エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に : 作品を観た感想トラックバック


Google Web 象ロケ内
トラックバックURL:
http://www.paoon.com/cgi/tb.cgi/llysixifkv
DVD アマゾン
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
DVD 楽天
最安値
音楽
Blu-ray 書籍
アマゾン
インスタント・ビデオ
←今すぐみれるレンタル&購入!
未提供作品の場合はDVD/Blu-rayの
販売ページが自動表示されます。

参照ページ:エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
リンクは参照ページへお願いします。

映画作品は、その作品に関する情報を事前に知らされていない観客こそが最大限に楽しめるように計算され製作されています。 こちらのコーナーは既にその作品をご覧になられた方がご利用されることをお勧め致します。 また、ネタバレ行為など、弊社にて不適切と判断致しましたトラックバックは随時削除致します。→(スタッフの思い)
映画DVD総合ナビゲーター
象のロケット


映画DVD総合ナビゲーター象のロケット
圧倒的“便利”!
* 観たい作品リスト
* 人気作品ぴったり検索
* 今月の超人気作品
* 項目別人気作品
* 監督・出演者別人気作品
* 高度マッチングシステムによる
『ならばこの新作』『ならばこの作品』
* DVDリリース日を自動表示
* 携帯電話との完全シンクロ!

  トラックバック(7)   トラックバック依頼 <方法とお願い>
『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』 リトマス試験紙として
Excerpt(概要):この作品は大学生活が始まるまでの3日間の話だ。ビバリーを演じていたゾーイ・ドゥイッチはリー・トンプソンの娘さんだそうで、80年代に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで人気者となったリー・トンプソンの娘さんがこんな役を演じているわけで、変なところで時間の経過を感じさせる作品でもあった。
Weblog(サイト)名 : 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実  / Tracked : 2016年11月26日
ショートレビュー「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」
Excerpt(概要):★★★★ 文化系と体育会系で主人公のキャラはだいぶ違うものの、これはある意味「6歳のボクが、大人になるまで。」のその後であり、対とも言える一本だ。本作に、 ジョン・ランディスの「アニマル・ハウス」をはじめ、あの時代の青春映画の数々へのオマージュ的な趣を感じるのは私だけだろうか。
Weblog(サイト)名 : ノラネコの呑んで観るシネマ  / Tracked : 2016年11月15日
「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」:バカですねー
Excerpt(概要):若年版『ハングオーバー』みたいでもあります。あまりにおバカで体育会系過ぎて、上品で文化系の大江戸としてはノレませんでした。
Weblog(サイト)名 : 大江戸時夫の東京温度  / Tracked : 2016年11月13日
エブリバディ・ウォンツ・サム!!
Excerpt(概要):★★★★ チームメイトのキャラクターがみんな濃かったです。日本とはだいぶ違っていて興味深いです。70〜80年代の雰囲気、ファッション、音楽は最高でした。最後の音楽まで良かったです。
Weblog(サイト)名 : Spice -映画・本・美術の日記-  / Tracked : 2016年11月12日
「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」
Excerpt(概要):2時間見続けていくと寮のメンバーに愛着が出てきて、それなりに面白くなってくる。80年代の狂乱も染みるなぁ!嬉し楽し懐かし、のディスコミュージックもノレるし、80年代のファッションも失笑も含んでしまうけれど、なかなか。この作品を一番楽しめるのは、男性諸氏なのだろうなぁ〜男性諸氏の方が明らかに共感を持つ内容だと思う。世界はボクらの手の中にをサブタイトルにそれを冠したのは秀逸だと思う。
Weblog(サイト)名 : ここなつ映画レビュー  / Tracked : 2016年11月7日
エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
Excerpt(概要):非常になつかしく音楽や雰囲気だけで楽しめた。1980年経験者でアメリカンポップス好きには堪えられない作品。後半は、可笑しく遊んでノーテンキなようだが、将来の目標を悩む若者が描かれていて共感した。自分も18に戻ってやり直したいと思った。
Weblog(サイト)名 : あーうぃ だにぇっと  / Tracked : 2016年10月4日
映画:エブリバディ・ウォンツ・サム!!
Excerpt(概要):ほんとマジに ユルい!「6才のボクが、大人になるまで」が好きだったヒトにはお薦めかも。前作同様に、時代を代表するガジェットが次々と登場し、むふふ笑いが止まらない、そんな一本!
Weblog(サイト)名 : 日々 是 変化ナリ〜DAYS OF STRUGGLE〜 / Tracked : 2016年10月2日
参照ページ:エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に

Google Web 象ロケ内




≪アマゾン最安値購入!≫ (
<DVD>のクリックでも当該作品の最安値一覧が表示されます。)
<DVD>
<Blu-ray>
<ミュージック>
<書籍>
<ワンタッチ検索>


象のロケットってなに? - リンクについて - よくある質問
Copyright (C)2001-2017 ELEPHANT'S ROCKET INC. All rights reserved.