リバーズ・エッジ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/qtuavqsgs
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:リバーズ・エッジ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(7)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『リバーズ・エッジ』をユナイテッドシネマ豊洲9で観て、
Excerpt(概要):★★★ 二階堂ふみは乳首を出す事で宮崎あおい類似品の呪縛を立ち切った。森川葵の壊れる演技は鉄板すぎて素晴らしい。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記・第二章  / Tracked : 2018年3月10日
「リバーズ・エッジ」:若手俳優の芝居合戦
Excerpt(概要):90年代前半を舞台にした作品なのに、現代とあまりに共振していて、時々年代を忘れるぐらいアップトゥデートなのに驚きます。若い役者たちがそれぞれ見事!夢見る乙女役の森川葵の歪み方が、これまた凄かったです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2018年2月22日
『リバーズ・エッジ』 ラストの解放感?
Excerpt(概要):個人的にはこのインタビュー・シーンには、インタビュアーである大人と答える側にいる若者との隔たりのようなものを感じた。大人側にいる行定監督としては、若者の気持ちの機微はうまくわからなくとも、映画のテクニックでそれを伝えようとしたということなのかもしれない。もっとも、簡単に伝わるようなことならば岡崎京子は漫画を描かなかっただろうし、行定勲もそれを映画にしようともしないだろうとも思う。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2018年2月20日
リバーズ・エッジ
Excerpt(概要):★★★ いじめられたから殺すというのは先行作品に比べて分かりやすすぎて凡俗な気がする。しかもいじめた相手には何もできないとはヘタレだろう。もう少し、人を殺すこと、死ということそのものへの省察もあっていい筈だが、あまりにストレート過ぎる。一番演技がうまそうな森川葵を生かし切れてなかったような。二階堂はこれまでにも増して脱ぎっぷりが凄い。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2018年2月18日
リバーズ・エッジ
Excerpt(概要):★★★★ 主人公はハルナで、ちょっと大人びた二階堂ふみちゃんが演じている。もちろん制服何て着てないから、年齢的にも女子高生というか20歳くらいの女の子っていう感じがする。まったくもって、90年代の高校生たちは、こうも淫らで軽薄なのか。だからセックスのシーンは観る者をいこごち悪くさせるほど生々しいし、ドラッグやタバコを良く吸うのにも呆れるし、暴力は痛々しく感じる。
Weblog(サイト)名 : 映画に夢中  / Tracked : 2018年2月17日
リバーズ・エッジ
Excerpt(概要):映画はエッジが立っていた。一番のポイントは、やっぱり二階堂ふみちゃんだ。後世きっと本作は二階堂ふみ覚醒の一作として語り継がれることになるだろう。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2018年2月8日
リバーズ・エッジ・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★ 映画は、あえてここが何年と言う時代設定に言及はないものの、原作を踏襲したセリフの内容などから、基本的には原作と同じ93〜94年頃と捉えていいのだろう。面白いのは劇中の登場人物が、一人ずつインタビューを受けるというアイディア。覚悟を決めた渾身の演技を見せる、若い俳優たちが素晴らしい。若者たちのリアルな生と性を引き出し、四半世紀前の原作を現在に作る意味を明確に描き出した行定監督にとっても、本作は新たな代表作になったのではないだろうか。岡崎京子の原作のファンとしてもこれは納得、作り手の情念を感じさせる傑作である。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2018年1月30日
参照ページ:リバーズ・エッジ

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.