高慢と偏見とゾンビ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/wxjifdhsvc
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:高慢と偏見とゾンビ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
高慢と偏見とゾンビ
Excerpt(概要):★★★★ ゾンビ映画にしてはそれほどグロくなく、エリザベスとダーシーの恋愛パートが半分ぐらいあります。さらに、意図的なミスリードもいくつかあるので、ホラーファンからは不評ですが、個人的には異種格闘技戦的なパロディは好みなので、堪能できました。エンディングロール途中のおまけ映像もグッド。リリー・ジェームズは美人で巨乳なうえ、クラシックな衣装がよく似合います。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2017年4月17日
高慢と偏見とゾンビ
Excerpt(概要):登場人物たちが真面目にジェーン・オースティンの「高慢と偏見」をしてる中でゾンビが出現するという強引な展開が笑えます。ヒロインのベネット家の次女エリザベスは中国で少林拳を習ったという設定。回し蹴りがかっこいいですね。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2017年4月13日
高慢と偏見とゾンビ
Excerpt(概要):ジェーン・オースティンというイギリスの小説家の原作を、ゾンビ作品にしてしまう暴挙?な作品なんですね。ゾンビがどうして人間世界を滅ぼしてしまうのか? そのための要素は何なのか? そして人間とゾンビの共存の方法も描かれており、ゾンビ映画としてもしっかりポイントを置いているのには、ただのパロディじゃないですね。
Weblog(サイト)名 : atts1964  / Tracked : 2016年10月28日
『高慢と偏見とゾンビ』をトーホーシネマズシャンテ1で観て、
Excerpt(概要):★★★ 徐々に失効していくとは言え、かなり高度な知性がある点で、ゾンビ映画としてはB級と言わざるを得ない。リリ・ジェームス(次女)の剣技と脚線美(見せ方が凄く上手い)に惚れ惚れ。ベラ・ヒースコート(長女)のお人形さんチックな美麗さもOK。金持ちの家に日本の戦国時代の鎧甲冑が飾ってあるのもおもろい。リリ・ジェームス(次女)が野蛮的には無敵なのに、恋にはヘタレなのも可愛い。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2016年10月21日
「高慢と偏見とゾンビ」:ワン・アイディアでは飽きちゃいます
Excerpt(概要):思ったより普通でした。19世紀初頭の貴族社会にゾンビをぶちこむというワン・アイディアだけの映画なので、大真面目に108分もやられちゃうと、正直飽きちゃいます。大した演出力ないんだもん。メリハリや物語のうねりが無いので、単調なのです。エリザベスとダーシーと、主役となる男女二人の役名も一緒。ダーシーに関しては、この世界にぴったりの、絶対に若き日のヒュー・グラントを意識したキャスティング。でもこの人、声がカッコ悪いです。リリー・ジェームズは、『シンデレラ』の時にシンデレラっぽくないなーと思って(嘆いて)いたので、こっちの方がましですが、まあ「まし」ってだけです。特段の華も無ければ、面白みもありません。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年10月14日
高慢と偏見とゾンビ
Excerpt(概要):予想以上にオリジナルを踏まえている物語では、ラブストーリーの中でしっかりとゾンビと闘っていました。闘うお嬢様たちはみんな気合が入っていてカッコ良かったです。美しい物語に、あまりにも普通にゾンビが登場するのが可笑しかったです。観終った時、さすがはジェーン・オースティンを愛するイギリスの映画だなあと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年10月8日
高慢と偏見とゾンビ
Excerpt(概要):★★★ ゾンビ映画の割に品の良い美女ばっかでどう怖がればいいのやら。不思議なもので、今のロンドンはイスラム系が多く、過激派によるテロも起きている。「妖怪」は今も滅びずロンドン市民を悩ましているということか。ホームグロウン・テロもゾンビなんだろうか。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年10月6日
高慢と偏見とゾンビ
Excerpt(概要):★★★★ これは面白かった!ゾンビものってなんでも融合させやすいんですね。古典恋愛小説にゾンビって斬新!!こういうアレンジはほかの作品で観てみたいかもー!
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2016年10月1日
高慢と偏見とゾンビ
Excerpt(概要):物語のベースは「高慢と偏見」と同じ。あちらの人はアポカリプスが大好きでゾンビ四騎士なんてのもでてくるがあれはどうなったのだろう?そんな緻密な話でもないので気楽にご覧になることをおすすめします。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2016年9月24日
参照ページ:高慢と偏見とゾンビ

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.