ムーンライト : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/luvndafdsd
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:ムーンライト
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(13)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
ムーンライト
Excerpt(概要):孤独な少年の成長を通して映し出されていたのは、様々な愛の姿でした。予想以上に優しい余韻を感じる作品でした。男とか女とか関係なく、純粋な想いは美しいなあと感じました。観終った時、観ている人を優しい気持ちにさせる作品だったなと思った1本です。
Weblog(サイト)名 : とりあえず、コメントです  / Tracked : 2017年5月5日
ムーンライト
Excerpt(概要):★★★★ 黒人差別の問題は前面に出ないものの、彼らの生活の厳しさが伝わってきますし、全体としてかなり叙情的に描かれていることもあって、なかなか素晴らしい作品ではないかと思いました。シャロンを演じる俳優を、時期によって取り替えることによって、第3章のブラックの外形を、第1章に登場するフアンと接近させて、その上、ブラックの稼業をフアンと同じものとすることによって、ブラックの置かれている環境を示し、さらにその今後も暗示しているようにも受け取れます。
Weblog(サイト)名 : 映画的・絵画的・音楽的  / Tracked : 2017年5月2日
「ムーンライト」
Excerpt(概要):★★★ 深くは心情を理解していないのではないかと思う。静かな作品で、途中、寝そうにもなったことは内緒にしておく。
Weblog(サイト)名 : 或る日の出来事  / Tracked : 2017年4月23日
「ムーンライト」
Excerpt(概要):地味だけど、良作。良作だけど、胸が苦しい。シャロンが、「比較して数が少ない」という意味でのマイノリティであるからこそのストーリーの膨らみは確かにある。だが私には、マイノリティと限定するのではなく、普遍性を持った話に感じられた。だから胸の苦しみの共感性が高まり、今にもムーンライトに照らされ冷たい海に裸足の足を浸したいような気持ちになるのだ。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2017年4月17日
『ムーンライト』('17初鑑賞29・劇場)
Excerpt(概要):★★★ ホアン役のマハーシャラ・アリは、この作品で助演男優賞を受賞。出番は少ないながらも、シャロンにとっての心の支えを存在感たっぷりに演じていて、受賞するのもうなずける。作風としては、3つの時代を3人の役者で一人の役を演じており、その3人の役者が本当に一人に見えるところが素晴らしいと感じました。音楽もセリフも少な目で静謐という言葉が良く合う作品。
Weblog(サイト)名 : みはいる・BのB  / Tracked : 2017年4月9日
映画:ムーンライト Moonlight 
Excerpt(概要):この映画、テーマは「愛」じゃなく、「負の連鎖」、だということ。最終章のラストに至って当ブログが感じたのは、それはアカデミーで助演男優賞を獲得した、マハーシャラ・アリ に象徴される。主人公は彼の人柄に惹かれ、その結果?自分の将来の方向にまで影響してしまう。その影響が章のタイトルにまで反映され 強調される点も、このロジックを裏付けている。
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜 DAYS OF STRUGGLE〜 / Tracked : 2017年4月7日
『ムーンライト』 たまたま同性だった?
Excerpt(概要):本作の主人公はよくある型にはまった黒人像とは違っているように思えた。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2017年4月6日
ムーンライト・・・・・評価額1750円
Excerpt(概要):★★★★★ 骨太のヒューマンドラマだ。構図やカメラワーク、色彩設計や俳優の捉え方に至るまで、全体の画作りがウォン・カーワァイっぽいのだが、やはり相当に研究し、意識しているらしい。筋立ての上では主人公と適度な距離を保ち、主観に寄り添った映像表現とクセの強い心象的な音楽・音響演出が、それぞれの章で自然に彼の心情を語りかける。三つの時代でシャロンを演じる、3人の俳優たちが素晴らしい。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2017年4月2日
「ムーンライト」:行間を読む寡黙な映画
Excerpt(概要):きちんと読み取れるようにも作ってあるので、自分で読み取れた時の感銘は、本作の静かな醍醐味だと言えるでしょう。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2017年4月2日
ムーンライト
Excerpt(概要):★★★ 全体的に光のあたり方が独特の雰囲気がありましたね。本来の色が別の色に映り登場人物たちの心の色のようにも感じます。全編にわたって黒人しか出てこないし、イジメやドラッグ中毒の母親とか出てきて観てるのがちょっとつらい。でも主人公・シャロンの少年期、青年期、成人期それぞれ演じた彼らの繊細な演技がとても良かったです。そして、シャロンに救いの手を差し伸べたフアンを演じ助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリもほんと良かったですね。前半だけだったけど印象に残ります。感想を言葉にするのがとても難しい作品でした。地味で淡々とした展開ですが観て損はない作品だと思います。
Weblog(サイト)名 : ☆yukarinの映画鑑賞ぷらす日記☆  / Tracked : 2017年4月2日
【cinema】『ムーンライト』(試写会)
Excerpt(概要):つらい日々を送るシャロンに同情はするけれど、胸が締め付けられるという感じでもなかったかも。マハーシャラ・アリの演技が自然。今作を通じて一番好きだったのは、フアンがリトルに泳ぎを教えるシーン。主役を演じた3人、とくにリトルのアレックス・ヒバートの瞳の美しさが印象的だった。美しい風景ばかりではないけれど、全体的に美しい映像だった。
Weblog(サイト)名 : ・*・ etoile ・*・  / Tracked : 2017年4月1日
ムーンライト(2016)〜ブルーからブラックへ
Excerpt(概要):★★★★ 本作はマクレイニーの自伝的物語と思われ、実際にブルーという名のドラッグディーラーに世話されたという。本作は、アフリカ系アメリカ人の精神史をホアンとシャロンを通して描いたものだろう。だが依然として麻薬のディーラーにならないと金持ちになれない、という過酷な現実もしっかり描いている。
Weblog(サイト)名 : 佐藤秀の徒然幻視録  / Tracked : 2017年3月31日
アカデミー作品賞「ムーンライト」
Excerpt(概要):あまりの反響の大きさを受け、当初の4月28日から 一ヶ月早められることに!
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜DAYS OF STRUGGLE〜 / Tracked : 2017年3月8日
参照ページ:ムーンライト

Google Web 象ロケ内





≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.