アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/umnutbsfun
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(11)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち
Excerpt(概要):同じユダヤ人の間でも、収容所を生き抜いた人たちが収容所での事を話しても、嘘でしょ作り話でしょと言われてしまう事があったらしく、それが、15年の時を経てはいますが、裁判をテレビで放映することによって真実が明らかになり、人々の間で事実が真実として捉えられるようになったことが伝わってきました。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2017年1月7日
16-201「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」(イギリス)
Excerpt(概要):★★★ 内容が内容だけに、なかなか重苦しく、かなり抑えた雰囲気の作品であった。エンターテインメントではないが、世紀の裁判をTVで放映するということに望んだ男たちの困難が描かれた作品として、なかなか興味深い作品だった。
Weblog(サイト)名 : CINECHANが観た映画について  / Tracked : 2016年9月25日
「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」:エンタテインメントの方には振りません
Excerpt(概要):『ハンナ・アーレント』で、題材になったあの裁判です。極めてまじめです。それは、映画作りの姿勢においてもまじめということで、エンタテインメントの方には振りません。そうなるのを、良しとしない感じです。本作の予習には『ハンナ・アーレント』やら「悪の凡庸さ」に関する何らかの知識が必要なのに、本作にはそこが欠落しているので、観る者にとっては少々不親切だと思うのです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年6月22日
「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」
Excerpt(概要):ドイツ映画「ハンナ・アーレント/2012」でも描かれていた“アイヒマン・ショー”。合わせて見ると良いかも知れない。本作は少々二番煎じ気味で「ハンナ・アーレント」を見てなかったら、本作は見なかったかも知れない。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2016年6月14日
『アイヒマン・ショー』をHTC有楽町2で観て、
Excerpt(概要):★★★★ 勝利のドラマのように見せかけて、実は敗北しているみたいな皮肉な映画が好き。そしてアイヒマンが出てるだけでワクワクが止まらない。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2016年6月12日
「アいヒマン・ショー 歴史を映した男たち 」
Excerpt(概要):マスコミ魂を描いた秀作。たまたまであるが ヤスポットライトー世紀のスクープー」を観た次の鑑賞作品がこちらであった。どちらも真実を暴くドキュメンタリーの制作過程を追ったものであり、その制作過程で発信者がどのように仕事を行い、苦悩するかの様が描かれている。「スポットライト〜」が新聞社のペンでの闘いであるならば、こちらは映像を通しての闘いである。だが、違いはその表現手法にあるだけではない。アいヒマンの裁判風景を中継で放映するチームの中に一人の演出家がおり、その彼が、単に実録として裁判を粛々と流すのではなく、そこに演出を加味させようとした点に大きな違いがある。1960年。第二次世界大戦でユダヤ人...
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年6月6日
【cinema】『アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち』
Excerpt(概要):実際の映像を多用した手法はドキュメンタリーのようでもある。 かなり辛い映像もあって、ずっしり重い気持ちになったけど、語り口自体はテンポがあって見やすかった。マーティン目当てで見たけど、これは見て良かったと思う。キャストは全員良かった。ホロコーストやアイヒマン裁判に興味のある方オススメ!マーティン・フリーマン好きな方も是非!
Weblog(サイト)名 : ・*・ etoile ・*・  / Tracked : 2016年6月2日
アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち
Excerpt(概要):裁判が進むに連れて世界中が少しずつ変わっていく様子に、事実を映像と共に伝えることの重要さを改めて認識させられるような作品でした。ストーリーとしてはシンプルな展開なのですけど、この実録映像にはやられました。観終った時、この映画が懸命に伝えようとした差別精神の怖さに納得させられたと思うのと同時にこの作品の中で流れた数分間の実録映像は一生忘れないだろうなあと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年5月24日
『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』
Excerpt(概要):目を覆いたくなるホロコースト映像は多々出て来るが、主題はあくまでもホロコーストの悲劇そのものではなく、テレビマンたちそれぞれの目線から見たアイヒマン裁判。サスペンス的な要素も多少はあるが、ほぼドキュメントかと思うくらいテレビ放送事情がしっかり描かれた96分。作品その物は人物の掘り下げなど物語性は薄く、あっさり目。学ぶための映画。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2016年5月17日
アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち
Excerpt(概要):私が驚いたのは、今でこそナチが行ったホロコーストは紛れもない事実だと検証されていますが、当時は何とか生き延びたユダヤ人の主張がなかなか信じられていなかったことでした。96分という短い作品なんですが、重いテーマであり、非常に長く感じられる衝撃作だと思いました。
Weblog(サイト)名 : atts1964  / Tracked : 2016年5月10日
アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち
Excerpt(概要):★★★★ ジャーナリズムのありかたをめぐる物語と、ナチスのユダヤ人虐殺をめぐる物語の2つの軸がぶれずに描かれます。映画では当時の記録映像もふんだんに使われています。残虐なことができてしまうというのは、ルアンダや南スーダンなどその後も各地で見られ、現在のシリアなどもそうなのでしょう。そうした、人間のおろかさを改めて考えさせるきっかけといえる作品でしょう。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年5月5日
参照ページ:アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.