の元妻役のミシェル・ウィリアムズ。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年6月12日
マンチェスター・バイ・ザ・シー
Excerpt(概要):★★★★★ 最初のうちは、回想シーンにいきなり移ったりすることが多く、筋をつかむのに骨が折れましたが、話がわかってくると深く引き込まれてしまい、主人公の内面が次第にほぐれてきて、兄の遺児らとの関係も変化する最後の方になると、深く心を動かされました。本作では、リーを巡る人間関係で、ことさら「二」が強調されているようにも見えます。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年5月30日
マンチェスター・バイ・ザ・シー
Excerpt(概要):★★★★ 見方を変えれば邦画の「お葬式」と似てなくもない。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年5月25日
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』('17初鑑賞49・劇場)
Excerpt(概要):★★★★★ お話としては至極暗く切ないんですが、ところどころにユーモアを挟み、登場人物のすごく深いところまで観ているこちら側に想像させる・感じさせる脚本が本当に見事。細かく描かない観客に委ねる手法。本当に良い映画を観た、そんな思いになりました。また、人間の描き方が実に巧みですね。脚本が本当に素晴らしい。そして演者が本当に素晴らしい。現時点での本年度 No.1MOVIEです。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年5月21日
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
Excerpt(概要):ドラマではたくさんの“死”が描かれ、主人公は深い悲しみを抱えているが、見ているものはそれほど辛くはない。それは所々に織り込まれるちょっとしたユーモアがあるから。冬の穏やかな海、道路には雪があり、空は澄んでいる。そんな映像はとても美しかった。ケイシー・アフレックの演技は想像以上に素晴らしかった。リーとランディが交わす会話から、この二人はとてつもない悲しみを味わったのだと伝わってくる。映画を見て想像以上に過酷な出来事を体験した二人に驚いた。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2017年5月20日
ショートレビュー「マンチェスター・バイ・ザ・シー・・・・・評価額1750円」
Excerpt(概要):★★★★★ 心に染み入る、極上のヒューマンドラマだ。本作の隠し味は地域性だろう。今回もエセックスの美しい風景と、都会過ぎず田舎過ぎない絶妙な距離感のコミュニティの存在が、ドラマの味わい深い背景となっている。冬の厳しいマサチューセッツの、曇天のロケーションが、主人公の心象としても機能しており、兄の残したクラッシックな船などの、細部の描写も象徴性が高い。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年5月18日
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
Excerpt(概要):ありきたりな表現が許されるなら、傑作である。ただただ、傑作である。ある意味この作品は「家族のあり方」の作品であることに変わりはないのだけれど、判明した後はもう全然、その本質が違う。違って見えてくる。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年5月17日
マンチェスター・バイ・ザ・シー
Excerpt(概要):厳しい人生を描いた物語でした。リーとパトリックの心はお互いの痛みを理解して近付いていきます。その緩やかだけど希望の持てる展開に、ちょっとほっとしました。観終った時、いつか二人はきっと信頼できる関係になるだろうな感じられて穏やかな気分になった1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2017年5月15日
映画:マンチェスター・バイ・ザ・シー Manchester by the Sea  
Excerpt(概要):主演のケイシー・アフレック、いつもいいが今回は更に存在感バツグン。そして脚本も劇シブい。曇りと雨の薄暗い天気に観るのには、もしかしたらピッタリかもしれない?、な渋い人間ドラマ。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜DAYS OF STRUGGLE〜 / Tracked : 2017年5月13日
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 正直な映画
Excerpt(概要): 【ネタバレ注意】  『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は特別な一本だ。  本作のプロットは、まサチューセッツ州出身の二人の映画人、まット・デイモンとジョン・クラシンスキーによるものだという。便利屋の男が、死んだ兄の遺した十代の息子の面倒をみることになる――というアいデアをマット・デイモンが出し、じョン・クラシンスキーが舞台をマサチューセッツ州のマンチェスター・バイ・ザ・シーにす...
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2017年6月24日
参照ページ:マンチェスター・バイ・ザ・シー

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.