ガッチャマン : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/nsjutbckk
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
Amazonビデオ
Rakuten TV
↑今すぐみれるレンタル&購入! 未提供作品の場合はDVDなどの
販売ページが自動表示されます。




参照ページ:ガッチャマン
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(14)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
映画「ガッチャマン」  ストーリーや世界観を変えた実写映画化は成功するか?
Excerpt(概要):アニメの忠実な実写化を期待してこの映画を観ると、かなりイメージが違います。こだわるようですが、まず、あの主題歌が使われていない。コスチュームの大きな特徴だった『鳥』のイメージがない。人物設定や世界観も一新されています。松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、 濱田龍臣、 鈴木亮平という、現代の若い俳優たちのファンに向けて作られているんですね。
Weblog(サイト)名 : エンタメで行こう。  / Tracked : 2016年1月13日
ガッチャマン
Excerpt(概要):面白くないとは聞いていたけど、ここまで酷いとは思ってなかったよ…。面白くないを軽く超えた!主要人物が恋愛沙汰に執着し、五人の絆も見えない可哀想な作り。鳥のモチーフは消えたらしい。
Weblog(サイト)名 : いやいやえん  / Tracked : 2014年3月13日
「映画【ガッチャマン】を観た / 戦うトレンディドラマ、再び」
Excerpt(概要):世間で言われている程、酷い出来だとは思わなかったのが正直な感想だな、いわゆるVFXは凄いと感じたし、でも、やっぱり話しに共感出来なかったのがキツいな。シーン毎には言ってる事が頭に入るんだけど、流れを追っていくと途端によくわからなくなる。派手なアクション満載の新宿決戦が映画の冒頭にあるんですが、これをクライマックスにもってきて、三角関係が解消される要塞での戦いは冒頭ですませておけば、スッキリすると思う。苦しみながらも自由に空を舞い、戦う姿には共感できそう。
Weblog(サイト)名 : NEW WAY.NEW LIFE  / Tracked : 2014年3月12日
「ガッチャマン」 リアライズとモダナイズに失敗
Excerpt(概要):ビジュアル面でのリアライズ、モダナイズはうまくやっているなと思いました。特にガッチャマンのスーツはデザインがスマートでカッコよく仕上がっています。アニメのときも印象的であったバイザーなども現代的にシャープでいいなと思いました。ただし課題はシナリオ・設定面です。リアライズ、モダナイズがあまりにずさんであるのがガッカリ感に繋がっているように思いました。
Weblog(サイト)名 : はらやんの映画徒然草  / Tracked : 2013年9月8日
ガッチャマン
Excerpt(概要):近未来アクションというよりは、人生に悩める青春ドラマのような印象を受ける作品でした。オリジナルが好きな人には違うと思ってしまうのでしょうね(^^ゞこれはSFアクションではなくて悩める若者の青春ドラマだと思ったら、なかなか楽しかったです。健役の松坂桃李さんやジョー役の綾野剛さんは、さすがこういう役が似合いますね。剛力彩芽さん、濱田龍臣くん、 鈴木亮平さんも楽しいキャラクターがぴったりでした。あと、主人公たちに深く絡む役の初音映莉子さんがカッコ良かったです〜。突っ込みどころは色々ありますけど、疲れた日常からの気分転換にはぴったりの作品でした。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2013年9月6日
「ガッチャマン」:かなりドイヒー
Excerpt(概要):ひどかったなあ。なんなのこのラブコメは?! ほとんど背筋の寒くなるザ・類型。 変な声の剛力彩芽がドイヒーで、表情も口跡もだらしなさすぎます。戦隊ヒロインはもっと毅然とシャープでなくっちゃ。 彼女といい男二人の三角関係風になったりするあたり、「こんなのガッチャマンじゃない!」って感じ。いったい何を描きたいんですか、この映画で? あと、関係ないけど綾野剛のスネ毛に「引いた」女子も多かったことでしょう。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2013年9月4日
【ガッチャマン】恋する男は弱い
Excerpt(概要):ガッチャマンは、そこそこカッコいい。スーツのデザインが洗練されていて、登場人物の立ち姿もカッコいい。見始めから終わりまで、ほぼツッコミ続けて終わった。本当にただただ残念感でいっぱいだった。ED後にワンシーンあります。冒頭の『おはよう忍者隊ガッチャマン』が一番面白かった。
Weblog(サイト)名 : 映画@見取り八段  / Tracked : 2013年8月31日
劇場鑑賞「ガッチャマン」
Excerpt(概要):普通に面白かったです。いろいろと引っ掛かる部分はあるものの、“普通”のエンターテインメント作品としては充分なのではないでしょうか?ガッチャマンと、現れたギャラクター3人とのバトル、さらには生体兵器の追跡劇は、かなり見応えあり。ビルの谷間を飛んでいく場面は爽快感がありました♪エンドロール後に、映像あり。全体を通して、旬な俳優さんが見せてくれるアクションはなかなか良かったと思う。何気にドクロベエが出ていたのは嬉しかった。
Weblog(サイト)名 : 日々“是”精進!  / Tracked : 2013年8月27日
[☆☆☆☆☆][映画]「ガッチャマン」感想
Excerpt(概要): 聞きしに劣るガッカリ映画だった。まず何が酷いって、脚本が絶望的に酷い。
Weblog(サイト)名 : 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜  / Tracked : 2013年8月26日
ガッチャマン(2013)
Excerpt(概要):★★ 期待どおり?のとても残念な作品に仕上がってました(泣)。それぞれのキャラが活かされてなかったし、ゴッドフェニックスもなぁ....(汗) なんか恋愛ものにもなってたし....途中からこの作品がガッチャマンだったのを忘れて観てました。松坂桃李くんはわりと好きなほうだし、綾野剛くんの哀愁漂う雰囲気も良かったんだけどねー。なんていうか、重厚そうな話ねらってすべったというか...。人気の俳優起用してるんだから、もっとカッコイイお話で活躍できたら良かったのに....とても残念です。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2013年8月25日
ガッチャマン〜剛力彩芽の眩しい太股
Excerpt(概要):★★★ ジュン役の剛力彩芽なのだけれど、戦闘服以外の普段の服装はミニスカートかショートパンツで太股が本当に眩しいのだ。剛力は意外と難しい役柄なのだけれど、特段過剰にならずさりげないところが却って良かったかも。新しいのは衛星兵器。ここにまで「半分半分」が陰を落としており、「ラストスーサイド」という反転武器になっている。これは「G.I.ジョー バック2リベンジ」に出てきたRods from Godと良く似ている。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2013年8月24日
ガッチャマン
Excerpt(概要): 三池監督が撮れば、面白くなってたかもなぁ・・・。見どころは始まってすぐの新宿での戦闘シーンのみ。後は、最後の決戦まで戦闘がなくダラダラとした展開で、つまんなくて眠くなってくる。剛力彩芽がスクリーンに映る度に思う、白鳥のジュンはこの人じゃない感。他の4人には違和感は特に感じなかったんだけど、この人が映る度に何故かテンションがだだ下がり。
Weblog(サイト)名 : だらだら無気力ブログ!  / Tracked : 2013年8月24日
ガッチャマン : またまた、おっさん比率の高い映画
Excerpt(概要):★★★★ 期待値が高かっただけに少々残念感がありました。ベタでありながらも、大人の観賞に耐えられるあらすじになっていました。ガッチャマンの5人のキャラもきっちりと立って、演者の皆さんはなかなかの好演でしたよ。では、どこが残念だったのか。それは、本作のようなSF作品で一番重要な映像です。剛力彩芽の演技をはじめて観た印象は、個人的には文句のないGoodなものでした。可愛いだけでなく、どこかエロチックな魅力もあり、演技も悪くなかったですよ。全体的によくまとまって面白いのですが、肝心の映像がちょっと残念感のある作品となっております。
Weblog(サイト)名 : こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  / Tracked : 2013年8月24日
ガッチャマン
Excerpt(概要):お話も脚本も、とてもシンプルで、見始めたところから予想される筋書きを大きく脱線することもなく順調に進む。VFXも、特に後半は素晴らしいし、こんなオバサンでも退屈しないで観ていられる。実写版ガッチャマンを観た、というよりも、とっても心を自由にして、こういう彼も観たかった綾野剛を観てまいりました、という感じです。
Weblog(サイト)名 : 悠雅的生活  / Tracked : 2013年8月24日
参照ページ:ガッチャマン

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.