湯を沸かすほどの熱い愛 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/qcxikvgnfr
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:湯を沸かすほどの熱い愛
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(18)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
【映画】湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):★★★★★ 世間の高評価や賞レースの様子を見ている限り、普通の難病お涙頂戴物ではないんだろうなと、期待値高めで鑑賞しましたが、その期待値を大きく上回る感動に、涙腺が崩壊しっ放しの2時間強でした。宮沢りえが演じた主人公・双葉のお母さんぶり、いや、おかあちゃんぶりが凄かった。この映画は、宮沢りえと杉咲花&伊東蒼のいろんなものを超越した母娘の絆、これに尽きますね!
Weblog(サイト)名 : ただただ映画を楽しんでる人のブログ  / Tracked : 2017年1月28日
湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):★★★★★ 宮沢りえを主演に迎えてすばらしい演技を見せており、子役たちの頑張りもいい。オダギリジョーのいい加減な所もうまいと思う。余命2ヶ月と宣告された肝っ玉母さんが命をかけて残される家族をしっかりとさせる様子が頼もしいし、死にたくないと訴える弱さも切実さが伝わる。3人に一人がガンで亡くなる時代に必見の映画なのかもしれない。必見の映画だろう。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記  / Tracked : 2017年1月25日
湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):★★★★★ 何をかけばいいのかわからないくらい感動してしまった。このおかあちゃんが本当にすごい。自分の病気のことより、人のこと。家族のことを考える。とにかく宮沢りえが本当にすごい!杉咲花ちゃんもすごかったな〜。松坂桃李くんもよかったね〜。双葉さんのように強くておおきな愛に包んでくれる人にギューってしてもらって、大丈夫だよってもらいたいわ〜。
Weblog(サイト)名 : C’est joli ここちいい... / Tracked : 2017年1月15日
湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):最後まで頑張った主人公の生き様と家族への愛に、元気を貰えるような作品でした。何と言っても俳優陣がいいです。ラストの全てを吹き飛ばすようなフィクションらしい展開には思わず、嘘!?と呟いてしまいましたけど、観終った時、私も双葉さんに出会ってみたいなあと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年11月26日
『湯を沸かすほどの熱い愛』('16初鑑賞101・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ 素直に、脚本がすごく良く出来ているなと鑑賞しながら思いました。何気ない場面にしっかりと伏線が仕込んであります。映画として、ほんとに面白い作品でした。でもラストの好き嫌いははっきりとしますねぇ。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2016年11月18日
「湯を沸かすほどの熱い愛」:脚本の技量・演出の力量・演技の熱量
Excerpt(概要):感動しました。泣けました。一つ一つの表現のコクや、それ以上に役者たちの演技が、味を出しているのです。それぐらいどの役者も魅力的です。宮沢りえは、相変わらず名女優と呼ぶにふさわしい見事な深みを湛えた芝居です。そして杉咲花!今回の彼女の演技、特に表情は圧巻です。ポジティヴで力強いエンディングです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年11月17日
「湯を沸かすほどの熱い愛」
Excerpt(概要):★★★★ 余命宣告を受けてもポジティブに、前に向かって生きる元気印の母親の奮闘を明るく描いた、見事な傑作であった。家族の絆、亡くなった家族をどうおくるか、というテーマは、前作、本作にも共通しており、本作に感銘した方は、「チチを撮りに」も是非ご覧になる事をお奨めする。宮沢りえが素晴らしい。今年一番泣けた、素敵な秀作と言えるだろう。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2016年11月13日
『湯を沸かすほどの熱い愛』 ぬくもり程度では納得できない
Excerpt(概要):お涙頂戴といった湿っぽい感じになるのを懸念していたのだが、そこはうまく回避していた。もちろん色々と泣かせるところはあるのだけれど、やるべきことはやりきったという達成感のほうが強く残る。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2016年11月12日
湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):心がきつい作品でしたね。ラストのあの決着はちょっと驚きました。人によっては感動がふっ飛ぶところかもしれませんが、解釈によってはそうかもなあと思いました。
Weblog(サイト)名 : atts1964  / Tracked : 2016年11月11日
湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):★★★★ 今まで何となく先送りにしていた課題をてきぱきと片付けようとする双葉の姿勢に敬服します。まさに背筋がぴんと張ったような美しさ。安澄と鮎子に対する向き合い方もまた素晴らしい。宮沢りえは名優であることは言うまでもないけれど、彼女の代表作として取り上げてもいいほどのはまり役。オダギリジョーのいつもの抜いた演技がとてもマリア−ジュしたからともいえそうです。また、杉咲、伊東の体当たりといっていい熱演も、このご時世にすごいなあ。松坂がごく普通の青年というのも、最近では逆に珍しかったかも。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年11月11日
湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):★★★★ 見終わってもジメッとならず、むしろカラッとした気持ちになってしまいます。宮沢りえは本当に大した俳優になったものだと思いました。本作は、いわゆる“余命物”にありがちな雰囲気はほとんど感じさせず、むしろユーモアすら見出せ、なるほどそうなのかと思わせるラストシーンをも含め、むしろカラッとした明るい感じで映画館を後にすることができました。そうなる要因の大きなものは、おそらく主演の宮沢りえの素晴らしい演技でしょう。『紙の月』におけるリアルな演技もよかったですが、本作の肝っ玉母さん的なものも感銘を受けました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2016年11月11日
湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):心地よい2時間を過ごせました。この物語には様々な母親が隠れています。妻として、母として、女として、そして娘としても、最後まで偽りのない自分の愛を燃焼させた双葉が残したもの、親として、その前に女として、自分の生き方を考えさせられる作品でした。
Weblog(サイト)名 : to Heart  / Tracked : 2016年11月7日
ショートレビュー「湯を沸かすほど熱い愛・・・・・評価額1700円」
Excerpt(概要):★★★★ 前半、綿密に張られた伏線がひとつひとつ回収され、秘められていた家族の真実の姿が明らかになる後半は、良くできたミステリを観ている様。自らは愛されなかった故、逆に自分以外は愛に包まれていて欲しいという双葉の苦しくも熱い想いに、いつしか涙腺は決壊している。杉咲花のいじめられっ子やオダギリジョーのダメ父さんも好演だけど、本作はやはり宮沢りえのスター映画だ。細くって、そのまま消えてしまいそうな繊細な少女性と、パワフルな母性を同時に体現して素晴らしい。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2016年11月6日
[映画『『湯を沸かすほどの熱い愛』を観た]
Excerpt(概要):勝負下着、「シャブシャブ」コール、手話、天国の所在、車の色・・・、絶妙の伏線を効かせつつ、フランス映画のような、とぼけた味わいの良作です。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 b... / Tracked : 2016年11月2日
湯を沸かすほどの熱い愛〜or黒焦げになるほどの…
Excerpt(概要):★★★★★ 大体、癌で余命二カ月を宣告される幸野双葉(宮沢りえ)自身がこの銭湯の比喩ぽい。一家の風習になっているしゃぶしゃぶ料理もお風呂のメタファー(笑)。宮沢りえが自転車を漕ぐシーンはどうしても「紙の月」を連想してしまう。皮肉なことに余命2カ月の宮沢の方が健康そうに見えるのだけれど。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年10月30日
『湯を沸かすほどの熱い愛』 誰も傷つけない愛の深さ
Excerpt(概要):★★★★ 「余命宣告」がしっかりと予告にも出てしまっているので、単に人の終焉だけを語るのでは意味がない。そこに至るまでに一体どんなプロセスがあったか?自分が克服すべき課題は解決できたか?遺された者たちの心情はいかがか?ということまできっちり入っていて初めて観客も納得できる作品と言えるのではないでしょうか。その点、本作はこれらのポイントがちゃんと盛り込まれている。
Weblog(サイト)名 : Nice One!! @goo  / Tracked : 2016年10月29日
「湯を沸かすほどの熱い愛」☆血よりも濃い赤
Excerpt(概要):よくある余命宣告を受けた人の病気もの感動ストーリーとはちょっと違う。病人をやらせたら右に出る者がいない天下の宮沢りえは勿論、娘役の花ちゃん他、子役たちの演技がとにかく素晴らしい。今年の邦画ナンバーワンに輝いてもよい良作なのに、ちょっと最後にモヤッとしたのだけが残念。
Weblog(サイト)名 : ノルウェー暮らし・イン・原宿  / Tracked : 2016年9月24日
湯を沸かすほどの熱い愛
Excerpt(概要):笑って泣けて今年一番泣いた作品となってしまった。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2016年9月23日
参照ページ:湯を沸かすほどの熱い愛

Google Web 象ロケ内






≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.