ノクターナル・アニマルズ : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/nsifbxgkrf
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ノクターナル・アニマルズ
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(9)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「ノクターナル・アニマルズ」
Excerpt(概要):予告編で勝手に思っていたのとは全然違う構成だった。本作にはかなり、いや完全にノックアウトさせられた。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年12月4日
「ノクターナル・アニマルズ」:トム・フォードの文武両道
Excerpt(概要):異業種監督であるトム・フォードがここまで本格的なものを撮るとは、ある意味驚きです。ここまで本格的に映画監督としての技量を見せた人は初めてでしょう。本作のように、美しい映像と多重構造の物語を描き切る能力、サスペンスフルな演出力がみな高いレベルで成立しているってケースは、かなり珍しいと思います。冒頭のタイトルバックとなっているヴィデオ・インスタレーションの異様さ(醜悪で退廃的)には、デイヴィッド・リンチがアートのフィールドでやってることと共通するテイストを感じました。エンディングの映像は、あたかもエドワード・ホッパー『夜の人々』(Nighthawks)の現代版のようです。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年11月29日
70『ノクターナル・アニマルズ』ラストの解釈
Excerpt(概要):★★★ 観た者全て、頭から離れない冒頭。画面に映る配色から構図を含めて映像と、そこに被さる音楽。そして上で記した語り口の巧みさ。「只ならぬ予感」を作り出し、ぐいぐいと関心を引いていきます。アート的な映像なんだけで、面白さが堪える事がない。デビッド・リンチを彷彿とさせる、監督トム・フォードのセンスに脱帽です。
Weblog(サイト)名 : シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ  / Tracked : 2017年11月26日
「ノクターナル・アニマルズ」
Excerpt(概要):★★★★ 正直、かなり、ヘヴィーだが、見応えはある。チンピラ、アーロン・テイラー=ジョンソンだとは思わなかった。ほかの映画で見ているのに、顔を認識していないのだろうか、ワタシゃ。演技がうまい、というのもあるかな。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年11月19日
『ノクターナル・アニマルズ』('17初鑑賞125・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ 小説の世界は荒涼たるテキサスが舞台。バイオレンスでハードボイルドな世界が描かれています。こういうの苦手な方も多いと思う。現実世界は、高価なアート作品に囲まれた、ブルジョアな生活。元ファッション・デザイナーの監督の美的センスが光る。また、音楽もすごく美しいメロディー。一度見ただけでは、全ては理解できない。何度か、観たいと思う作品です。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年11月14日
ショートレビュー「ノクターナル・アニマルズ・・・・・評価額1700円」
Excerpt(概要):★★★★ こんなにも完成度の高く、映像的にもパンチのあるスリラーを、二作目の異業種監督が撮ってしまうのだから凄い。ファーストショットからインパクト抜群である。虚構と現実が、相似するビジュアルイメージによってシンクロするなど、全編に渡って画的なセンスが抜群にいい。限りなく完璧な映像設計と、名優たちの怪演に彩られた、最も恐ろしい復讐譚にして、純粋過ぎる愛の物語。トム・フォード恐るべし、この才能はホンモノだ。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年11月10日
『ノクターナル・アニマルズ』 衝撃的な冒頭と味のあるラスト
Excerpt(概要):余韻のなかで感じさせるラストはなかなか味がある。冒頭のアレは衝撃的だった。スーザンの仕事のジャンクさを示しているのかもしれないのだけれど、そのインパクトに仰け反った。スーザン自身も回想シーンでは美しいのに、現在の場面では妙にけばけばしくてグロテスクにも見えてくるのもそのインパクトが効いているからだろうか。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年11月7日
ノクターナル・アニマルズ
Excerpt(概要):★★★★ 原題のノクターナル・アニマルズはスーザンの心の中に眠っている性的欲望だろう。スーザンがハットンと裕福に暮らすロサンゼルス。地理的過程とスーザンの心理的過程がパラレルになっているようだ。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年11月4日
『ノクターナル・アにマルズ』 リンチとイーストウッドの結合
Excerpt(概要):Nocturnal Animals(viewing film) 真紅のカーテンの
Weblog(サイト)名 : Days of Books, Films  / Tracked : 2017年12月10日
参照ページ:ノクターナル・アニマルズ

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.