教授のおかしな妄想殺人 : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/mbfvmqupmb
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:教授のおかしな妄想殺人
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(11)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
「教授のおかしな妄想殺人」
Excerpt(概要):殺人事件が起こる前まではもうダラダラしてしまって、途中でやめようかと思ったくらい。やはりウディ・アレン映画は相当にマンネリ化している??エマ・ストーンも、時代設定は全く違うのに前作とほぼ同じイメージでつまらなかった。しかしながらホアキン・フェニックスのメタボにはあっと驚く。
Weblog(サイト)名 : ヨーロッパ映画を観よう!  / Tracked : 2016年8月24日
教授のおかしな妄想殺人 
Excerpt(概要):最後はウディ節炸裂、やっぱり切れ味良い作品を撮りますね。前作はちょっとおとなしかった印象でしたが、今作はしっかりと、でした。
Weblog(サイト)名 : atts1964  / Tracked : 2016年7月8日
映画『教授のおかしな妄想殺人』☆不条理な悲劇も不謹慎に笑わすアレン主義^^;
Excerpt(概要):昔は、アレンの理屈っぽさ(屁理屈?)が、好きでなかったのですが、段々、嫌味も含め、この屁理屈に失笑するのがヤミツキに。ホアキンが、悩める哲学科の教授というのが、まず合ってる!
Weblog(サイト)名 : **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  / Tracked : 2016年7月8日
教授のおかしな妄想殺人
Excerpt(概要):★★★★ エマ・ストーンが、教授に恋する役で、こんな女子生徒から誘われたら、断れないくらいのかわいらしさ。ちょっとブラックな話だったから、好みは分かれるのかも。ホアキン・フェニックスが太っていたけど、役作りなんだろうか。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2016年7月8日
「教授のおかしな妄想殺人」
Excerpt(概要):極めて普通。この作品といくばくかの自身の体験から判った(=更に確信した)ことは、哲学者には変わり者が多い、この世で一番不遜な人間は少しだけ綺麗目の女子大生である、若い時に出会う真面目で誠実な男ほどつまらないものはない、人の口に戸は立てられない、偶然だと思われる事は実は必然であること。何も予定がない土曜日の夜に、ビール片手にジャンクフードつまみながら観るには最適かも。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年7月6日
教授のおかしな妄想殺人
Excerpt(概要):普通の学園ラブストーリーから始まる物語は、テンポ良くどんどん奇妙な方向へと向かっていきました。ホアキン・フェニックスの濃い怪しさとエマ・ストーンのキュートな可愛さが輝いていました。軽快なテンポで鬱々とした自己破壊男が、そのパワーを外へオープンにしていくところは妙に不気味で可笑しかったです。そして、サクッと集結する運命にはちょっとビックリながらも笑ってしまいました。観終った時、やっぱりウディ・アレン監督は面白いなあと感じた1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2016年7月2日
教授のおかしな妄想殺人
Excerpt(概要):★★★ 西洋哲学の知識がないと、よくわからないまま、時間が流れていきます。ホアキン・フェニックスは完全な中年太りのおっさんになっていて、びっくり。エマ・ストーンの色気は収穫でしょうか。まあ、ウディ・アレンのファンは日本にも多いので、肩の力をぬいて見るのだったらいいのかもしれません。
Weblog(サイト)名 : 映画好きパパの鑑賞日記  / Tracked : 2016年6月29日
教授のおかしな妄想殺人
Excerpt(概要):★★★★ エマ・ストーンがその教え子になるというたいそう魅力的なキャストで見る者を惹きつけます。カントとかフッサールなどが台詞で飛び出し、またバッハの無伴奏チェロ・ソナタまで流れるのですから、随分と楽しんで見ることが出来ました。クマネズミには理解不能ながらも関心のある哲学者の名前がふんだんに台詞の中に飛び出したりするのですから、なかなか楽しく本作を見ることが出来ました。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2016年6月24日
「教授のおかしな妄想殺人」
Excerpt(概要):★★★★ 最初は少し退屈だった。でも、だんだん面白くなってゆく。これって、邦題が、ものすごく変。エマ・ストーンがとっても可愛い。
Weblog(サイト)名 : のんびり。  / Tracked : 2016年6月16日
教授のおかしな妄想殺人
Excerpt(概要): ウディ・アレン監督のおかしな耄碌映画。サスペンスがあるかと思えば、恐ろしく温いサスペンス。アレンさん、もう80歳過ぎたのだから引退しては。思えば、エイブの無気力や妄想はむしろアレン監督の老化と耄碌の反映じゃないだろうか。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2016年6月15日
「教授のおかしな妄想殺人」:落語のような味わい
Excerpt(概要):アレン作品群の中では特に傑作とは言えないけれど、十分に楽しませてもらいました。エマ・ストーンはやはり魅力的ですが、ホアキン・フェニックスっていつ見ても好きになれません。結末のあっけなさや小道具の使い方を含めてヒッチコック映画のようでした。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年6月13日
参照ページ:教授のおかしな妄想殺人

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.