15時17分、パリ行き : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/wwrscfvkfa
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:15時17分、パリ行き
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(12)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「15時17分、パリ行き」
Excerpt(概要):クリント・イーストウッドが放つ実話に基づいた社会派作品。真面目だ。真面目過ぎて眠たくなってしまったのはここだけの話。エンドロールが流れる直前から私はただただ泣いてしまった。自分でも驚く程に涙が溢れて止まらない。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2018年3月27日
「15時17分、パリ行き」@ワーナー・ブラザース神谷町試写室
Excerpt(概要):時間配分と構成の悪さは否めないが、実話で感動させて、最後に驚かされる。だてに監督業に徹している老人ではない。違う意味で驚愕させられた作品である。 時間配分と構成の悪さは否めないが、実話で感動させて、最後に驚かされる。だてに監督業に徹している老人ではない。違う意味で驚愕させられた作品である。
Weblog(サイト)名 : 新・辛口映画館  / Tracked : 2018年3月25日
「15時17分、パリ行き」:普通の人々
Excerpt(概要):主役の3人や列車の乗客に、事件の当事者が多く含まれているということですが、観ていて全然違和感がありませんでした。まあ本人を演じるわけですから、ナチュラルになることはなるんでしょうけれど、でもそれがうまくいかないこともありますよね。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年3月17日
『15時17分、パリ行き』('18初鑑賞24・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ どちらかというと、前半は青春映画&ロード・ムービー(観光映画)っぽいです。軍に入っての過酷なトレーニング(柔術の習得など)や、イタリアのヴェネツィアの風景とか旅気分が味わえます。クリント・イーストウッド監督作品では最短の94分。実に濃密な94分でした。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2018年3月17日
「15時17分、パリ行き」
Excerpt(概要):★★★★ こんな大胆な実験、イーストウッドしか出来ないだろう。本人たちが演じているから当然なのだが、イーストウッド演出がうまいのは、その直前、後ろ姿のオランド大統領が壇上に向かうシーンまでは俳優としてのスペンサーたちが演じた映画の中のシーンであった(大統領は無論別の似た役者が演じている)のが、その直後に記録映像にチェンジするので、最近公開された「今夜、ロマンス劇場で」と同様に、我々はあたかも彼らが映画の中から抜け出して現実世界にやって来たかのような錯覚を覚えてしまうのである。この映画、やはり一筋縄では行かない、イーストウッド監督らしい、時代を照射する秀作であると言えるのではないだろうか。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2018年3月15日
映画 『15時17分、パリ行き』☆テロ列車に乗るまでの描写あればこそ!
Excerpt(概要):実際の列車内テロ事件をそのときの事件モノだけにせず、助かった人々それぞれの命の重み、人生の深みを助けた青年の生い立ちになぞらえて感じさせてくれたことに、強い説得力を感じました!良かった!
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2018年3月9日
15時17分、パリ行き
Excerpt(概要):★★★★ 英雄的行為を行った若者3人を、本人たちが演じるということに、意外と不自然さがなく、しかもカリスマ性のなさがテーマにあっている。「15時17分 パリ行き」は、ヒーローを知り尽くしたイーストウッドが、2018年の世界に贈る、究極のヒーロー映画となった。そこでは、3人のヒーローがとてもいい表情をしている。こんなヒーロー映画は観たことがないと言っていい。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年3月8日
『15時17分、パリ行き』 未然、突然、偶然、必然……
Excerpt(概要):実際に犯人を取り押さえた3人が、映画のなかでも本人役として登場する。最後はフランスのオランド大統領から勲章を授与されるという実際のニュース映像へとつながっていくのだが、さすがに本人が演じているだけにその移行もスムーズだった。この企画をほかの監督がやろうとしても企画倒れになったんじゃないだろうか。クリント・イーストウッドだからこそ成り立った作品だと言えるかもしれない。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年3月5日
15時17分、パリ行き
Excerpt(概要):予告編だと事件そのものを臨場感たっぷりに描いたものかと思ってしまいますが、それを期待して観に行くと期待はずれになってしまうかも。3人の青年の生い立ちを描くことでなぜテロリストに立ち向かうことができたのが良くわかります。主人公たちアンソニー、アレク、スペンサーを演じたのが実際にその場にいた本人たちというから凄い。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2018年3月4日
15時17分、パリ行き
Excerpt(概要):★★★★ 事件の犯人に立ち向かった若者3名をはじめ、その他の同じ列車に遭遇した人たちを参加させて作ったドキュメンタリーのよう映画になっている。小学生のときに散々言われた子供たちが大きくなって、立派に世の中のためになってそれぞれの特徴を活かしている。世の中でこんなに勇敢である意味幸運な青年たちはいないのではないか。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2018年3月2日
劇場鑑賞「15時17分、パリ行き」
Excerpt(概要):今作は賛否両論あるようだが、個人的にはかなり面白かったと言えますね。事件の当事者たちを起用するのはかなり意欲的ではあるが、3人とも演技未経験とは思えないくらいしっかりと自分を演じていたと思います。全体を通して、やはり当事者を起用しているので、圧倒的なリアリティを感じることが出来る作品に仕上がっていました。上映時間も94分と、短いので、全く飽きることもなく。人間の根本部分を描いていました。イーストウッドは深い映画を作ります。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年3月2日
15時17分、ぱリ行き
Excerpt(概要):クリントの作品としてはかなり低位だと思う。ヨーロッパ観光シーン長くてあきる。主演の3人が本人なのは後で知りました。それでもまあそこそこ観られるレベルに仕上げたのはさすがクリントと言ったところでしょう。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2018年2月19日
参照ページ:15時17分、パリ行き

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.