ブレードランナー 2049 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/tnnyosgfed
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ブレードランナー 2049
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(15)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
【映画】ブレードランナー 2049
Excerpt(概要):面白かった。ハリソン・フォードの登場は思いのほか遅いんですが、彼がそのまんまの役で登場することが貴重だし、逃避行後の思いを知る過程ではノスタルジーも相まって感無量になります。でも監督が凄いのは、単なる懐古主義に終わらせず、映画のさらなる深みに観客を誘ってくれるところ。映像と音に言及すれば、ダウンタウンの猥雑とした世界観を継承していて嬉しいし、美しい近未来映像も秀逸で、撮影関連でオスカーに絡んでくることは間違いなし。ロスに降り積もる雪が印象的。二時間44分という尺ですが、色んなミステリーが解き明かされることもあり、後半長さを感じることはありませんでした。美しく物悲しい 珠玉の一本です。
Weblog(サイト)名 : アリスのさすらい映画館  / Tracked : 2017年11月11日
『ブレードランナー 2049』 レプリカントの自己懐疑
Excerpt(概要):2049版では、果たして自分は人間なのか記憶を移植されたレプリカントなのか、そして自分は人間とレプリカントの間に生まれた子どもではないのかという、レプリカントが自己存在を疑う哲学的(?)な懐疑がテーマになっている。あれやこれや前作と引き比べながら、たっぷりと楽しめる映画でした。
Weblog(サイト)名 : Days of Books, Films  / Tracked : 2017年11月9日
映画:ブレードランナー 2049  
Excerpt(概要):2時間43分が苦痛で仕方なかった。物語の基本プロットも腑に落ちない。基本、2ものは大体ダメだが、今作もその筋にキレイにハマった。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜DAYS OF STRUGGLE〜 / Tracked : 2017年11月7日
「ブレードランナー2049」:絵と音と雰囲気の見事さ
Excerpt(概要):絵がスゴイ!音がスゴイ!金のかけ方がスゴイ! 時間をたっぷり使って、ゆったりと進行しますが、そんなに長い感じはしませんでした。むしろ画面にひたれることが気持ち良いのです。ただ、このしんねりむっつりした「ブレードランナー」感覚は特に小生の好みではありません。ハードボイルド風味の無常観としては、前作の方が上かも知れませんね。まあ、本作のワビサビ的な寂寞テイストも大したものだとは思いますけど。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年11月5日
映画「ブレードランナー 2049[IMAX3D・字幕]」感想
Excerpt(概要):SF好きにはたまらない映像。これは起承転結やストーリーよりも、人間とレプリカント両者が共存する世界を楽しむ映画。
Weblog(サイト)名 : 帰ってきた二次元に愛をこめて☆  / Tracked : 2017年11月5日
映画「ブレードランナー 2049(日本語字幕版)」 感想と採点
Excerpt(概要):SF映画の金字塔であり伝説的な作品の続編で多少の不安はありましたが、そんな心配は無用と断言します。素晴らしいスタッフとキャストの合体、哲学的で奥深くSF映画の永遠のテーマでもある強いメッセージ性、最新技術を駆使した光と陰のコントラストの映像美と重低音と和音が奏でる音楽美で、完全に作品に没入出来る独自の世界観は傑作です。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2017年11月3日
「ブレードランナー 2049」
Excerpt(概要):★★★★ 映像、雰囲気(ムード)は、よく創ったと思う。手下女(シルヴィア・フークス)が、すごい存在感で良い。伝説的映画といってもいい作品の続編という、無謀きわまりないプロジェクト、これだけ(映像的に)うまいこと出来たのは賞賛していいのではないだろうか。ストーリー的には…眠かったので再見して確かめてみたい…かもしれない。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年11月1日
『ブレードランナー 2049』('17初鑑賞118・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ 前作同様、観たときは正直いまいちな感覚ですが、何度か見るうちに好きになる作品だと思います。もちろん、前作を観ておいたほうが良い。全編、映像美にあふれ、ひとつひとつの場面を観るだけでも価値はあるかと。音楽が、ヴァンゲリスからベンジャミン・ウォルフィッシュ / ハンス・ジマーに変わり正直な話少々不満もある。メロディーが無機質すぎて単調。上映時間が2時間43分と、非常に長尺であるため、体調を整えて鑑賞してください。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年11月1日
ブレードランナー2049・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★★ 名手ロジャー・ディーキンスによる映像は、ただ美しいだけでなく、それぞれのシチュエーションでの映像設計が、キャラクターの心情と密接にリンクしている。個人的に本作でツボだったのが、いわばSIRIさんの究極進化系である、ジョイのキャラクター。個人的に唯一の不満点は、ヴァンゲリスのテーマ曲を使ってくれなかったこと。35年ぶりとは言っても完全な続きものなので、前作を鑑賞していることは必須。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年10月31日
『ブレードランナー2049』 知りたいことはまだ残っている
Excerpt(概要):1982年公開の『ブレードランナー』の続編。こちらも観ておくと理解の助けになる。前作を受け継いだビジュアルは見応え十分なのだけれど、如何せん長すぎることは否めない。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年10月31日
ブレードランナー 2049
Excerpt(概要):前作の常に雨模様でアジアちっくな雰囲気は活かされてたのは良かったです。今回は晩秋を思わす景色に雪景色も素敵でした。35年経った目覚ましい進歩を遂げた...という感じの映像は本当に素晴らしく美しい映像となってました。音楽も壮大な感じで映像に合ってましたね。全体的に淡々とした展開だったわりに一睡もせずに観られたのはすごい!面白さは前作には及びませんでしたがこれはこれで好きです。一番大きなスクリーンでやや前のほうの席で観たので壮大な映像も堪能できました。見終って....やっぱり35年前に作られた『ブレードランナー』はすごいなーと改めて思いました!
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年10月31日
ブレードランナー 2049
Excerpt(概要):終盤での巨大な倒壊した裸婦像の数々に江戸川乱歩の「パノラマ島奇譚」「影男」「大暗室」あたりを想起させられたくらいが感じ入ったところかな。ライアン・ゴズリングの愁いを帯びながらも無表情な感じがとても印象的。前作のショーン・ヤングに変わってのヒロイン、ジョイ役のアナ・デ・アルマスもカワイかったし、あと役名ど忘れしたけどダリル・ハンナばりに強かったKを追う女性シルヴィア・フークスのふたりの女性の存在に目が行った。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2017年10月30日
ブレードランナー2049〜ホログラム化した世界?
Excerpt(概要):★★★★ 新型のブレードランナーK(ライアン・ゴズリング)は固まったくらい無表情。ゴズリングは元々そういう俳優なのだけれど、30年前のデッカード(ハリソン・フォード)と比べるとあまりにもあまりだ。これは意図的配役としか思えない。砂漠の中でKが見つける女性像の頭は自由の女神が廃墟と化し、海岸に落ちている「猿の惑星」へのオマージュかと思えて来る。もう一つ、オリジナル作品を超えられないのはエンディングテーマ曲。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年10月27日
劇場鑑賞「ブレードランナー2049」
Excerpt(概要):スゲー!という言葉しか出てこない。前作を観ていなくても大丈夫なように作ってあるのも高評価。でも、ストーリーくらいは読んでおいた方が良いでしょう。キャスト陣は、ライアン・ゴズリングがブレードランナーであるKを見事に演じ切っていました。ハリソン・フォード演じるデッカードは後半に登場するんだけど、やはり存在感ありますね。全体を通して、163分もの長時間を全く飽きさせない演出で魅せきっていたと思います。ストーリーも素晴らしいのひと言!今作は絶対に劇場で観るべき作品!
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2017年10月27日
『ブレードランナー 2049』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★★ 人間の都合で理不尽に使い捨てされてきたレプリカントが、新たな一面と動きを見せてくれる。私自身は、ラストに何とも言えない切なさを感じ、もうこれだけで満足できた。この数秒間の哀愁を感じるために、163分の長さが必要だったのだと思えるほどだ。SF映画の金字塔と讃えられる前作に続き、本作もまた美しい傑作である。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2017年10月25日
参照ページ:ブレードランナー 2049

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.