未来を花束にして : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/mizijdgzgt
  アマゾン
最安値
音楽
  書籍
  楽天
最安値
音楽
  書籍

参照ページ:未来を花束にして
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(4)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
未来を花束にして
Excerpt(概要):100年前とはこんな時代だったのかと改めて考えさせられるような作品でした。観終った時、例え白紙でも選挙には行くようにという言葉を聴いたことを思い出したのと同時にこれからは選挙の度にこの映画を思い出すだろうなと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2017年2月13日
未来を花束にして
Excerpt(概要):★★★ 主人公のモードの運動へののめり込みぶりが、短い上映時間の間では急すぎて、男性からすると夫のサニーともども困惑してしまいます。当時のファッション、美術などはイギリス映画らしくしっかり再現しているし、工場の過酷な状況、セクハラパワハラ当たり前の世界観は、今からみれば信じられないし、運動が穏健的なままだと進まないという当時のあせりもでています。それでも、自分の信じることのために暴力をアピールし、それだけで世界が変わったというのは(もちろん、影響はあったのですが)、個人的にはがっかりしました。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2017年2月7日
「未来を花束にして」:テロはダメでしょ?
Excerpt(概要):出ずっぱりの主人公役キャリー・マリガンですが、あの「イノセントで幸薄そう」な顔が相変わらずいいですね。夫役のベン・ウィショーは、ユースケ・サンタマリアまぶしの長谷川博己といった趣きでございました。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年1月28日
映画・未来を花束にして
Excerpt(概要):実話に基づいているそうです。メリル・ストリープは“演説”がお上手、短い時間ながら“重み”がありました。ベン・ウィショーは存在感薄かったです。原題は“婦人参政権論を唱える女性”という意味の単語です。日本人には邦題のほうがしっくりくるかもしれません。
Weblog(サイト)名 : 読書と映画とガーデニング  / Tracked : 2017年1月28日
参照ページ:未来を花束にして

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<ミュージック>のクリックでも最安値一覧が表示されます。)
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.