スパイダーマン:ホームカミング : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/sgmfkwraj
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:スパイダーマン:ホームカミング
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(21)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
スパイダーマン:ホームカミング
Excerpt(概要):新シリーズ1作目にしては、いきなり感がある。スーツレディ(カレン)との掛け合い、けっこう面白かったので、次回もアレでお願いしたい。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2017年9月21日
【cinma】『スパイダーマン:ホームカミング』
Excerpt(概要):主人公の低年齢化も含めて、いろいろ設定変更されていて、これは自分が好きなスパイディとは別物だけど、パラレルワールド的な感じて楽しめた。自分は2D字幕で見たけど、せっかくなのでIMAXやMX4Dなどで見るのもいい。とにかく軽いノリでスピード感があるし、映像がスゴイので大画面で一緒に楽しみながら見るのが正解なんだと思う! デート映画としてもオススメ。
Weblog(サイト)名 : ・*・ etoile ・*・  / Tracked : 2017年9月11日
スパイダーマン ホームカミング
Excerpt(概要):初代や二代目と大分異なる部分が見受けられて驚きも色々ありましたので、なんか個人的には本作の方がアメイジングなスパイダーマンでもあったような気もしました。今回の悪者である鳥人ヴァルチャーは、個人的にシリーズの中でも特に好きなヴィランとなりましたね。MCU関連作もかなり長い事続いてるだけに、その世界観も徐々に変わりつつあるのを今更ながらに感じてしまったのでした。
Weblog(サイト)名 : シネマをぶった斬りっ!!  / Tracked : 2017年9月7日
スパイダーマン ホームカミング
Excerpt(概要):★★★ これだけでも楽しめる作品となっているように思います。本作でスパイダーマンが対決するヴィランは、トゥーマスがウイングスーツを着装してなりすますヴァルチャーですが、それをマイケル・キートンが演じていることが面白いなと思いました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年9月4日
【映画】スパイダーマン:ホームカミング
Excerpt(概要):★★★★★ 過去の「スパイダーマン」の中では一番好きな「スパイダーマン」となりました。映画の作り、見せ方は上手い。このシリーズでは「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」とならぶ、高評価です。
Weblog(サイト)名 : ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  / Tracked : 2017年8月30日
「スパイダーマン:ホームカミング」@109シネマズ川崎
Excerpt(概要):初見の方にもわかる様に出生を回想でも良かったので入れてほしかった。オタク系男子のピーター・パーカーがスパイダーマンとして「シビル・ウォー」へ参戦した時の裏側が描かれるので、「シビル・ウォー」は押さえておきたい。作品の見せ場も多く、ワシントン記念塔を使った大掛かりなアクションを筆頭に、大型客船でバルチャーとのバトルの果てのデザスターと大画面を意識した絵作りが上手い。クライマックスのスパイダーマンとバルチャーのバトルは背景が夜なので非常に見づらかった。全体的に良い出来なのだがキャスティングが難点に感じた。あわてて退場しないように。
Weblog(サイト)名 : 新・辛口映画館  / Tracked : 2017年8月28日
80『スパイダーマン ホームカミング』親愛なる隣人へ
Excerpt(概要):★★★★ 退屈なエピソードが無くなっただけでなく、冒頭のスパイダーマンから「重さ」「責任」を排除し、「青くて無謀」な要素を微笑ましく凝縮させる事に成功。トムホランドが纏う若さが後押しし、過去シリーズ最も応援したくなる、成長を見守りたくなるスパイダーマンになっています!アベンジャーズの存在への憧れと、一部共感せざるえないヴィランの主張。この対比を活用し、スパイダーマンがスパイダーマンである所以、つまり『親愛なる友人』という解へ繋がる展開に、もうこれ以上の正解ないでしょと、最高に上がりました。トムホランド演じるスパイダーマンが良いと書きましたが、マイケルキートンが演じる悪役ヴァーチャーも素晴らしいです。
Weblog(サイト)名 : シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ  / Tracked : 2017年8月27日
映画『スパイダーマン:ホームカミング』☆”ホームカミング”はそこか!?(>_
Excerpt(概要):“武器”は、ほぼ“クモの糸”だけという、スパイダーマンの敏捷性“も“カッコイイ本作は、新シリーズ第一作目なんだそうです。好きなシーンは、クモの糸を、めいっぱい引っ張って踏ん張るところ。
Weblog(サイト)名 : yutake☆イヴの《映画☆一期一会》  / Tracked : 2017年8月25日
「スパイダーマン:ホームカミング」
Excerpt(概要):★★★★ 今回のトム・ホランド編は最初から素直に楽しめることができた。スパイダーマン、もう飽きた、と少し思っていたけれど、主役の若々しいキャラクターなどで、そんな気持ちを吹き飛ばして、気持ちよく快調に見せてくれる一編。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年8月22日
『スパイダーマン:ホームカミング』 過去のシリーズとは大違い!
Excerpt(概要):スパイダーマンというキャラクターの奥深さを改めて感じさせるものだった。題名に付けられた homecoming には三つの意味が込められているのだろう。一つには、「帰宅」とか「帰郷」の意味がある。二つ目は、劇中で描かれるホームカミングパーティーのこと。三つ目が、マーベル・スタジオが制作する一連のヒーロー映画群、マーベル・シネマティック・ユニバースへスパイダーマンが帰ってきたことを指す。
Weblog(サイト)名 : 映画のブログ  / Tracked : 2017年8月21日
『スパイダーマン:ホームカミング』 スパイダーマンの青春時代
Excerpt(概要):設定等は何となくわかっているからそれほど違和感もなく『スパイダーマン:ホームカミング』も楽しめた。ヒーローのつもりが騒ぎを大きくして父代わりアイアンマンに助けてもらうピーターはまだまだ未熟者で、この作品はピーターの成長物語となっている。そして、まだ学生でもあるピーターの青春を描く作品でもある。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年8月20日
「スパイダーマン ホームカミング」:軽やかな青春コメディ
Excerpt(概要):トムくんのスパイダーマンはお調子者で、まあやることなすこと「小僧っ子」ですね。悪い意味で「軽い」。でも、本作はそんな彼の成長譚にもなっています。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年8月19日
スパイダーマン;ホームカミング・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ 過去作に比べると学校生活の比重が高く、コンプレックスを抱えた学園のギークによる、ズッコケ青春ヒーロー映画の趣きだ。本作を端的に表すならば、アベンジャーズにちょっと呼ばれたので、思いっきり浮き足立ってしまった若きスパイディが、ヒーロー活動の責任と高校生活の楽しみの間で葛藤しながら、ローカルヒーローとしての地に足をつけたポジションを固めるまでの青春ストーリーだ。欠点が一つあって、それはヒーロー映画として、カタルシスのあるアクションの見せ場が相対的に少ないということ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年8月14日
『スパイダーマン:ホームカミング』('17初鑑賞91・劇場)
Excerpt(概要):★★★★★ 新シリーズは、今まで以上に楽しくライトな感覚。これから、アベンジャーズの面々とどう関わっていくのか、また、『スパイダーマン』としてのさらなる悪役との闘いにおおいに期待したいと思います。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年8月14日
スパイダーマン : ホームカミング
Excerpt(概要):悩める思春期ヒーロー、決して根っからの悪ではない敵、地球や宇宙に神の世界レベルではないご近所界隈での正義譚とらしさがきちんと踏襲されていて「スパイダーマン」としてしっかりした作品だった。ピーター役のトム・ホランドは設定の高校生とは思えない鍛えられた肉体はたいしたものだと思うものの、まぁ可もなく不可もなくといった印象かなぁと。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2017年8月13日
スパイダーマン:ホームカミング
Excerpt(概要):★★★★ これは面白かった。テンポよくサクサク進むし、ピーターもまだまだ若くてスタークに認められたくて、背伸びしてしまうも、いろいろあって自分の存在価値や居場所を見つけていくって感じの青春物になっていて楽しく観られた。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2017年8月13日
スパイダーマン:ホームカミング
Excerpt(概要):★★★★ ヒロインの子がいまいちだったなー。前半でスパイダーマンがアベンジャーズと闘ってる...というシーンがツボでしたわ。ピーターのぽっちゃりなお友達ネッドがかなーりいい味だしてて面白かった。エンドロール後のおまけ映像も必見。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年8月12日
[映画『スパイダーマン:ホームカミング』を観た]
Excerpt(概要):なにが良かったかと言うと、数度リブートされた既存のシリーズの「文法」に倣わず、独自性を生み出していたからだ。心も身体も未熟のピーター・パーカーなのだが、その稚拙な動きが細かい描写でリアルに表現されるので、なんか面白い。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 b... / Tracked : 2017年8月12日
スパイダーマン:ホームカミング(あるいはバードマン降臨)
Excerpt(概要): 「シビルウォー」でも描かれていたが、こちらも1対99の格差社会がテーマ。「ホームカミング」の別の意味は学園祭で、実際、学園祭がメインな舞台の一つになっている。ただロマンス色は薄い。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年8月11日
映画「スパイダーマン:ホームカミング(2D・日本語字幕版)」 感想と採点
Excerpt(概要):★★★★ 本作の一番評価すべきは、その血気盛んなところと新鮮さ。物語と登場人物が練りに練られており、本当に良く出来てる。軽快で軽妙な、ど派手アクションシーンも盛りだくさん。マイケル・キートンの “怪演” と言う比喩がピッタリな翼の怪物バルチャーとの戦いはハラハラドキドキで見応え十分。クレジットタイトルのあとにも映像があるので、最後の「SONY」のロゴが出るまで席を立ちませんように。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2017年8月11日
劇場鑑賞「スパイダーマン:ホームカミング」
Excerpt(概要):面白かったと思います。今作は「シビル・ウォー」後のストーリーとなっているので、必ず観ておいた方が良い。トム・ホランドですが、スパイダーマンとしての苦悩を上手く演じていました。トニー・スターク役のロバート・ダウニー Jr.は安定した存在感。全体を通して、今までのスパイダーマンよりもかなりフレッシュな印象に仕上がっていました。スピード感溢れるアクションに迫力のCG映像、とても見応えあり。終盤は手に汗握りますよ。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進! ver.F  / Tracked : 2017年8月11日
参照ページ:スパイダーマン:ホームカミング

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.