ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/ncweywdrl
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍




参照ページ:ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(5)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
Excerpt(概要):★★★ とにかく緊迫感がずっと続く映画でした。ナチスの冷酷さが、際立ちます。拷問や激しい銃撃戦、壮絶な報復があったこと。気がつくと、息をひそめて見てしまいます。そんな中でもロマンスなどもおりまぜてありました。キリアン・マーフィいっぱい出ていて大活躍です。戦争の理不尽さが伝わってきました。楽しくはありませんが、重厚で見応えのある映画です。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2017年9月20日
「ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦」
Excerpt(概要):作品は緊張の連続の展開であった。レジスタンスたちのハイドリヒ暗殺計画の実施から、教会に立て籠もってナチス軍を迎え撃つ壮絶な銃撃戦は凄まじい。息を詰めて見据えるしかない。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年9月15日
「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」
Excerpt(概要):★★★★ 戦争は残酷なものであり、多くの人の命が失われてゆくものである事は分かる。だが、ここで描かれるのは、国家の政治的駆け引きによって、おびただしい数の市民が犠牲になったという事実である。ややセピアがかった、くすんだ色調がドキュメンタリーのような効果をもたらしているのがいい。実際にプラハで現地ロケしたこともあって、まさに我々観客もそこにいるかのような臨場感がある。本作も本年を代表する戦争秘話の秀作であると言える。ミニシアター系なので公開規模は小さいが、是非多くの人に観ていただきたいと願う。
Weblog(サイト)名 : お楽しみはココからだ〜映画をもっ... / Tracked : 2017年9月2日
ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦
Excerpt(概要):容赦ない拷問シーンで行われたその手口と内容、そして自決と諸々のエピは鑑賞後wikiで調べた限りではありのままを描いているようで、終始半端ない緊張感を余儀なくされた。ヨゼフ役のキリアン・マーフィは長く骨ばった顔ということもあって往年のチェコスロバキア人プロテニスプレーヤーのイワン・レンドルに似てなくもなんで、アイルランド人だけれども東欧系と言われてもさほど違和感なし。また粒子の粗い映像が当時のプラハの雰囲気を出していたように思えた。
Weblog(サイト)名 : 風情の不安多事な冒険 Part.5  / Tracked : 2017年8月20日
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
Excerpt(概要):ナチスドイツの追求ぶりが凄い。「ナチの野獣」暗殺作戦などというB級チックな副題がついているが全然B級ではない。本格的なアクションが楽しめる映画で迫力があった。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2017年8月10日
参照ページ:ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.