ハプニング : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/plrpokkzab
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ハプニング
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(25)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ハプニング/The Happening
Excerpt(概要):ゾーイ・デシャネルがまたぞろ無神経で面倒臭そうな女を絶妙な塩梅で好演しており実に素晴らしく、更に。マーク・ウォールバーグが演じる旦那と共に主人公夫婦として、その関係性を中心に描かれるエピソード群にシュールな色を与え底抜けに面白い場面に成し得ている、と。とした可笑しみは最高の一言に尽きるんですけれども。、即ち都度に挟まれる見世物としての人死に描写ですけれども、積極的に自死に向かう様子を奇行として間接的に客観的に見せる事で以て曖昧模糊とした雰囲気を残すその方向性がすこぶる好みだったものですからして、もっと数を増やして欲しかったところ、と。
Weblog(サイト)名 : Death to Mary Pumpkinhead  / Tracked : 2013年1月17日
ハプニング
Excerpt(概要):★★★ またそんな感じで終わるの〜??みたいな終わり方でした。本当にインパクトだけの映画が出来上がってしまった感じ…。警察官が、拳銃で自分の頭を打って死んだかと思うと、近くにいた人がまたその拳銃で…っていう下りとか、車で木に突っ込むシーンとか…笑ってしまう、、。しかも主人公のマーク・ウォールバーグも驚いてみたり、泣いてみたりするけど、その演技がまたわざとらしくて… でも、自分なりに楽しんで見ていたし私はある意味面白かったかな☆
Weblog(サイト)名 : Addict allcinema おすすめ映画レビュー  / Tracked : 2009年10月2日
「ハプニング」(The Happening)
Excerpt(概要):★★★ シャラマン監督は人類の環境破壊はこうした異変を引き起こした、と主張したかったのだろう。本作のラストシーンは、まさにその警告の表れで、まるでこれからも問題は続いていくといった[オーメン]でダミアン少年が振り返るラストシーンとオーバーラップする。監督は「生態系の中の変化により、すべてが一変し、人間の自己防衛本能を破壊するものだったら、というのが本作のモチーフ」と語った。
Weblog(サイト)名 : シネマ・ワンダーランド  / Tracked : 2009年5月3日
ハプニング
Excerpt(概要):★★ オチとかその後の展開とかはもうシャマランだし、こんなもんかーと、彼に対する落胆なれしていて怒る気にもなれず(爆) 何度騙されて(?)もつい見てしまうのがこの監督の魅力(??)でしょうかねぇ…。エリオットが、プラスチックと後からわかっても敢えて植物に話しかけるというのは印象に残りました。偽物とわかっても、なんかそうしちゃうだろうねぇ。。。
Weblog(サイト)名 : 映画、言いたい放題!  / Tracked : 2009年4月12日
【映画】ハプニング…パニック映画だけど皆さん結構冷静
Excerpt(概要):★★★ 起承転結のルールにも縛られていない作品ですねコレ。なんか良くも悪くも新鮮"起"と"転"だけで終わる…みたいな。普通途中にもラストにも映画としてのメッセージって特に無い。まぁ、この不可避な死ってのは想像すれば怖いし、安易な脚本でも無かったのは個人的には高評価。オチていなくてもね。
Weblog(サイト)名 : ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  / Tracked : 2009年3月26日
ハプニング
Excerpt(概要):シャマラン的なものを期待して観ると肩透かしを食らうだろう。いつものような小細工はなく、とてもストレート。映像的にはノッケからエグイ!ウエー…とか言っちゃった。その後もあらゆる自殺方法が見せつけられる。芝刈り機ウエー… 「自然界のことは完全にはわからない」の一言に尽きます。それを考えれば、人類何するものぞ。人類はあまりにも小さい。
Weblog(サイト)名 : 猫の毛玉 映画館  / Tracked : 2008年10月17日
ハプニング 予告編の方がおもしろい
Excerpt(概要):本当の恐怖というのは、目に見えない正体がみえないものかもしれないとは思うのだが、それを映画でやられてもなあ。この監督だけに確信犯的に仕掛けてくるんだろうとか考えるとあまり現実感をもってみれないからか、結局不安も恐怖もあまり感じずに終わってしまった。だだ、もしこの映画と同じことが起こったらこの映画ほど恐ろしい映画はないかもしれない。
Weblog(サイト)名 : もっきぃの映画館でみよう / Tracked : 2008年10月13日
映画[ ハプニング ]お帰りなさい、M・ナイト・シャマラン監督
Excerpt(概要):建設現場から降ってくる画は鳥肌ものだ。あの怖さは、今まで味わったことがない。撮影監督に[シックス・センス][サイン]を手掛けたタク・フジモトが担当も理由のひとつだろう…あんな映像どうやって撮るのだろうか。やっぱり合成かな? 映画は「見えない恐怖」をテーマに数々の仕掛けが施されている。この異常現象も原因がわからぬまま、幕が閉じる。シャマラン監督、まだまだ期待できるのではないか。
Weblog(サイト)名 : アロハ坊主の日がな一日  / Tracked : 2008年10月6日
ハプニング 見てきました。
Excerpt(概要):前半はとても良かったんです。原因もわからず人々が死んでいく様。あの異常な光景は背筋が凍りそうになります。でもその後が…。見えない敵から逃げるのにそんななの?とか、テレビの解説が根拠なさ過ぎ、老婆を登場させた意味がわかりません。主人公達がピンチになった時に現象が終わるというご都合主義的。題材はおもしろいと思うのですが、なんかツメが甘いというか。もったいない作品だ。
Weblog(サイト)名 : よしなしごと  / Tracked : 2008年8月29日
ハプニング
Excerpt(概要):正直、見終わった時 「え!?これで終わり?」って感じです。何か知らんけど、毒素がまわってて逃げなあかんから、逃げてたら、いつのまにやら異常現象終わってたという2日間の避難を2時間かけて映像化しただけで、中身のない映画でした。これならいっそ宇宙人を出してくれたほうが良かった。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ  / Tracked : 2008年8月29日
☆「ハプニング」
Excerpt(概要):結局は、人間科学では未だ解明できない謎が、この地球にはまだまだあるんだよって事?? まあ、地球規模で発生したんじゃなく、米国北東部の原発建設多数地域だった…という人為的事件だとも示唆してたけど…ズーイーちゃんが出てなければ、スルーしてた作品。それにしてもこの監督作品、予告編は妙に上手く作るんだよね。大風呂敷広げるのが上手いというか。前作の時にはこの監督作は見に行かなーい・・・なんて怒ってたはず。
Weblog(サイト)名 : ☆☆ひらりん的映画ブログ☆☆  / Tracked : 2008年8月22日
【2008-175】ハプニング
Excerpt(概要):得体の知れない恐怖というのは先ごろ公開された「ミスト」と同じだ。中盤くらいまではパニック映画としてドキドキさせられるのだが、この映画はオチがない。恐怖の存在は人間の予測であり、突如発生の突如終了なのだ。人が逃げ回り、たくさんの人間が死んだという意外は『何が言いたかったの?』という監督の自己満足映画になってしまっている。
Weblog(サイト)名 : ダディャーナザン!ナズェミデルン... / Tracked : 2008年8月13日
『ハプニング』 怖い、でもそれはシャラマン・ファンの期待していた“先鋭さ”なのか…
Excerpt(概要):この映画、確かに"怖い"。すごく怖い。何だかわからない、説明できない怖さは、これまでにないオリジナティーのある、ハリウッドらしくない新しい形の恐怖。けれどもそれを、シャラマン監督に求めていたのかって言うと…?? きれいに"どんでん返し"で騙されたいって期待をしていると、肩透かしをくらいます。シャラマン流の"先鋭的な感覚"に、ついていけるかどうか。自信がある方、お試しください。
Weblog(サイト)名 : ketchup 36oz. on the table  / Tracked : 2008年8月9日
ハプニング
Excerpt(概要):怖かった。予想してたより怖かった。基本的には。不気味な、薄気味悪い感じ。得体の知れない脅威が迫ってくる恐怖。時には音と映像による衝撃もある。これ以上だと怖さを楽しむという事は出来なかったかも。しかし、結局、どの筋で考えても全ての現象に完全に納得する事はできないんだよな。わざとそうしてるんだろう。シャマラン監督作では誰もがどんでん返しを期待するから、「シャマランなのに種明かししない」というのが本作のどんでん返しなのかもしれない。
Weblog(サイト)名 : h  / Tracked : 2008年8月8日
『ハプニング』
Excerpt(概要):異常現象を起こしているものの原因が最後まではっきりと提示されていないことが、自分的には満足。あまりにオチに固執しすぎて作品の雰囲気にあわないオチを用意しているような作品もあることを思えば、この作品は謎で終わる部分がミステリアスでよかったかなー。観る人によっては消化不良で終わってしまうでしょうが。何にたいして防衛の手段を施せばいいのかが全く分からない、その状況下におかれたら自分はどうなるか、そういう見方をすれば非常に怖さを感じる作品ですよね。
Weblog(サイト)名 : cinema!cinema! ミーハー映画・DVD / Tracked : 2008年8月6日
ハプニング
Excerpt(概要):どんどん追い詰められるエリオットたち。ついに逃げ場を失ったエリオットとアルマ。倦怠期だったアルマが「ちょっとした浮気」をいきなりカミングアウトしたり(汗)離れ小屋に行ってしまったアルマにエリオットも純愛映画なみの台詞を喋る。なんやねん、それとちょっとガッカリ。あんだけグロいシーンをてんこ盛りにしておいて涙の恋愛モードとは?!結局なんだったの?敵の正体は?細菌?植物?テロ?宇宙人?ってことで、わからずじまいかよっ!
Weblog(サイト)名 : SUPER BLOG.JP  / Tracked : 2008年8月3日
【ハプニング】人類への警告
Excerpt(概要):ナイト・シャマランの作品は今まで何回「はぁ?」と、ならせてもらった事か・・・期待を捨てて行ったせいか、私の中のシャマラン作品では高評価。少なくとも「なんじゃ、こりゃ」ってほど悪くは無かった。面白かった。自然からこんな目に合ってしまう人類。また同じ事が起きるかも知れないし、現にラスト、どこかの国で、そうなっていたし、こんな世界に新しく生まれる命は可哀想な気もしてくる…それは後ろ向きな考え方なのだろうけど。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2008年7月31日
 『ハプニング』
Excerpt(概要):『ヴィレッジ』の頃から加速をつけて素晴らしくなったシャマラン監督が、現代によみがえったヒッチコックであることを確信できる大傑作であることに感動した。監督の映画に関しては、周囲との協調性を重んじるので、映画に興味はあるが、一般的な意見に同調することにしている。もっとも高度な演出の技術を必要とするだけに、その監督の演出の能力が明らかに見えてしまう「風」という目に見えないものの表現について、シャマラン監督は繊細ですぐれたところを見せた。
Weblog(サイト)名 : 映画の感想文日記  / Tracked : 2008年7月28日
『ハプニング』 (The Happening)
Excerpt(概要):前作があまりにもひどい作品で期待がうすれたが、レディウォーターよりは良かった。サスペンスでスリルを求める人にはいいかも。しかし起こった出来事を追求するより主人公の家族が無事に助かることだけに主題をおき、描き方に不満がある。これでは、シックスセンス以降のシャマランと変わりなし。かなりがっかりした。新たなものはあまりなかった。
Weblog(サイト)名 : Mooovingな日々  / Tracked : 2008年7月27日
ハプニング
Excerpt(概要):理解不能!そもそも恐怖の元がテロなのか?地球温暖化なのか?毒ガスなのか?最後の最後まで見てもわからん!監督の見えないものの恐怖を描きたかったのはわかるけども、何もないラストにあっけにとられてしまいましたとさっ。恐怖の理由が何だかわからないからこそ恐怖、といわれても…ただ人がばたばたと死ぬだけで、私には、ちぃーっとも痛くも痒くも怖くもないのよぉっ!ただの超常現象じゃ〜ん。最近のシャマラン監督作品はよくわからないでした。
Weblog(サイト)名 : Lovely Cinema  / Tracked : 2008年7月27日
ハプニング
Excerpt(概要):シャマラン監督作品と分かった時点で不吉な予感はしていたんですけども。とにかく説明がつかない脅威なんでねぇ〜これ。で、結局、これという原因は明かされないまま話は進む。ザワザワと風が吹くと人間が自害していく。それでも冒頭から中盤くらいまでは次々に人々が死んでいく様がなかなか巧く映像化してました。そぉ、シャマランのはいつも中盤まではまだいいのよね〜。でね、結局これって最後はどう閉めるのかに興味を絞りました。
Weblog(サイト)名 : UkiUkiれいんぼーデイ  / Tracked : 2008年7月27日
「ハプニング」ジャパンプレミァ・試写会、感想
Excerpt(概要):んー好き嫌いがはっきり分かれる映画です、今回も。そして自分は、思いっきりダメじゃんこの映画、でした・・・基本的に「音」で驚かせるホラーは、駄作の典型ですね、あと、導入部が冗長で、80分の映画なのに観終わった後、著しい疲労感、脱力感を感じ「試写会で良かったね」な感想。滅茶苦茶つまらん映画ではないですけど、ちょっとつまらん、そんな何とも微妙な映画、「シャマラン」映画でした。最後も「だから何?」みたいな、何だかなぁ…エンターティメント映画としては失格ですね。
Weblog(サイト)名 : Beinthedepthsofdespair  / Tracked : 2008年7月27日
[映画『ハプニング』を観た]
Excerpt(概要):非常に面白かった。ミステリーとホラーの境界線を綱渡りするような絶妙な演出で楽しかった。「謎の、目に見えぬ伝染」は、人知れず人を蝕む。人々は自殺するわけで、主人公たちは危険地域から脱出する中で、数々の方法での自殺現場を見せられる。そのバランスが絶妙で、実に怖くておもちょろい^^…人々は、ゆっくりと着実に自殺していく。白昼で行われるその様は、シュールである。電気の通っていない、よってメディア機器もない中で暮らす孤独な老女の異常性なども、物語の本筋から外れているのに、怖い。
Weblog(サイト)名 : 『甘噛み^^ 天才バカ板!』  / Tracked : 2008年7月26日
ハプニング
Excerpt(概要):オープニングに鳥肌!・・エピローグのコメンテーター説明し過ぎ・・それでも,掻き立てられた不安が持続するサスペンスホラーの演出は見事!先に何が起こるか予測できない緊張に終始ドキドキ。自殺衝動の恐怖にゾクゾク。訳の分からない脅威の前に、人間の滑稽なまでの小ささをあぶり出し、あまっちょろい楽観を抜いて、終末の極限を貫き通したシャマランの姿勢に拍手。「こんな状況に直面したらどうするだろう」と考えさせるメッセージを自然と提示してくれる。これって100%有り得ないとも言えないから怖い。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2008年7月26日
ハプニング
Excerpt(概要):いや〜、ヤラれました!周りでどんどん自殺していく中「何か」が迫ってくる恐怖から逃げようとするのですが、その「何か」が何??毒ガステロ?大気汚染? 結局は何が原因だったのか解らずじまいの展開にド肝を抜かれました。シャマラン監督の映画は、必ずと言っていいほど仕掛けが施されているのですが、、それに 絡んでくる無駄な“愛”…要らないと思いました。『いくら科学が進歩しても、自然界の事は完全に理解できない』そこに入り込む不明瞭な恐怖! う〜ん、恐るべし、シャマランワールド!
Weblog(サイト)名 : ☆A・B・CINEMA☆  / Tracked : 2008年7月25日
参照ページ:ハプニング

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2018 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.