海辺の生と死 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/qmvndeste
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:海辺の生と死
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(1)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「海辺の生と死」:じーーーっくり撮りすぎ
Excerpt(概要):こじんまりとしながらも2時間35分の長尺です。芝居の持続により、役者の全身から立ち上るリアルな切迫感や情動が、(例えば相米の長回しのようには)感じられなかったのです。この手法を生かすには、満島ひかりの場合(演技が)うますぎたのかも知れません。あ、でも永山絢斗の芝居は今回もうまいとは言えませんが。「緊張→弛緩:意外性とそこに漂う虚しさ」という構図はわかりますが、何だかやりようによっては、もっとこの作品を高められたような気がしてなりませんでした。特に最後の最後はあまりに軽くて、この2時間35分を支え切れていなかったように思えるのです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年8月22日

トラックバック機能の無いブログからもトラックバックができます。

こちらのコーナーで皆さんのページをご紹介いたします。

「本格的な映画論評」から「気ら〜くなちょっとした感想」まで皆さんのトラックバックにお応えいたします。

ブログに限定せず、全てのサイトに対応しています。








≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.