泣き虫しょったんの奇跡 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/vfbshcilah
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:泣き虫しょったんの奇跡
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(7)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画『泣き虫しょったんの奇跡』☆色々辛かったけど実力あればこその“棋跡”☆
Excerpt(概要):松田龍平さんの、ポーカーフェイスというか表情が読めないというか、ひょーひょーとしてるムードに、引っぱられつつ反面、一所懸命さ・必死さ・絶望感、そして、涙…と言った込みあげる感情に、心つかまれました!。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2018年9月11日
泣き虫しょったんの奇跡
Excerpt(概要):★★★観ていて、駒を指すパチン、パチンという音が響く。その手指がとても美しく、将棋の映画での手と指の動きは、時代劇に於ける所作や殺陣といった特別なアクションと、同等の意味をなすことを感じとりました。特別対局や、通常の対局シーンを見ても、将棋の心得が無いものでも、その独特の緊張感は肌で感じ取ることが出来ます。それに、キャスティングが贅沢。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年9月10日
「泣き虫しょったんの奇跡」@よみうりホール
Excerpt(概要):作品全体を見ると、実話を基にしているだけに着地点は見えているが、後半は作品に素直に見入り感動した。この辺は主人公の小学生時代からじっくりとドラマを積み上げて、描いた監督の演出の上手さが良い方向へ導いたのだろう。そして、古い体質の「奨励会」への懐疑的な視点を入れた作家のメッセージが込められている様に感じた。本作は「将棋映画」だけに難易度は高いが、ドラマ部分は共感出来た。
Weblog(サイト)名 : 新・辛口映画館  / Tracked : 2018年9月5日
『泣き虫しょったんの奇跡』: 負けるときは負けるべくして負ける @試写会
Excerpt(概要):★★★★ この映画の見どころはストーリーにはありません。その時、そんな時、登場人物たちが、どんなことを思って、どんなことで挫け、どんなことで再びやろうという気になるか。そういう映画は、端から分が悪い。いっちゃなんだが、登場人物たちが序盤でどれだけ魅力的に描かれているかに、に勝負はかかっていて、この映画、そこいらあたりは上手くいっている。
Weblog(サイト)名 : キネマのマ〜りゃんひさ映画レビュ... / Tracked : 2018年9月4日
泣き虫しょったんの奇跡
Excerpt(概要):内容はほぼ実話に近い。が、それで映画になってしまう。それほど新進棋士奨励会は厳しく人間ドラマが満載である。この時はダメだったけど、そういう人柄だから応援する人も発生。将棋ファンは間違いなく必見の映画です。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと / Tracked : 2018年8月30日
『泣き虫しょったんの奇跡』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★ 挫折や絶望、紆余曲折を経て今がある人には味があり、その経験は万人の道しるべとなり共感を呼ぶ。のほほんとしているように見えるが、プロになれるかどうかわからないギリギリのラインにいる者たちの焦りと辛さが、痛いほど伝わって来る青春ドラマ。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2018年7月29日
『泣き虫しょったんの奇跡』をユナイテッドシネマ豊洲で観て、
Excerpt(概要):★★★将棋と言うのは極限の論理ゲームと思うのだが、将棋その物の狂気には触れず、役者の芝居の積み重ねで世界を構築した。すげえ演歌っぽい映画。出ずっぱりの人から、ちょっとだけ出演の人まで、何とも役者が魅力的に映っている事。逆に言えば「それだけ」な感じもかなり強い。割と大した話ではないと思うのです。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2018年9月17日
参照ページ:泣き虫しょったんの奇跡

Google Web 象ロケ内



象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.