華麗なるギャツビー : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/nwgvewvkr
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:華麗なるギャツビー
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(28)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):今回、3Dに拘ったのがさあ、わたくし的には裏目に出ていると感じたわ〜。飛び出したり、奥行がっつうけど、そういうギミックなしで「画面に集中」させるカット割りや画面構成が可能だと思うし、ってかオーソドックスに観せて欲しかったかなあ。童顔の呪いディカプリオ、久しぶりにナチュラルにいいわよ〜。この映画、サントラがゴージャス!
Weblog(サイト)名 : 映画に耽溺  / Tracked : 2014年12月5日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):キャリー・マリガンは可愛すぎてデイジーには合わない気がした。天真爛漫だが軽薄な女性というには繊細すぎた。しかし、作品としては何の深みもなく、小説をわかりやすく映画化しただけという印象。古いけどレッドフォード版のほうが面白かったように思う。ただディカプリオのいかがわしさの中に純朴さが垣間見える演技は良かったと思う。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2014年3月7日
「華麗なるギャツビー」 あらすじ&ネタバレ
Excerpt(概要):★★★★ ディカプリオの演技・・やはり見事なものでした。けっこうおもろいので、是非観てみて下さい。
Weblog(サイト)名 : ジョニー・タピア・Cinemas  / Tracked : 2013年10月12日
「華麗なるギャッツビー」
Excerpt(概要):レオナルド・ディカプリオがこれまたすごくいい。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2013年8月30日
華麗なるギャッツビー
Excerpt(概要):映画としての出来は期待しないでくださいね。あくまでレオとトビーの青春時代を見つめるためにある記録映画ですから。「華麗なるギャッツビー」面白かったです。レオは人間としてはまじめ過ぎなくて、意外とちゃらちゃらしてるのが好感持てます。
Weblog(サイト)名 : 青いblog  / Tracked : 2013年7月10日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):一人の女性の愛のために人生をかけた男の栄光と衰退の話でした。愛も報われず、罪を背負って旅立ってしまったギャツビーさん。なんか気の毒なお人に思えてしまいます。
Weblog(サイト)名 : はるみのひとり言  / Tracked : 2013年7月2日
「華麗なるギャツビー」:豪華絢爛な眼福映像
Excerpt(概要):期待通り、いやそれ以上の素晴らしさ。3Dで観たのですが、その効果も映像の狂騒状態に拍車をかけるようで、いやー豪華絢爛なスペクタクルでした。「ロマンティシズムと喪失感」という原作のテーマがきちんと打ち出されていた点も、やるじゃないかバズ・ラーマンって感じでしたし、とにかく華麗なる映像が終始「眼福」なのでありました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2013年7月1日
華麗なるギャツビー (2012)
Excerpt(概要):★★★★ 語り手は、急にシュッとしてきた気がする“スパイダーマン”トビー・マグワイア。この人の落ち着いた語り口調が結構良くて非常に良い感じ。最終的には嫌な女でしたが、デイジー演じるキャリー・マリガンが可愛くて可愛くて...それを見ているだけで得した感じでしたね。トビー・マグワイアがあまり好きではなかったんですが、この作品でカッコよく見えましたよ。空虚なアメリカの姿と切ない恋物語をとくとご堪能あれ、面白かった!
Weblog(サイト)名 : 肩ログ  / Tracked : 2013年7月1日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):1920年代は狂乱の時代だなあと感じました。哀しいなあとしみじみ感じる作品でした〜バズ・ラーマン監督らしい作品全体を覆う美しさは印象に残りました。観終った時、現実に戻れてちょっとほっとした1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2013年7月1日
華麗なるギャツビー(2012)
Excerpt(概要):★★★ 声優陣はベテラン組(だと思う)なので安心して観られましたが、トビー・マグワイアの声はちょっと合わないかなーと思いました。どうせ昼メロでしょーなんて思ってたけど睡魔と戦うこともなく観られました。でも、物語の展開や雰囲気は評価は低くしちゃったけど、ジェイの仕事や事故の真犯人もあやふやな感じ、トムと修理工とのやりとり等などレッドフォード版のほうが好みですね。レオの熱演はとっても良かったんだけど、ちょっと個性が強すぎたかなー。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2013年6月30日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):デイジーを演じるキャリー・マリガンのみずみずしさなどとかがあいまって、なかなか見応えのある作品となっています。
Weblog(サイト)名 : 優雅な一時、休日すき間時間の映画... / Tracked : 2013年6月30日
映画「華麗なるギャツビー」ディカプリオって貫禄がつき始めたな
Excerpt(概要):★★★ これ見よがしに盛大に行われている、それは湾を挟んだ向こう岸に向けて光を投げかけているのだけれど、その真意が次第に明らかになると、あまりの切ない気持に息苦しくさえなる。
Weblog(サイト)名 : soramove  / Tracked : 2013年6月26日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):3D映像の威力が遺憾なく発揮され、さらには、ギャツビーに扮するディカプリオの力強い演技とか、デイジーを演じるキャリー・マリガンのみずみずしさなどとかがあいまって、なかなか見応えのある作品となっています。前作は、リアルに生真面目に画面を作り上げている感じながら、本作では、3D画像の特徴を生かして、随分と奥行きがクローズアップされたり、俯瞰したりして高さを意図的に強調したりして、遊びの要素もふんだんに取り入れつつ描かれる場面が多いように思われます。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2013年6月25日
華麗なるギャツビー・・・・・評価額1600円
Excerpt(概要):本作は本質的に心の距離を描いた作品だが、バズ・ラーマン監督は、ギャツビーとデイジーの間に横たわる5年という歳月のギャップを、両者を隔てる空間の距離に置き換えて、3Dの奥行きを持って表現するというユニークなチャレンジをしている。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2013年6月20日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):★★★ 観賞後の余韻は原作の読後感に近い。ギャツビーの生き様が何とも虚しく悲しい。ツンツンしているジョーダン好きwプラダ、ティファニーなどの豪勢な美術で散りばめた背景が凄い。豪華絢爛、乱痴気思考停止パーティの喧騒が際立つ!その"動"の部分が目立ちすぎて、ドラマで描く感情の機微、"静"の部分が弱く感じた。失われた愛を取り戻そうと足掻きながら、自由と愛を貫いた奥深い文学世界は感じられず消化不良。
Weblog(サイト)名 : Akira's VOICE  / Tracked : 2013年6月20日
映画『華麗なるギャツビー』観たよ(^з^)-☆!
Excerpt(概要):私は2D版で鑑賞しましたが、これ3Dもあるんだよね(;゜∀゜)3Dで観たいって思うような内容かなぁ・・・?ま、映像は美しく豪華絢爛を堪能しましたけれども。俳優さんたちの雰囲気が良かったなぁ〜と。私の中での評価はまあまあ。ってところ。豪華絢爛を楽しみたい方にはおすすめです(*´∀`*)ラストのシーンがせつない・・・。
Weblog(サイト)名 : よくばりアンテナ  / Tracked : 2013年6月18日
「華麗なるギャツビー(2013)」 女は今を生き、男は過去に生きる
Excerpt(概要):ギャツビーには哀しいほどに男のロマンティックでピュアな側面が感じられます。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2013年6月17日
☆華麗なるギャツビー(2012)☆
Excerpt(概要):★★★★ 2Dでも十分豪華絢爛な映像に見えたと思います。
Weblog(サイト)名 : Cinema Collection 2  / Tracked : 2013年6月17日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):パーティーシーンは華やかで良かった。衣装も素敵。豪華って言葉がぴったり。しかし物語はその豪華さとは反対に、どこか物悲しい。
Weblog(サイト)名 : 映画感想メモ  / Tracked : 2013年6月16日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):★★★★ 本作の内容を一言で言えば嘗て愛した既婚女性を奪い返そうという話。デイジーに裏切られたギャツビーに彼がラストで“THE GREAT”をつけた演出が何とも言えない余韻を放つ。この余韻は鑑賞後、“モエ・エ・シャンドン”で愉しみたい作品だ。
Weblog(サイト)名 : Memoirs_of_dai  / Tracked : 2013年6月16日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):やばい商売をして成り上がったのに純粋すぎるギャツビーの内面が悲しい。
Weblog(サイト)名 : とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  / Tracked : 2013年6月15日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):話がとっても意外な方向へつきすすみ、これって純○ストーリーじゃない!3Dで観たほうがオリジナルとの差はきわだつであろう。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2013年6月15日
華麗なるギャツビー(2013)
Excerpt(概要):★★★★ 遠景の摩天楼は蜃気楼のようでもあり、芝居の書割のように見えるところがミソ。「過去は取り戻せる」という分かり易くも絶望的な希望に満ちたモチーフ。その分かり易さが却って哀切の香りを全編に渡って漂わせる。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2013年6月14日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):思った以上に原作小説がそのまま生かされている。作り手独自(あるいは、得意の)の方法で描写するが、原作に最大限の敬意を払っていると感じられる作品だ。前半こそ、いろんなお祭りを一度に開いたような賑やかさと華やかさで、このまま最後までこのテンションで走るのか?と一瞬思うのだが、後半は、そんなことがあったのが嘘のように、静かなドラマになってゆく。この作品がとても気に入った。
Weblog(サイト)名 : 悠雅的生活  / Tracked : 2013年6月14日
劇場鑑賞「華麗なるギャツビー」
Excerpt(概要):ディカプリオ目当てのみで行くのは、あまりオススメしない。3Dに関していえば、エンドロールが一番奥行が感じられましたよ(苦笑)2Dでも充分だと思います。最初の説明部分は若干理解するのが大変でした。理想を追い求める男の苦悩や狂気をディカプリオが見事に演じ切っていました。デイジー役のキャリー・マリガンはキュート。全体を通して、ストーリーはかなり惹き込まれると思う。142分という上映時間もあっという間でした。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2013年6月14日
映画:華麗なるギャツビー The Great Gatsby
Excerpt(概要):ディカプリオは十分に健闘。一方、マリガンはどうしてもお嬢様には見えず、ちょっと困ったが、まあなんとか。2013年 今時の流れに乗せるため、無理めの演出がテンコ盛り(笑)その時代にはあり得ないだろう演出なのだ。そして!エンドクレジットで、その違和感の理由が明確に。監督が、バズ・ラーマンだったとは!
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ST... / Tracked : 2013年6月13日
華麗なるギャツビー
Excerpt(概要):無駄に豪華です。3D効果か、最初のころのパーティーシーンがすごいキラキラしていて迫力があります。その分、後半のボロが剥がれた感じのギャップがすごくて、寂しくなります。あんまり明るい映画ではありませんがお金がかかっている感じです。
Weblog(サイト)名 : うろうろ日記  / Tracked : 2013年6月10日
『華麗なるギャツビー(2013年製作)』お薦め映画
Excerpt(概要):★★★★ 手の届かない愛を求め続け、変わったようで変わらなかった男と、手の届く愛を掴み、変わらないようで変わってしまった女の5年ぶりの再会を、ゴージャスに描くシニカルなラブ・ストーリー。お薦め作品だ。
Weblog(サイト)名 : 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ  / Tracked : 2013年5月31日
参照ページ:華麗なるギャツビー

Google Web 象ロケ内



トラックバックをご利用の皆様へお願い
詳細
スパム(迷惑)トラックバックと区別するために、当該作品に関する記事が掲載されている皆様の各ページから、象のロケットの各作品詳細ページ(参照ページ)または象のロケットのトップページへのリンクをお願いします。

皆様のページからの象のロケットへのリンク状況により、『作品を観た感想トラックバック』ページにおける掲載順位が変動します。 リンクが無い場合は下位の表示となり、更に定期的な自動巡回確認後、当該ブログへの象のロケットからのリンクが自動削除されます。

リンク状況の自動確認は数日かかる場合があります。自動削除後のリンクの回復はできません。 → 詳細




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.