ボヘミアン・ラプソディ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/tukpkfxmhn
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ボヘミアン・ラプソディ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(17)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画「ボヘミアン・ラプソディ」感想
Excerpt(概要):ラミ・マレックのフレディ・マーキュリーが素晴らしい。マッチョでゲイ味むんむんのフレディではないけれど、フレディが乗り移ったかのようなライブ風景が凄い、凄すぎる。とにかく本物のライブを見ているような臨場感。そしてその裏に流れる残された命の限りに歌う悲壮さも。名曲の数々と再現されたパフォーマンスを見るだけでも価値がある映画。
Weblog(サイト)名 : 帰ってきた二次元に愛をこめて☆  / Tracked : 2018年11月14日
ボヘミアン・ラプソディ・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★★ 丁寧に作られていて決して退屈する訳ではないが、どれもよく知られたエピソードでもあり、人間ドラマとして数ある音楽バンドものの予定調和を超えるものではないのだ。ウェンブリー・スタジアムで会場を埋め尽くした観衆の上を、カメラがグーッとステージに迫ってゆくダイナミックなショットから、ライブ・エイドを完全再現。声に関してはさすがにフレディ本人のものを使っているそうだが、ラミ・マレックの成りきりっぷりも見事だ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年11月13日
艱難汝を玉にす(Adversity makes men wise.)〜映画「ボヘミアン・ラプソディ」
Excerpt(概要):〈ライヴ・エイド〉がアガる演出で、映画館は興奮の坩堝と化した。ロンドン郊外のウェンブリー・スタジアムをカメラが縦横無尽に駆けるのだが、恐らく遠景はCGの筈なのだけれれど、CGとエキストラを動員した実写との繋ぎ目が全く分からない!それくらいリアルなのだ。臨場感が半端ない。
Weblog(サイト)名 : エンターテイメント日誌   / Tracked : 2018年11月13日
『ボヘミアン・ラプソディ』善き思い、善き言…
Excerpt(概要):★★★★ 「LIVE AID」の21分間がある。楽曲はおそらく誰もがどこかで聞いたことがある曲ばかりで。音楽の盛り上がりと、物語の盛り上がりでグチャグチャになって泣きながら聞き入る。この映画を観て、もっとQueenに触れておけばよかったと今さら後悔した。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2018年11月13日
ボヘミアン・ラプソディ〜フレディ・マーキュリーと三島由紀夫
Excerpt(概要):★★★ 物語そのものは、マーキュリー以上のものではない。まあ、映画監督が必死こいてもマーキュリー本人の迫力には叶わない。別に監督が悪い訳ではなく、要するにマーキュリーが凄すぎたとしか言いようがない。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年11月12日
映画「ボヘミアン・ラプソディ(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
Excerpt(概要):★★★★ フレディ・マーキュリーを完全再現し、ライブシーンではフレディが降臨したようにしか見えない素晴らしい演技を魅せた ラミ・マレックを始めとしてクィーンの4人のメンバーの見た目の再現性の高さを抜きに語ることは出来ない。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2018年11月12日
ボヘミアン・ラプソディ
Excerpt(概要):★★★ストーリー自体はよくある感じだなと思いました。だけど、数々の曲は良かったし、好きな曲は演奏されたし、なによりライヴ・エイドでのライヴ感は、本当に素晴らしかった。映画館がスタジアムに変わってた。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2018年11月12日
「ボヘミアン・ラプソディ」
Excerpt(概要): フレディ・マーキュリーが生まれて初めて父の教え…善き行いをすること…を実行したのがライブ・エイドであったという持って行き方が素晴らしい!私は何と幸せな世代を生きたのだろうと強く強く思った。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2018年11月12日
ボヘミアン・ラプソディ
Excerpt(概要):★★★★★ CDを持っているので、何ども聞いているのに、この映画で観た、聞いた、クイーンの歌声に、魂が震えた。それに、自然に涙が零れて来てしょうがなかった。とにかくフレディ自らの声によるものに、唯一無二のボーカルが発するパワーに、ノックアウトされること必至でした。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年11月12日
ボヘミアン・ラプソディ
Excerpt(概要):★★★★★ バンド誕生からタイトルにもなっている♪ボヘミアン・ラプソディやそのほかの名曲が生み出されていく過程、そして華々しい活躍の裏の苦悩など知られざる真実を描いたとても興味深い作品となっています。ライブ・エイド”のステージを見事に再現したパフォーマンスは圧巻でした!!!!。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞日記α☆  / Tracked : 2018年11月11日
ボヘミアン・ラプソディ
Excerpt(概要):★★★★★ 最後の20分のライブシーンは必見の迫力だった。とにかく、演奏シーンはフレディ・マーキュリーの歌声が使われているし、主演のラミ・マレックは彼そのものである。今年の必見の映画になった。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2018年11月9日
劇場鑑賞「ボヘミアン・ラプソディ」
Excerpt(概要):凄かった!それしか言えないくらい、ただただ圧倒された。クイーンというグループを全く知らなくても充分楽しめると思います。フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックは見事なまでに彼を演じ切っていました。繊細な演技が秀逸。フレディの歌唱力の高さに驚かされました。曲を今聴いても全く色褪せてはいません。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2018年11月9日
『ボヘミアン・ラプソディ』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★★ ドキュメンタリーではなく、俳優が演じるフレディ・マーキュリーを主人公とした「クイーン」の伝記映画。彼の心身の変化や葛藤、音楽スタイルの変化が手に取るように観客に伝わって来るのは、ストーリー性のある映画ならではだろう。「ボヘミアン・ラプソディ」の録音シーンと、音楽イベント“ライヴ・エイド”のシーンは見どころ。
Weblog(サイト)名 : 作曲♪心をこめて作曲します♪  / Tracked : 2018年11月1日
「ボヘミアン・ラプソディ」
Excerpt(概要):★★★★ フレディの出自を初めて知ったほどで、ファンとは言えないかもしれないが、知っている曲しか流れなかったのもあって、とても楽しかったし、どうしてもフレディの運命を目の前にすると、泣けてしまう。そのなかで完全燃焼のパフォーマンスを見せてくれるのだから、感動するなってほうが無理ではないか?フレディ・マーキュリー、クイーンを刻みつけた、「ドキュメンタリー」ではなく「映画」として見事な作品。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2018年11月17日
「ボヘミアン・ラプソディ」
Excerpt(概要):★★★★★ 周囲でえらく評判がいいので、一応観ておくか、程度の気持ちだった。ところがなんと、観ているうちにどんどん引き込まれ、涙が溢れ、しばし呆然となってしまった。これは傑作である。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2018年11月18日
2回観ても飽きない! 映画「ボヘミアン・ラプソディ(日本語字幕版)」
Excerpt(概要):★★★★ フレディは当然のこと、メンバーや家族の心情、生き様と歌詞との因縁のような奇異な関連性、そして単純に音楽の素晴らしさに心が揺さぶられた。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2018年11月19日
「ボヘミアン・ラプソディ」:圧巻のラスト21分   #ボヘミアン・ラプソディ
Excerpt(概要):フレディが降臨したかのようなミラ・マレックの超絶パフォーマンス。彼の演技は、この場面に限らず陰影に富んだ素晴らしさでした。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年11月20日
参照ページ:ボヘミアン・ラプソディ

Google Web 象ロケ内





象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.