永い言い訳 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/qsptnqvvo
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:永い言い訳
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(16)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『永い言い訳』を新文芸坐で観て、
Excerpt(概要):★★★ モックンがずっと居心地悪そうにしているのを見ているのはキツい。だから、単純人間の竹原ピストルとごくごく普通の子供二人が出てきたのは良かった。
Weblog(サイト)名 : ふじき78の死屍累々映画日記  / Tracked : 2017年3月12日
永い言い訳
Excerpt(概要):★★★★★ ラストシーンをどこにもっていくかは、観客のなかでも意見がわかれるでしょうが、僕は本作のラストシーンはすごい余韻があって好きです。男はバカでも、どこかいとおしくおもっている監督の思いが。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年11月11日
永い言い訳
Excerpt(概要):★★★★ 主人公の作家を演じる本木雅弘や、妻の親友の夫を演じる竹原ピストルの演技が優れており、さらに出番は短いものの、主人公の妻を演じる深津絵里が印象的な作品です。この世に存在しなくなった人に対してあとからいくら思いの丈を話そうとしても、文字通り後の祭りだということを、本作も、そして『今度は愛妻家』も、見る者に説得力を持ってわからせてくれる作品だなと思いました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2016年11月1日
『永い言い訳』の幸福感
Excerpt(概要):相対する人と人の微妙な感情の揺れを丁寧に掬いあげる。印象的なシーンはたくさんあるけど、『夢売るふたり』なんかに比べてドラマの骨格が弱いように思えた。
Weblog(サイト)名 : Days of Books, Films  / Tracked : 2016年11月1日
永い言い訳
Excerpt(概要):どんなに、冷えていても夫婦だった人間が突然いなくなる、当たり前のように心に大きな穴が開きますよね。人それぞれそれを一生懸命いろんな方法で埋めようとします。幸夫にとっては、それが大宮家になっていくんですが、もしかしたらそれでは埋まらないという事を幸夫は初めからわかっていた。ただやらなければ自分がおかしくなってしまうだろう、必死さも感じました。ある部分ではわかるし、ある部分では納得できない作品でしたね。
Weblog(サイト)名 : atts1964  / Tracked : 2016年10月27日
永い言い訳・・・・・評価額1700円
Excerpt(概要):★★★★ スクリーンに映しだされた“もう一人の自分”を目撃するかのような、ちょっと痛くてささやかな希望をもらえる充実の2時間4分。なるほど「長い」ではなく「永い」か。これは絶妙なタイトル。16ミリフィルムによる粒子の粗い、それでいて優しい質感の映像が物語の詩情を高め、手嶌葵の歌う挿入歌がグッと涙腺を刺激する。
じんわりとした余韻が永く残る秀作である。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2016年10月26日
「永い言い訳」
Excerpt(概要):★★★★★ 鋭い人間観察眼、人間という存在のおかしさ、哀しさを鋭く切り取る脚本・演出の巧みさ、さらに出演する俳優が、二人の子役も含めてみんなうまい。幸夫が二人の兄妹の世話をするくだりがとてもいい。人間の愚かしさを見つめる、西川監督の眼は相変わらず厳しいが、最後にほっこり、我々の心をなごませるシーンで締めくくっているのは、監督自身の新たな進歩と言えるのかも知れない。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2016年10月23日
永い言い訳
Excerpt(概要):★★★★ 喪失と再生の物語。どの人も適役で、特に子どもたちは秀逸。会話のひとつひとつが、とても丁寧に語られている。文学的であるのだけど、風景や色合いも良かった。特に海へ行くところは、日本じゃないみたい。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2016年10月22日
隣の芝生は青い。『永い言い訳』
Excerpt(概要):★★★★ 幸夫クン、トラック運転手の男、お互いに相手の事を羨ましいと思う気持ちがなんだかとてもリアルに感じました。同じ事故で妻を亡くした対照的なタイプの男たちは愛する人が自分の心の中にいる事で自分の人生は支えられているのだとジワジワと心に突き刺さりながら時間を掛けて受け止めてゆくこの映画。毒々しい内容でも主人公が男性だからこそ、後味が悪くなく成立した作品のような気がします。
Weblog(サイト)名 : 水曜日のシネマ日記  / Tracked : 2016年10月21日
永い言い訳
Excerpt(概要):★★★★★ 祥雄は愛していない妻が亡くなったので、ダメージは少ないと思っていた。でも、罪の意識は誰よりも強いのだ。祥雄が本当に立ち直るには、作家として再出発するしかないのだった。そこまでの過程が実に丁寧に描かれていた。すばらしい作品だ。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2016年10月19日
「永い言い訳」☆言い訳の答え
Excerpt(概要):笑いも有り、私なんて結構ずーっとウルウルし通しだったくらいだけど、ここはさすがの西川美和作品、一筋縄ではいかない。「いったい何を言い訳していたのか?」は明確にはされないのだから。親友の夫、大宮役の竹原ピストルさんがまたいい!何よりマイペースなあかりちゃん(白鳥玉季)が絶妙!凄いのはもう一人、冒頭でさっそく死んじゃう深津絵里。意味ありげな表情で、わずかな出演でもその存在感は見事!
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2016年10月19日
「永い言い訳」:厄介なダメ男の系譜
Excerpt(概要):子供二人がめっぽう良いのです。個人的には、メガネで吃音の山田真歩がなかなか良かったですね。ふかっちゃん(深津絵里)が冒頭の出演だけで、作品自体に「不在の気配」を漂わせ、これがハマりました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年10月17日
永い言い訳
Excerpt(概要):予告を観た時に感じた重苦しさはそれほどではなく、未熟な大人の情けなさ、可笑しさを、優しくみつめ心をほぐしていくような作品でした。子供たちは二人ともとっても自然でよかったです!西川監督らしい生々しさもほどほどで、心は波立つけれど、でも、その波は温かい。好きな作品です。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2016年10月16日
『永い言い訳』 “他者”とは誰のこと?
Excerpt(概要):物事の様々な側面を捉えるような曖昧さやややこしさがある。本木雅弘の世間的なイメージをうまく利用している点で、『そして父になる』(是枝裕和監督)の福山雅治の使い方とよく似ている。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2016年10月16日
永い言い訳〜自家中毒的作家論
Excerpt(概要): タイトルの「永い言い訳」とは決して妻を愛せなかった言い訳でも、妻が亡くなっても悲しめない言い訳でもなく、「書けない言い訳」。それにしても交通事故を二度も設定するって一体何なの? これ自体、幸夫の創造力の減退を現わしてないか。そもそも「そし父」に似ているというところも。その中で唯一の救いは深津絵里のみが面倒臭い葛藤から免れて美しさを保ち続けていたところか。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年10月15日
永い言い訳
Excerpt(概要):絶賛する人も多いようだが、捻くれ者の俺には響かなかった。やっぱり衣笠幸夫の内面に共感できなかったということに尽きるのだろう。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2016年10月4日
参照ページ:永い言い訳

Google Web 象ロケ内






≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.