I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/nlblvacjue
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(4)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」:ゆったりほっこり
Excerpt(概要):太いペンによる線画の世界をこんな感じにすることへの危惧はありましたが、実際に見てみると違和感はほとんど無く、すんなりと受け入れられました。やっぱり線画&モノクロの方がいいのでは?感は否めません。物語としては大して面白いものでもなく、表現としてもとりたててエキサイティングなわけでもなく、まあピーナッツの世界観と古典感を味わうべき作品なのでしょう。一番しゃれていたのは、20世紀FOXのマークにかぶさる音楽がおもちゃのピアノの音になっていて、サーチライトのたもとでシュローダーが演奏しているっていうオープニングなのでありました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年1月5日
『I Love スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』('15初鑑賞90・劇場)
Excerpt(概要):★★★★ いやぁ〜癒されました。たまにはこういうのも良いもんです。普段の日常生活部分はチャーリー・ブラウンのどじっ子さ加減がかわいらしく、映像も原作コミックを意識した一方向からの平面風。お話しとしては、これといった出来事ではなく、感動させるものでもなく、日常を切り取ったもの、だけなんですが、これが観ていて気持ちいい。チャーリー・ブラウンの心優しい性格と行動、それを観ていて、ちょっと胸いっぱいになったりしました。そして、そんな不器用なチャーリー・ブラウンのことを観ていてくれた赤毛の女の子、素敵ですね。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2015年12月17日
映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE(2D・日本語吹替版)」 感想と採点
Excerpt(概要):★★★ スヌーピーのふわふわなリアルな毛や目の造形が見事。私が良い意味でやられたのが、チャーリー・ブラウンの妄想(頭の中の出来事)が、あの馴染みのある温かなシュルツの手書きアニメで描かれること。チャーリー役の鈴木福くんの舌足らずの言い回しが少々聞き取り難かったが、ほんわかした雰囲気を醸し出すのには大成功。また、ルーシー役の谷花音さんやサリー役の小林星蘭さんは本人の顔が浮かばぬほどの名演技。吹替えも映像同様に子どもらいい可愛さがあって良かった。作品の世界観にどっぷり浸かれば、十分に癒されます。
Weblog(サイト)名 : ディレクターの目線blog  / Tracked : 2015年12月15日
ショートレビュー「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE・・・・・評価額1650円」
Excerpt(概要):★★★ いやあ素晴らしい。大人が観ても面白い、最良のキッズムービーの一つだろう。故チャールズ・シュルツと原作漫画、そして初期のセルアニメ版へのリスペクトが画面の隅々からにじみ出る。チャーリー・ブラウンは、言わばアメリカ版ののび太だ。
ならばスヌーピーはドラえもんの役回り。ドラえもんと秘密道具に、ある程度までは引っ張ってもらえるのび太とは違って、チャーリーは葛藤に対して常に自分で考え、悩み、色々と決断しなければならないのだ。「ドラえもん」が外交的な触れ合いによって内面の成長を描く漫画だとしたら、「The Peanuts」は非常に内的的で、思考し、哲学する事で成長する漫画なのである。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2015年12月8日
参照ページ:I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.